折木「千反田、どうしてこの前、俺をはめるようなことをしたんだ?」

折木「千反田、どうしてこの前、俺をはめるようなことをしたんだ?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/05(水) 00:07:05.55 ID:Wut+EAid0

 

える「どうして氷菓SSではわたしが何も知らない無垢な処女みたいな扱いなんですか?」

 

折木「お、おう…」

 

える「わたし、処女じゃありません!」

 

折木「」

 

 

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/05(水) 00:12:14.10 ID:LNTrVnKs0

 

折木「ち、千反田って彼氏いたのか。い、意外だな」

 

える「いえ、彼氏と呼べるような人はいたことないですよ」

 

折木「」

 

える「あまりこういう言葉は適切ではないかもしれませんけど」

 

える「セフレです」

 

 

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/05(水) 00:18:59.72 ID:LNTrVnKs0

 

える「折木さんはセフレ何人くらいいますか?」

 

折木「は?セ、セフ…レ?」

 

える「摩耶花さんは違うんですか?」

 

折木「そ、そんなわけないだろ!」

 

える「意外です!」

 

 

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/05(水) 00:21:41.75 ID:LNTrVnKs0

 

える「ふつう、男女はある程度仲良くなったらセックスするものですよ」

 

折木「そんな常識聞いたことないぞ」

 

える「私の中学だけだったんですかね?」

 

折木「そうだろう。そうだと信じたい」

 

える「でも高校に入学してから既に15人くらいとセックスしましたが…」

 

折木「」「」「」「」

 

 

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/05(水) 00:25:02.34 ID:LNTrVnKs0

 

える「もしかして折木さんは童貞なんですか?」

 

折木「ど、ど…いや、まあそうだが…千反田…どこでそんな言葉を…」

 

える「うわぁ」

 

 

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/05(水) 00:29:30.12 ID:LNTrVnKs0

 

える「15年近く生きてきて、セックスしたこともないなんて…」

 

える「折木さん、さすがにオナニーくらいはしたことあるでしょう?」

 

折木「な、なんでそんなこと答えないとならんのだ」

 

える「1人で性欲処理してて寂しくならないんですか」

 

折木「うるさい!」

 

 

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/05(水) 00:32:46.64 ID:LNTrVnKs0

 

える「わたしがこれだけ言っているのに『える、セックスさせてくれ』って言えないのがダメなんですよ」

 

折木「い、言えるわけないだろ!」

 

える「言っても大丈夫そうな空気を作ってあげてるじゃないですか」

 

折木「う、ぐ…」

 

える「ここで言わないから、セックスできないんですよ!」

 

折木「う、うわーん!」

 

ドタバタ

 

える「逃げて行った……」

 

 

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/05(水) 00:39:04.19 ID:LNTrVnKs0

 

後日

 

折木(あんなことがあって以来、千反田と気まずい……)

 

える「……」

 

折木「……」

 

える「昨日のオナニーは気持ちよかったですか?」

 

折木「!?」

 

える「ふふっ、私をオカズにしたんでしょう?」

 

折木「ななななななな(ry」

 

 

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/05(水) 00:41:28.46 ID:LNTrVnKs0

 

える「頼んだらヤらせてくれるんだろうか、とか考えてましたね?」

 

折木「いや、決してそんなことはなななな」

 

える「折木さんさえ望めば、させてあげますよ?」

 

折木「!」

 

える「ただ、こういうのは男の子が言うものです」

 

 

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/05(水) 00:45:03.72 ID:LNTrVnKs0

 

折木「わ、わかった…」

 

える「♪」

 

折木「千反田さん!俺とセックスしてください」

 

える「ふふ…♪」

 

折木(言った!ついに言った!)

 

 

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/05(水) 00:46:58.74 ID:LNTrVnKs0

 

折木「ど、どうだ?」

 

える「う・し・ろ」

 

折木「え?」

 

 

摩耶花「」

 

 

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/05(水) 00:49:32.46 ID:LNTrVnKs0

 

摩耶花「……あんた、ちーちゃんに何言ってんの…」

 

える「あの…折木さん、わたし、ちょっと何言ってるのかよくわからないですぅ」オロオロ

 

折木「えっ!?なんで急に涙目になって引いてるんだ?」

 

える「だって、突然そんなこと言われたら、わたし、わたし…」

 

摩耶花「…ここまで最低な男とは思わなかったわ」

 

折木「」

 

 

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/05(水) 01:00:10.09 ID:LNTrVnKs0

 

折木(俺の問題発言についての部員会議が開かれることとなった)

 

里志「ホータローが千反田さんのことを好きなのは薄々気づいてたけどさ…」

 

里志「順番ってものがあるよね」

 

える「そうです。わたしも折木さんのこと、嫌いじゃありませんけど…急に、そういうことは…///」

 

摩耶花「こんなやつ庇う必要ないわよ!問答無用で退部してもらうわ!今後、二度とちーちゃんに話しかけないで!」

 

折木「いやまってくれ!そもそもこれは千反田がだなあ!」

 

 

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/05(水) 01:01:59.87 ID:LNTrVnKs0

 

折木「かくかくしかじか」

 

摩耶花「それ、言い訳のつもりなわけ…?」

 

里志「いくらなんでもそれはないでしょ……」

 

える「あの、折木さん、感情が暴走してしまったのはわかります。わたしも、そういうことないわけじゃありませんから…でも…その言い訳は…あまりにも…」

 

折木「」

 

 

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/05(水) 01:09:33.22 ID:LNTrVnKs0

 

折木(だめだ、ここは何を言っても俺が不利になるだけだ!)

 

折木「ちたんださん。へんなこといってもうしわけありませんでした。もうしません」

 

える「は、はい。わかりました。謝ってくれたのならわたしは大丈夫です」

 

摩耶花「謝ってもだめよ!こんな変態最低男が同じ部だって思うだけで…!」

 

える「では、こうしましょう。折木さんには無期限で休部していただくということで…」

 

摩耶花「はぁ?退部よ退部!」

 

える「今はみなさん頭を冷やしましょう。冷静を欠いても物事は好転しません」

 

摩耶花「ちーちゃんがそう言うならいいけど…」

 

 

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/05(水) 01:16:15.34 ID:LNTrVnKs0

 

折木(こうして俺は帰宅部となった。先生や親に報告されなかっただけマシかもしれない)

 

折木「まだ6時か…ひまだ…」

 

プルルルルル

 

折木「はい、折木です」

 

える『あ、折木さん!元気にしていますか?』

 

折木「元気ですかじゃねえよこのクソビッチ」

 

える『ふふふ、元気ですね。今から折木さんの家に行ってもいいですか?』

 

折木「何の用だ」

 

える『こないだ折木さんが言ったじゃないですか。セックスさせてくれって』

 

 

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/05(水) 01:18:35.80 ID:LNTrVnKs0

 

折木「えっ」

 

える『セックスさせてあげますから、コンドーム買っといてくださいね』プチッ

 

折木「まじか」

 

 

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/05(水) 01:21:08.57 ID:LNTrVnKs0

 

える「きました♪」

 

折木「よう」

 

える「シャワーは浴びましたか?まだなら早く…」

 

折木「その前に話がある」

 

える「へ?」

 

 

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/05(水) 01:23:58.51 ID:LNTrVnKs0

 

折木「どうしてこの前、俺をはめるようなことしたんだ?」

 

える「あれは…折木さんが悪いです。摩耶花さんが来たことに気付かずにあんなこと言うなんて…」

 

える「一応、わたしのイメージも大切なので」

 

折木「そりゃないだろ!俺のイメージがガタ落ちだ!」

 

える「まあまあ、セックスさせてあげるんですから許してください」

 

折木「う…」

 

 

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/05(水) 01:33:50.59 ID:LNTrVnKs0

 

える「今晩はいくらでもわたしとセックスしていいんですよ?」

 

折木「う・・・千反田…かわいい」

 

える「える、って呼んでください」

 

折木「え、える///」

 

える「シャワー、一緒に浴びましょうね」

 

 

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/05(水) 01:36:09.89 ID:LNTrVnKs0

 

ギシギシ・・・

 

折木「はあっ!はあっ!える!えるっ!」

 

える(ふふふ、必死になっちゃって…)

 

折木「あっ!」ピュピュ

 

える「気持ちよかったですか?」

 

折木「ああ、最高///」

 

える(童貞はちょろいな)

 

 

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/05(水) 01:40:15.86 ID:LNTrVnKs0

 

える「折木さん、こないだは本当にごめんなさい・・・」

 

折木「い、いや!いい!気にしてないから…」

 

える「あの後、古典部の皆さんには『折木さんとわたしは実は既に付き合ってて、折木さんが先走った』というふうに説明しておきましたので」

 

折木「えっ!?急展開すぎやしないか?」

 

える「そうでもしないと折木さんがあまりにも悪者になってしまいますので」

 

折木「える・・・」

 

える「そういうわけで折木さんはわたしの彼氏です」

 

 

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/05(水) 01:42:40.30 ID:LNTrVnKs0

 

最後までお読み下さり、誠にありがとうございます。
皆様、お気づきかもしれませんが、この話のテーマは“家族愛”です。
人と人との関係が希薄な昨今、やはり最後まで味方でいてくれるのは家族だけだと思います。
皆様にこの作品を通じて、家族の大切さを再認識していただけたらと思います。

 

長々とお付き合いいただき、重ね重ね感謝の言葉を述べさせていただきます。
最後にこのような駄文を載せることは蛇足と思いながらも、謝辞を言わせていただきます。

 

自分は、物書きとしてまだまだだと思いました。
力量不足のため、わかり辛い表現が多かったことも多々あったと思います。

 

それでもお読みくださった皆様に御一層の発展を願います。

 

 

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/05(水) 01:44:39.91 ID:95vwUxG90

 

なんなんだよwwww

 

 

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/09/05(水) 01:46:43.78 ID:tAXIl5EM0

 

おつ 

関連ページ

折木奉太郎「千反田と伊原に告白されて、板挟みになっている」SS
入須「君を動かす事はできるんだ」 奉太郎「もう、嘘は聞きたくないんですが」 SS
折木奉太郎「千反田と里志が付き合い始めて、涙が止まらない。。。」
折木奉太郎「千反田をふって、入須先輩と付き合うことにした」氷菓SS
折木奉太郎「千反田が不良に絡まれているのを見たけど、スルーした」
十文字かほ「折木君のお嫁さんになるっていうの、結構本気だからね」
里志「摩耶花の目の前で、千反田さんにキスしてみた」SS
える「福部さん!お赤飯炊いてきました!」 伊原「ちーちゃんやめてよ!」
折木奉太郎「姉貴が生意気すぎるので、ボコボコに殴ってみた」
福部里志「ぶっちゃけ摩耶花よりも千反田さんと付き合いたいなー。黒髪美人だし」
折木奉太郎「省エネライフにも飽きたし、伊原とでも付き合うか。千反田は無理そうだし」
折木奉太郎「私気になりますと千反田の顔が近づいてきたので、キスしてみた」
福部里志「最近、奉太郎と千反田さんがイチャイチャしすぎてて、見ていられない」
折木奉太郎「罰ゲームで伊原摩と3分間キスすることになった」SS
折木奉太郎「家出して、しばらく千反田の家にお世話になることになった」

ホーム RSS購読 サイトマップ