鈴谷「あー! 熊野も駄目だったかー! どんまい、提督!」 SS

鈴谷「あー! 熊野も駄目だったかー! どんまい、提督!」 SS

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 18:54:45.07 ID:6TXdtoTpO

 

鈴谷「ん?」

 

提督「はぁ……」

 

鈴谷「なになに? 提督ってば童貞なの?」

 

提督「グフッ!」

 

鈴谷「あっ、なるほどねー……くすくす」

 

提督「……そうだよ、いい歳こいて未だに童貞だよ! 文句あっか!?」

 

鈴谷「べっつにー? クスクス」

 

提督「笑うなぁ! ……くそぉ、キスどころか女の子と付き合ったことすらねぇよ! 新品未使用のキングオブ童貞だよ! ちくしょう!」

 

鈴谷「あー、うん、ご愁傷様?」

 

提督「ちくしょう……ちくしょう……ぐすっ」

 

鈴谷「うわぁ、泣いちゃったよ……」

 

提督「ぐすん……鈴谷先生、セックスがしたいです……」

 

鈴谷「諦めたらそこで……何が終わるんだろねー?」

 

提督「男として終わってしまうわ……はぁ」

 

鈴谷「まー、でも、0時までまだ時間はあるんだし、チャンスはあるんじゃない?」

 

提督「チャンス……?」

 

鈴谷「せっかく女の子ばかりの職場にいるんだからさ、提督が頼み込めばドーテーを貰ってくれる子がいるかもしれないじゃん?」

 

提督「は、はぁ!? な、何言ってんだ、お前は! 自分の部下にそんなことを頼めるわけないだろ!」

 

鈴谷「でも、童貞は捨てたいんでしょ?」

 

提督「それは……そうだが、そもそもお前たち艦娘に手なんか出したら俺のクビが飛ぶわ! んなことしたら軍法会議物だぞ」

 

鈴谷「それなら別に問題ないんじゃない? だってほら、提督ってばうちの艦娘みんなとケッコンしてるわけだし」

 

提督「? たしかに俺はお前たち全員とケッコンカッコカリをしているが、それが何か関係あるのか?」

 

鈴谷「知らないの? ケッコンカッコカリ済の艦娘に関しては、艦娘側の同意があれば性交渉を伴うスキンシップをしても良い、ってことになってるんだよ」

 

提督「……マジで?」

 

鈴谷「うわ、マジで気づいてなかったの? 書類にちゃんと書いてあったじゃん」

 

提督「全然気づかなかった……」

 

鈴谷「ま、とにかく相手の同意さえあればやることやっても問題ないんだからさ。誰かに頼んでみたら?」

 

提督「だ、だが……」

 

鈴谷「ほら、グズグズしてると魔法使いになっちゃうよ? それに、みんなのことをそーゆー目で見たことないわけでもないっしょ?」

 

提督「そりゃあ、まあ……でも、こんなこといったい誰に頼めばいいんだよ?」

 

鈴谷「えー、そんなこと鈴谷に聞かれても困るんですけどー」

 

提督「だ、だって、お前が言い出したことじゃないか。ついでに、誰か頼めそうな子を教えてくれてもいいだろ?」

 

鈴谷「んー、しょうがないなー……じゃあ、>>5とかどう?」

 

 

 

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 18:57:56.12 ID:bH5aHgoxO

 

秋月

 

 

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 19:18:18.79 ID:6TXdtoTpO

 

提督「秋月が……?」

 

鈴谷「うん、秋月ちゃん……まあ、ぶっちゃけたまたま頭に浮かんだだけなんだけどね」

 

提督「おいっ」

 

鈴谷「でも、秋月ちゃんなら真面目だし、提督のこともけっこー慕ってるみたいじゃん? だから、頼み込めばOKしてくれるんじゃないかな」

 

提督「そ、そうなのか?」

 

鈴谷「うんうん、いけるって」

 

提督「そ、そうか……よし! 秋月のとこへ行ってくる!」

 

鈴谷「りょーかい、いってらー…………はぁ」

 

 

 

提督「あっきづきー!」

 

秋月「? あっ、司令! どうかしましたか?」

 

提督「……秋月、お前に頼みたいことがある」

 

秋月「頼みたいこと、ですか? 何でしょう?」

 

提督「……俺とセックスさせてください!」

 

秋月「……え、えぇっ!? せ、せっくすですか!?」

 

提督「ああ、セックスだ!」

 

秋月「司令……せっくすって、あの……せ、性行為のことですよね」

 

提督「そうだ!」

 

秋月「む、無理です! さ、流石にそう言うことは司令の頼みであってもできません!」

 

提督「そんなっ! 鈴谷が秋月ならさせてくれると言ったのに……」

 

秋月「えっ、鈴谷さんがですか……?」

 

提督「……な、なあ、どうしても駄目か!?」

 

秋月「だ、駄目ですっ!」

 

提督「頼む、秋月! このままだと俺は魔法使いになってしまうんだ!」

 

秋月「ま、魔法使い……? と、とにかく駄目です!」

 

提督「この通りだ、秋月! 頼む!」

 

秋月「し、司令!? あ、頭を上げてください!」

 

提督「頼む……頼むっ!」

 

秋月「司令……>>15」

 

 

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 19:19:56.34 ID:UUcSW1Hx0

 

本気で言ってるんでしたら軽蔑します、提督には鈴谷さんがいるじゃありませんか!

 

 

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 19:23:42.50 ID:6TXdtoTpO

 

提督「えっ……?」

 

秋月「失礼します!」

 

提督「あ、秋月っ! ……行ってしまった」

 

 

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 19:32:12.39 ID:6TXdtoTpO

 

 

 

提督「……って感じで普通に拒否されたんだが、最後のアレはどういう意味なんだろうか?」

 

鈴谷「さぁ?」

 

提督「まあ、とにかく単発は安価下でみんなに頼むのはやっぱり駄目な気がしてきたわ……」

 

鈴谷「でも、他に当てはないんでしょ?」

 

提督「うっ、それは……」

 

鈴谷「このままだと魔法使い確定だけど、どうする? やっぱり誰かに頼んだほうがいいんじゃない?」

 

提督「だが、頼むと行っても今度は誰に頼めばいいんだ?」

 

鈴谷「そうだねぇ……んー、>>25とか?」

 

 

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 19:34:02.51 ID:ql9Jwt/ao

 

くまのん

 

 

33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 19:54:47.67 ID:6TXdtoTpO

 

提督「熊野が……?」

 

鈴谷「うん、熊野ならあーみえて提督のことを悪く思ってはないし、テキトーに持ち上げれば簡単にOKしてくれそうじゃない? きっと秋月ちゃんよりはチョロいと思うよ」

 

提督「チョロいって、自分の妹だろうに……」

 

鈴谷「まーまー、とにかく行ってみたら? ほら、時間が迫って来ちゃうよ?」

 

提督「……そうだな。よし、熊野のとこへ行ってくる!」

 

鈴谷「いってらー…………はぁ、何やってんだろ、私……」

 

 

 

提督「くーまーのー!」

 

熊野「? あら、提督? 熊野に何かご用?」

 

提督「……熊野、お前に頼みたいことがある」

 

熊野「わたくしに頼みたいこと? 何かしら?」

 

提督「……俺とセックスさせてください!」

 

熊野「……は? せ、せっくす!?」

 

提督「ああ!」

 

熊野「て、提督? あなた、いきなり何を仰いますの!?」

 

提督「熊野、俺とセックスをしてくれ!」

 

熊野「い、意味がわかりかませんわ!」

 

提督「セックスってのは性行為のことだ!」

 

熊野「そう言う意味で言ったんじゃありません! そ、それに提督と性行為なんて……あ、ありえませんわ!」

 

提督「そんなっ! 鈴谷が熊野ならさせてくれると言ったのに……」

 

熊野「鈴谷が……? 提督がこんな馬鹿げたことを仰っているのは鈴谷の仕業ですのね!?」

 

提督「馬鹿げたことなんかじゃない! 俺にとっては大事なことなんだ! ……なあ、どうしても駄目か?」

 

熊野「駄目に決まってますわ!」

 

提督「頼む、熊野! このままだと俺は魔法使いになってしまうんだ!」

 

熊野「ま、魔法使い……? い、意味が分かりませんわ」

 

提督「この通りだ、熊野! 頼む!」

 

熊野「そ、そんな、頭を下げられても困りますわ……」

 

提督「頼む……頼むっ!」

 

熊野「提督…………>>35」

 

 

35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 19:56:12.87 ID:bH5aHgoxO

 

鈴谷にしてもらえば良いじゃないですか

 

 

42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 19:59:38.78 ID:6TXdtoTpO

 

提督「えっ?」

 

熊野「それでは、わたくしは休養を思い出しましたので、これで失礼させていただきますわ」

 

提督「あ、熊野っ! ……行ってしまった」

 

 

44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 20:04:05.00 ID:6TXdtoTpO

 

 

 

提督「……って感じで熊野も駄目だったんだが、最後の」

 

鈴谷「あー! 熊野も駄目だったかー! どんまい、提督!」

 

提督「お、おう?」

 

鈴谷「じゃあ、また他の子に頼むしかないね」

 

提督「あ、ああ、そうだな」

 

鈴谷「じゃあ、次は……>>50なんてどう?」

 

 

50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 20:05:24.96 ID:ql9Jwt/ao

 

 

 

57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 20:18:33.65 ID:6TXdtoTpO

 

提督「お前が……?」

 

鈴谷「うん、なんだか見ててかわいそうになって来たし、提督がどうしてもっていうなら、考えてもいいよ?」

 

提督「ほ、本当か!?」

 

鈴谷「鈴谷とえっちしたい?」

 

提督「! したいっ!」

 

鈴谷「んー、どーしよっかなー?」

 

提督「頼む、鈴谷! 頼む!」

 

鈴谷「うわっ、土下座とかどんだけー。提督ってばマジで必死すぎなんですけどー」

 

提督「これで魔法使いにならずに済むのなら必死にもなるさ!」

 

鈴谷「ふーん? そこまでして鈴谷とシたいんだ?」

 

提督「ああ! お前とシたい! 頼む、この通りだ!」

 

鈴谷「>>60」

 

 

60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 20:19:41.50 ID:5dJ83yZYO

 

ほんとは私からお願いしたいくらいだよ……

 

 

63: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 20:22:59.83 ID:6TXdtoTpO

 

提督「……えっ?」

 

鈴谷「……」

 

提督「鈴谷、それはどういう……」

 

鈴谷「>>65」

 

 

65: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 20:23:49.40 ID:UUcSW1Hx0

 

もう!鈴谷だけを見てっていってるの!本当はさびしかったんだから!

 

 

73: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 20:30:58.34 ID:6TXdtoTpO

 

提督「! 鈴谷、お前……」

 

鈴谷「ほんっと、提督ってば鈍感すぎ! さっさと気づけっての!」

 

提督「ど、鈍感て」

 

鈴谷「鈍感だよ、ホント……もう、鈴谷の気持ち、わかってるんでしょ?」

 

提督「……ああ、流石にここまで言われたらな」

 

鈴谷「じゃあ……何をすればいいかもわかるよね?」

 

提督「……」

 

鈴谷「提督……>>75」

 

 

75: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 20:32:30.11 ID:ql9Jwt/ao

 

夜戦しよ?

 

 

83: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 20:49:52.36 ID:6TXdtoTpO

 

提督「! 鈴谷っ!」

 

どんっ

 

鈴谷「きゃっ!」

 

提督「鈴谷っ、鈴谷っ!」

 

鈴谷「あいたた……提督、目が怖いよ」

 

提督「す、すまん……鈴谷、キスしていいか?」

 

鈴谷「……ん、いいよ」

 

提督「鈴谷っ! んむっ」

 

鈴谷「あっ……ん……あむ……ちゅ……」

 

提督「ちゅ……はぁ、んっ……じゅる……ちゅう……」

 

鈴谷「はぁ、んむ……ちゅる……」

 

提督「……はぁ、はぁ……鈴谷……」

 

鈴谷「はぁ……あーあ、提督に鈴谷のファーストキス奪われちゃったなー……」

 

提督「! はじめてだったのか」

 

鈴谷「む、それはどーいう意味かなー? 提督ってば鈴谷のことそーゆー目で見てたんだ?」

 

提督「い、いや、それはその……」

 

鈴谷「……ま、いいけどね。提督だって初めてだったんでしょ?」

 

提督「あ、ああ」

 

鈴谷「んっ! なら、許してあげる!」

 

提督「鈴谷……」

 

鈴谷「さて、いきなり大人のちゅーをされちゃったわけだけど……次はどうする? ナニする?」

 

提督「お、お前は何をしてほしいんだ?」

 

鈴谷「えー……いくらドーテーだからって、そこは男らしく黙ってリードしてくれるとこじゃないの?」

 

提督「し、仕方ないだろ。俺だって余裕ないんだよ」

 

鈴谷「もう、仕方ないなぁ……じゃあ、>>85」

 

 

85: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 20:50:46.09 ID:WK0pDl9AO

 

脱がせて

 

 

87: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 21:34:04.48 ID:6TXdtoTpO

 

提督「! い、いいのか?」

 

鈴谷「うん、いいよ……それとも、提督は着たままのほうが好きなの?」

 

提督「どっちも大好物です!」

 

鈴谷「うわぁ……」

 

提督「! コホンッ! じゃ、じゃあ、脱がすぞ?」

 

鈴谷「はい、どーぞ♪」

 

提督「まずはブレザーから……」

 

ぱち、ぱち
ぬぎぬぎ

 

鈴谷「別に提督の好きなところから脱がしてもいいんだよ?」

 

提督「こ、こーいうのは順番が大事なんじゃないのか? 次はす、スカートな……」

 

カチャッ
ジー……パサッ

 

鈴谷「ん、なんかまた目が怖くなってきてるんですけどー」

 

提督「はっ! す、すまん……次はリボン? とブラウスだな……」

 

しゅるっ
ぱち、ぱち……
ぬぎぬぎ

 

鈴谷「うわ、提督、顔真っ赤だね」

 

提督「……」

 

鈴谷「おーい? まだ残ってるけど、脱がさないの?」

 

提督「……あ、ああ……じゃ、じゃあ、つ、次はブラを……ゴクリ」

 

さわさわ

 

提督「……あ、あれ?」

 

鈴谷「くすっ、そっちじゃないよ。鈴谷のブラはフロントホックだからこっち……ほら、ココ」

 

提督「す、すまん」

 

鈴谷「大丈夫、提督? 手が震えてるよ?」

 

提督「だ、大丈夫だ……よ、よしっ」

 

ぱちっ
ぷるんっ!

 

鈴谷「んっ、流石にここまで来るとけっこー恥ずかしいかも」

 

提督「こ、これが鈴谷のおっぱい……デカい」

 

鈴谷「ちょ、あんまりジロジロ見ないでよ……それに、まだ残ってるよ?」

 

 

88: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 21:34:32.30 ID:6TXdtoTpO

 

提督「! あ、ああ……って、あれ?」

 

鈴谷「ん、どうしたの?」

 

提督「下、ひ、紐パンだったのか……」

 

鈴谷「そーだよ、かわいいでしょ?」

 

提督「かわいいというか……え、エロい」

 

鈴谷「ま、まあ、一応勝負下着だからね」

 

提督「そ、そうなのか……じゃ、じゃあ、脱がすぞ?」

 

鈴谷「……うん、いいよ」

 

しゅるっ……
……ぱさっ

 

提督「……これが鈴谷の……!」

 

鈴谷「やだ……マジ恥ずかしい……」

 

提督「綺麗だ……」

 

鈴谷「! ちょ、ちょっとガン見しすぎ……」

 

提督「あ、わ、悪い!」

 

鈴谷「うぅ……ねぇ、ニーソは脱がさないの?」

 

提督「それを脱がすなんてとんでもない!」

 

鈴谷「えっ?」

 

提督「……あっ」

 

鈴谷「……変態」

 

提督「うっ、返す言葉もありません……」

 

鈴谷「それで、ここからどうする? ナニする?」

 

提督「……あ、え、えーと、そ、そうだな……どうしようか?」

 

鈴谷「もう、テンパりすぎ……仕方ないなぁ……じゃあ、>>90」

 

 

89: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 21:34:59.31 ID:PsZBuv9fo

 

きす

 

 

90: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 21:35:15.29 ID:VxQjGGhj0

 

うえ

 

 

92: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 21:47:32.78 ID:6TXdtoTpO

 

提督「キス、でいいのか?」

 

鈴谷「うん、それも唇だけじゃなくて……鈴谷の身体の好きなところにいっぱいお願い」

 

提督「わ、わかった……ちゅ」

 

鈴谷「ん……あっ……」

 

提督「ちゅ……ちゅっ……」

 

鈴谷「んっ……くすぐったい……」

 

提督「ちゅっ……ちゅ……」

 

鈴谷「いいよ、提督……もっと……」

 

提督「ちゅ……ちゅぅ……」

 

鈴谷「あっ……ん……」

 

提督「ちゅっ…………ふぅ」

 

鈴谷「ん……もう終わり?」

 

提督「いや……んむっ」

 

鈴谷「んっ!? ……んん……」

 

提督「ちゅる……ん……」

 

鈴谷「じゅる……はぁ……んぅ……」

 

提督「ん……ちゅ…………っはぁ、はぁ、こんな感じでいいのか?」

 

鈴谷「はぁ……うん、ありがと……」

 

提督「はぁ……はぁ……ふぅ」

 

鈴谷「ふぅ……ねぇ、提督」

 

提督「なんだ?」

 

鈴谷「>>95」

 

 

95: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 21:50:08.38 ID:UWYluMcK0

 

結構上手じゃん

 

 

97: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 22:05:05.97 ID:6TXdtoTpO

 

提督「痕が残るくらいって、お前……」

 

鈴谷「……ほら、ここ触ってみて」

 

くちゅっ

 

提督「!」

 

鈴谷「提督にキスされただけで、こんなになっちゃった……」

 

提督「鈴谷……」

 

鈴谷「ねぇ、提督……これ以上我慢出来そうにないから、鈴谷のココに提督の……頂戴?」

 

提督「わ、わかった……で、でも、体位とかどうしたらいいんだ?」

 

鈴谷「提督の好きな体位でいいよ……って、言ってもどうせ決められないだろうし、>>100でお願い」

 

 

100: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 22:06:58.68 ID:ql9Jwt/ao

 

だいしゅきホールド

 

 

107: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 22:26:46.21 ID:6TXdtoTpO

 

提督「わ、わかった」

 

鈴谷「じゃあ、そこに座って」

 

提督「こ、こうか?」

 

鈴谷「うん、よいしょっと……」

 

提督「! ち、近いな」

 

鈴谷「でも、これなら身体が密着して、鈴谷のこといーっぱい感じられるじゃん? ……提督の、出すね」

 

カチャカチャ
ジー……ボロンッ!

 

提督「うっ」

 

鈴谷「!? な、何これ……思ったより大きいっていうか、デカすぎなんですけど!?」

 

提督「そ、そうか?」

 

鈴谷「そーだよ! 太いし熱いし変な臭いするし、血管が浮き出ててキモい!」

 

提督「き、キモいは言い過ぎだろ……」

 

鈴谷「だ、だって、こんなに大きいなんて思ってなかったし……こんなの挿れるなんて無理無理!」

 

提督「無理って言われても、こればっかりはどうしようもないだろ」

 

鈴谷「と、とにかく、心の準備とかできてないから、今日は無理! ゴメン!」

 

ささっ
てきぱき

 

提督「着替えるの早! って、鈴谷!?」

 

鈴谷「ご、ごめん、提督っ! それじゃっ!」

 

提督「あ、鈴谷っ! ……行ってしまった」

 

ゴーン、ゴーン……

 

提督「あっ……あ、あぁ……うわああぁぁん!」

 

 

終わり

 

 

112: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 22:30:20.12 ID:6TXdtoTpO

 

ごめん、ぶっちゃけ主砲が暴発してモチベが吹き飛んだ
HTML化依頼してくる

 

 

115: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 22:44:24.40 ID:e4od3QoI0

 

把握、またいつか鈴谷書いてくれるとうれしい

 

 

117: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/17(火) 22:56:19.11 ID:mKOlaZ7KO

 

乙でした

 

 

118: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/18(水) 00:41:19.92 ID:fNy6NS3r0

 

これがなまごろしか

関連ページ

提督「すくなくとも鎮守府の中くらい花粉症には悩まされたくない」
提督「それでいい。腰を据え、ガードを上げて戦え」 天龍「オレはイケるぜ」
提督「長門、ちょっと明石と夕張のとこ行って相談してくる」 SS
提督「正直な、一航戦の誇りはどこへやったかと思ったぞッ!」
吹雪「司令官が、私の事しか見れなくなる方法♪」 艦これSS
五十鈴「五月雨を旗艦に単縦陣でこっちに来る!!」
扶桑「私、那珂ちゃんにいつも元気もらってるから……応援してるわね」 SS
島風「天津風ちゃん、私達ずっと一緒にいようね!」艦これSS
吹雪「酔った勢いで金剛さんにお酒を買いにいかせちゃった」
漣「明石さ〜ん、手っ取り早くご主人様が漣に惚れる薬とかありませんか?」 艦これSS
金剛「あまりに騒がしくて掟破りの支援艦隊を呼んでしまいマシター!」
赤城「提督に必要にされている……それだけで十分です」 艦これSS
高雄「私、ちょっと歩き疲れちゃいました…////」 提督「ん…。今日は、もう帰るか?」
提督「雲龍! 絶対に幸せにしてやるからな!」 艦これSS
如月「お願い…いまは…如月の部屋から出ていってぇ…!」SS
翔鶴「どうすれば良いのかしらね、瑞鶴・・・」 瑞鶴「きっと提督さんにも事情があるのよ!」
提督「耳まで赤くなってるから。顔隠しきれてないし」 愛宕「……言わないの」
吹雪(金剛さん、ちょっと変わってる人だなって思っちゃう時もあったけど) SS
大井「重要なお話をわざわざ耳の多い間宮でするんですか?」 提督「先日のお詫びをさせて頂きたいとも思っています」
祥鳳「盛んなお年頃ですものね。仕方ありませんね。提督は」
島風「うん・・・まぁ、提督と一緒にいられるなら良いけど」 艦これSS
吹雪「け、軽空母が、たった数発で炎上した…!?」 夕立 「あ、あり得ないっぽい…!」 SS
敷波「でもさ、あんな乱暴なのってさ、吹雪には出来ないでしょ?」
武蔵「一人百面相か?見ていて飽きないな」艦これSS
雷「ずっるーい!! 私も提督に膝枕してくる!!」 天龍「はぁ、……とりあえず叢雲と加賀呼んでくるわ」
提督「艦娘を率いる提督が艦娘より弱い訳がないだろう」 SS
青葉「居酒屋『鳳翔』……。いつ頃から、やっているんでしたっけ」 SS
明石「ここひと月の記録だと沖ノ島沖に参加したと」 鈴谷「そこでMVPももらいました」

ホーム RSS購読 サイトマップ