折木奉太郎「省エネライフにも飽きたし、伊原とでも付き合うか。千反田は無理そうだし」

折木奉太郎「省エネライフにも飽きたし、伊原とでも付き合うか。千反田は無理そうだし」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/07/05(木) 01:45:04

 

 

 

千反田「折木さん、あたし気になるんです!」

 

 

 

折木「いや、わかったよ、気になるのはわかった。だが千反田、お前…」

 

 

 

千反田「はい?」

 

 

 

折木「その言葉の意味…、ちゃんとわかった上でオレに聞いてるのか?」

 

 

 

千反田「はい、もちろんです」

 

 

 

 

 

 

 

2 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/07/05(木) 01:49:41

 

 

 

千反田「id腹筋いきましょう!」

 

 

 

千反田「ってことですよね?みなさん!」

 

 

 

入須「さあいってみようか」

 

 

 

 

 

 

3 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/07/05(木) 02:30:52

 

 

 

折木「クリスマスパーティ?」

 

 

 

伊原摩耶花「そう!」

 

 

 

伊原「今年の最後のイベントを古典部のみんなで過ごそうと思って!」

 

 

 

千反田「いいですね、楽しそうです!」

 

 

 

伊原「今年は色々あったからねー」

 

 

 

伊原「おつかれさま!ってことと、来年もがんばりましょう!」

 

 

 

伊原「って意味も込めてさ!どう?」

 

 

 

 

 

 

4 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/07/05(木) 02:31:47

 

 

 

折木「イベントならこの前の文化祭でオレはもう腹いっぱいだが?」

 

 

 

千反田「何か予定でもあるんですかッ?」

 

 

 

折木「いや、特に…ないが」

 

 

 

折木「自分で言うのもなんだか寂しいものだな」

 

 

 

伊原「じゃあいいじゃん。どうせヒマなんだから」

 

 

 

折木(酷い言い草だな…)

 

 

 

折木「とにかく気が進まん」

 

 

 

 

 

 

5 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/07/05(木) 02:33:31

 

 

 

福部里志「はは、奉太郎は一年中同じ調子なんだね。この日くらいパァーっとみんなで騒ごうよ」

 

 

 

折木「なんだよ里志。お前は一年中騒ぎっぱなしだろ。少しはやすんだらどうだ」

 

 

 

里志「省エネ、ってヤツかい?」

 

 

 

里志「でもあいにくデータベースは能動的だからね」

 

 

 

里志「常に動いてないと落ち着かないんだ」

 

 

 

折木「…珍しくわかりずらい例えだな」

 

 

 

 

 

 

6 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/07/05(木) 02:35:13

 

 

 

折木「お前は賛成なのかー?」

 

 

 

福部「その日はボクもこれといって予定は無いからね。賛成だよ」

 

 

 

伊原「あたしとのデートは断ったクセに…」

 

 

 

福部里志「あはは…」

 

 

 

千反田「じゃあ決まりですね!」

 

 

 

折木「オレに拒否権はないのか」

 

 

 

 

 

 

8 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/07/05(木) 04:10:48

 

死んできた

 

 

 

 

 

伊原「そうと決まれば何をするか、ね!」

 

 

 

千反田「はい!ケーキは絶対食べるとして…」

 

 

 

折木「大前提かよ」

 

 

 

里志「早いツッコミだね奉太郎」

 

 

 

折木「それに今も2人はお茶と称して菓子ばっか口に入れてるじゃないか」

 

 

 

伊原「う…」もぐもぐ

 

 

 

千反田「ドキッ…」はむはむ

 

 

 

折木「食べてばっかりの一日は嫌だぞ」

 

 

 

里志「はは、違いないね」

 

 

 

伊原「わ、わかってるってー!」

 

 

 

 

 

 

9 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/07/05(木) 06:17:34

 

 

 

伊原「あ!そうだ、ボーリング大会なんてどう!?」

 

 

 

折木「…却下だ」

 

 

 

里志「うん、却下だね」

 

 

 

伊原「え、なんで!?」

 

 

 

里志「ボーリングはいつでも行ける、なんなら今からでも行けるしそれに…」

 

 

 

里志「この辺りでボーリング場っていったら1つしか無いから、当日はすごく混むと思うよ?」

 

 

 

伊原「それは…そうだけど〜」

 

 

 

 

 

 

10 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/07/05(木) 06:18:25

 

 

 

里志「きっとみんな考えることは同じだからね。これはボクの仮説だけど」

 

 

 

千反田「なるほどっ、何時間も待ってまでボーリングはしたくありませんしね!」

 

 

 

折木「そうだな、それにもっと学生らしくというか…とにかく穏便なのを頼む」

 

 

 

伊原「ええー…」

 

 

 

千反田「じゃあ、ベタですけどプレゼント交換なんてどうですか?」

 

 

 

里志「いいね、ベタだね」

 

 

 

伊原「……」

 

 

 

 

 

 

11 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/07/05(木) 06:19:32

 

 

 

折木「うーん、でもそれはマヤカが提案したのよりも高くつくんじゃないかー?」

 

 

 

里志「それなら」

 

 

 

里志「1500円まで」

 

 

 

里志「とかにしてさ」

 

 

 

折木「なるほど。遠足に持ってくおやつのテンプレのやつか、うん、それなら良いかもしれん」

 

 

 

 

 

 

12 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/07/05(木) 06:20:59

 

 

 

里志「1500円という微妙に買い物しずらい金額で贈り物を決めるっていうさ!」

 

 

 

里志「なんかこうわくわくしない?wwwww」

 

 

 

千反田「はい!みなさんのセンスが試されますねッ!」

 

 

 

里志「そうそう!」

 

 

 

折木「じゃあとりあえず保留だな」

 

 

 

伊原「ええー、1500円じゃ何も買えないじゃなーい」

 

 

 

折木「他に、無いかー?」

 

 

 

 

 

 

13 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/07/05(木) 06:21:58

 

 

 

伊原「じゃ雪合戦とかはー?」

 

 

 

折木「却下だ」

 

 

 

里志「うん、却下だね」

 

 

 

伊原「あたしのときだけ早くない!?」

 

 

 

里志「雪合戦なんて、マヤカは子供だね」

 

 

 

伊原「ちょっと福ちゃん酷いよー」

 

 

 

 

 

 

14 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/07/05(木) 06:25:34

 

 

 

折木「まず根本的なことだが雪が積もってない。降ってもいない」

 

 

 

伊原「う…何も言い返せない……」

 

 

 

折木「一言二言で論破できるほどに、マヤカは思いつきだけで喋ってるな」

 

 

 

折木「でもそろそろ降ってもいい頃合いだな」

 

 

 

里志「まあボクはマヤカを振ったんですけどねwwwwwwwwww」

 

 

 

伊原「ちょッ、ええ!?」

 

 

 

里志「データベースは結論を出せない」

 

 

 

折木「なるほど、うまいこと言ったな里志」

 

 

 

千反田「あはは!座布団1枚ですね!」

 

 

 

伊原「酷いよ!ちーちゃんまで」

 

 

 

千反田「あら、気に障りましたか?」

 

 

 

伊原「お前は気になりますって言えよ」

 

 

 

折木「他に無いかー?」

 

 

 

 

 

 

15 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/07/05(木) 06:27:13

 

 

 

千反田「じゃあ冬ですし…、雪だるまをつくる!」

 

 

 

千反田「っていうのはどうですか?」

 

 

 

伊原「…ちーちゃん、さっきの話聞いてた?」

 

 

 

伊原「そもそも雪が降ってないから雪だるまをつくるのも無r」

 

 

 

里志「いいね!久しぶりにつくろうか」

 

 

 

伊原「!?」

 

 

 

 

 

 

16 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/07/05(木) 06:29:10

 

 

 

折木「そういえばオレも小4から全然つくってないなあ、雪だるま」

 

 

 

折木「いい機会だからやるかー」

 

 

 

千反田「はい!そうしましょう!」

 

 

 

伊原「おかしいよ、絶対おかしいよ」

 

 

 

折木「じゃこれで決定でいいかー?」

 

 

 

伊原「ちょっと待って!じゃあスケーt」

 

 

 

折木&里志「却下だね」

 

 

 

千反田「はい!疲れることはしたくありません♪」

 

 

 

 

 

 

 

伊原「私は、叫ぶ」

 

 

 

 

 

 

 

ー完ー

 

 

 

 

 

 

17 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/07/05(木) 06:30:19

 

 

 

ネタバレになったらごめんなさい

 

マヤカさんもごめんなさい

 

気にならなかった人も読んでくれてありがとー

 

評価に値しないスレでしたがこれで終わります

 

 

 

えるの決めゼリフは流行語大賞にノミネートなるか……!

 

 

 

 

 

2期はよ

 

 

 

 

 

 

18 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/07/05(木) 19:20:01

 

乙。

 

氷菓だっけ? 見たことないんよ……。

 

 

 

 

19 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/07/05(木) 19:34:19

 

 

 

 

原作知らないと笑えないと思うぞ

 

 

 

 

20 :以下、名無しが深夜にお送りします :2012/08/10(金) 01:19:35

 

わろたw

関連ページ

折木「千反田、どうしてこの前、俺をはめるようなことをしたんだ?」
折木奉太郎「千反田と伊原に告白されて、板挟みになっている」SS
入須「君を動かす事はできるんだ」 奉太郎「もう、嘘は聞きたくないんですが」 SS
折木奉太郎「千反田と里志が付き合い始めて、涙が止まらない。。。」
折木奉太郎「千反田をふって、入須先輩と付き合うことにした」氷菓SS
折木奉太郎「千反田が不良に絡まれているのを見たけど、スルーした」
十文字かほ「折木君のお嫁さんになるっていうの、結構本気だからね」
里志「摩耶花の目の前で、千反田さんにキスしてみた」SS
える「福部さん!お赤飯炊いてきました!」 伊原「ちーちゃんやめてよ!」
折木奉太郎「姉貴が生意気すぎるので、ボコボコに殴ってみた」
福部里志「ぶっちゃけ摩耶花よりも千反田さんと付き合いたいなー。黒髪美人だし」
折木奉太郎「私気になりますと千反田の顔が近づいてきたので、キスしてみた」
福部里志「最近、奉太郎と千反田さんがイチャイチャしすぎてて、見ていられない」
折木奉太郎「罰ゲームで伊原摩と3分間キスすることになった」SS
折木奉太郎「家出して、しばらく千反田の家にお世話になることになった」

ホーム RSS購読 サイトマップ