祥鳳「盛んなお年頃ですものね。仕方ありませんね。提督は」

祥鳳「盛んなお年頃ですものね。仕方ありませんね。提督は」

1: ◆hLKhi8yl/o 2015/02/23(月) 01:59:39.62 ID:+twimAml0

 

※深夜テンションの短編

 

 

 

 

 

磯波「避けられている?」

 

祥鳳「ええ。最近、提督と顔を合わせても目をそらされて、すぐに立ち去られてしまうの」

 

磯波「確かに、近頃は提督さんと祥鳳さんが話している姿は見ませんね……」

 

祥鳳「この前行われた他鎮守府との演習の時も……」

 

 

 

 

2: ◆hLKhi8yl/o 2015/02/23(月) 02:01:32.69 ID:+twimAml0

 

 

 

〜〜〜〜〜

 

 

大淀「あちらの損害は旗艦中破に僚艦が大破一、小破二。こちらの損害は僚艦が中破一に小破三」

 

大淀「今回の演習、我々の勝利ですね」

 

磯波「よかったぁ……」

 

川内「えー、夜戦までやろうよー」

 

那智「演習でそこまでする必要はないだろう」

 

那智「それに、相手の夜戦戦力は健在だった。夜戦までもちこめば私たちが負けていたかもしれない」

 

川内「むぅー」

 

 

大淀「MVPは……祥鳳さんですね」

 

祥鳳「え、私が一番?」

 

大淀「はい、航空戦で相手側に大破艦を出せたのは大きかったですね」

 

祥鳳「やったぁーっ!やりましたっ!私っ、嬉しい!これからも頑張りますね!」

 

那智「そこまで喜ぶか……」

 

磯波(以外と純粋なんだよなぁ……)

 

 

3: ◆hLKhi8yl/o 2015/02/23(月) 02:02:55.56 ID:+twimAml0

 

 

 

川内「あっ」

 

 

提督「……」

 

祥鳳「て、提督!?やだ、ごめんなさい。はしゃぎすぎちゃって……」

 

那智「演習は我々の勝利。今回のMVPは祥鳳だそうだ」

 

提督「そうか」

 

 

提督「ご苦労だった、ゆっくり休んでくれ……以上だ」

 

祥鳳「あ、提督……?」

 

 

 

提督「……祥鳳」

 

祥鳳「はい!」

 

提督「……いい加減に服を着直せ」

 

祥鳳「っ!?も、申し訳ありません、はしたないところを……」バッ

 

提督「……」ツカツカ

 

川内「やけに素っ気なかったね」

 

那智「不機嫌なようにも見えるな。何かあったのだろうか」

 

祥鳳「……」

 

 

 

〜〜〜〜〜

 

 

 

4: ◆hLKhi8yl/o 2015/02/23(月) 02:04:34.55 ID:+twimAml0

 

 

 

磯波「そういえばそうでしたね……」

 

祥鳳「私、嫌われているのかな……」

 

磯波「そ、そんなことないですよ!祥鳳さんはこの鎮守府初の空母で、他の空母の方が着任した今でも一番練度が高いじゃないですか」

 

磯波「重要な作戦の時は必ず出撃していますし、私たちは勿論提督も便りにしているはずですけど……」

 

 

祥鳳「出撃メンバーによく選ばれることと好き嫌いはあまり関係ないと思うわ。提督も不本意ながらも私を使っているかもしれないし」

 

磯波「祥鳳さん……」

 

 

5: ◆hLKhi8yl/o 2015/02/23(月) 02:05:27.75 ID:+twimAml0

 

 

 

祥鳳「ごめんなさい、貴女に愚痴をぶつけてしまって。迷惑よね」

 

磯波「そ、そんなわけないじゃないですか!」

 

 

磯波「……私、決めました。提督が祥鳳さんのことをどう思っているのか聞いてきます」

 

祥鳳「え?いや、そんなことしなくても……」

 

磯波「大丈夫です、提督さんは絶対に祥鳳さんのことを嫌ってなんていませんから!」タタタ

 

祥鳳「ちょ、磯波さん!?」

 

 

 

 

6: ◆hLKhi8yl/o 2015/02/23(月) 02:06:42.47 ID:+twimAml0

 

 

 

*****

 

 

 

執務室

 

 

コンコン

 

 

提督「いいぞ」

 

磯波「失礼します」ガチャ

 

提督「磯波か、どうかしたのか?」

 

 

磯波「提督……聞きたいことがあります」

 

提督「ん?」

 

磯波「祥鳳さんのことです」

 

提督「……!」

 

 

磯波「近頃、祥鳳さんへの態度が冷たいと聞きました……どうしてなのでしょうか?」

 

提督「……」

 

磯波「祥鳳さんは最古参の一人で、私たちが鎮守府近海を制圧できたのも祥鳳さんのおかげなのは提督も良く分かっているはずです」

 

磯波「なのに、どうして素っ気ない態度をとるんですか……?」

 

 

7: ◆hLKhi8yl/o 2015/02/23(月) 02:07:40.86 ID:+twimAml0

 

 

 

提督「……」

 

磯波「提督!」

 

提督「……はぁ」

 

 

 

提督「やっぱりそう捉えられていたか……」

 

磯波「え……?」

 

 

提督「別に祥鳳のことを嫌っているわけではない。ただ……」

 

磯波「ただ?」

 

提督「……磯波、君は初期艦を除いてこの鎮守府に初めて来てくれた艦娘だ」

 

磯波「は、はい……何度か秘書艦を担当させていただいたこともあります……」

 

提督「ああ、そんな君には話しておきたい」

 

提督「実は……」

 

 

 

*****

 

 

 

8: ◆hLKhi8yl/o 2015/02/23(月) 02:09:17.63 ID:+twimAml0

 

 

 

磯波「祥鳳さん!」

 

祥鳳「あ、磯波さん……」

 

祥鳳「あの、提督は――」

 

磯波「大変です!瑞鳳さんが!」

 

祥鳳「!?」

 

 

 

執務室

 

 

提督「……」

 

提督「はぁ……」

 

 

ガチャッ

 

 

瑞鳳「提督っ!」

 

提督「瑞鳳、ドアはちゃんとノックしろと……」

 

瑞鳳「それどころじゃないの!」

 

瑞鳳「祥鳳姉が――」

 

提督「……何だと!?」ガタッ

 

 

 

*****

 

 

9: ◆hLKhi8yl/o 2015/02/23(月) 02:10:26.51 ID:+twimAml0

 

 

 

祥鳳型の部屋

 

 

提督「祥鳳っ!!」ガチャッ

 

 

シーン…

 

 

 

提督「ん……?」

 

提督(誰もいない?)

 

 

 

 

祥鳳「瑞鳳っ……って、あれ!?」

 

提督「!?」

 

祥鳳「て、提督!?どうしてここに……」

 

提督「いや、瑞鳳からお前が倒れたと聞いたんだが……?」

 

祥鳳「え?私は磯波さんから瑞鳳が倒れたって聞いたから急いで……」

 

 

提督「えっ」

 

祥鳳「えっ」

 

 

10: ◆hLKhi8yl/o 2015/02/23(月) 02:11:51.61 ID:+twimAml0

 

 

 

バタン、カチッ

 

 

提督&祥鳳「!?」

 

祥鳳「ちょっ、えっ?嘘、開かない!?」ガチャガチャッ

 

提督「なんだと!」

 

 

提督&祥鳳「……」

 

 

 

提督&祥鳳(……騙された!)

 

 

 

部屋の外

 

 

瑞鳳「作戦成功ね」

 

磯波「タイミングばっちりです、瑞鳳さん!」

 

瑞鳳「いきなり提督を呼び出すように頼まれたときはびっくりしたけど……なるほど、こういうことね」

 

磯波「すみません、急にお願いしちゃって……」

 

瑞鳳「いいのよ。提督と話しあわせようってことでしょ?最近の祥鳳姉、提督とのことで悩んでたみたいだから私も心配だったし」

 

 

磯波(本当はそれだけじゃないんだけど……黙っておこう)

 

 

11: ◆hLKhi8yl/o 2015/02/23(月) 02:12:42.24 ID:+twimAml0

 

室内

 

 

 

提督「……」

 

祥鳳「……」

 

提督(犯人として思い付くのは……磯波しかいないな。あの時は何も言わなかったが、こういうことか)

 

 

祥鳳(磯波さん……謀ったわね)

 

 

提督「……」チラッ

 

祥鳳「……」チラッ

 

提督&祥鳳「……!」バッ

 

提督「……」

 

祥鳳「……」

 

 

 

12: ◆hLKhi8yl/o 2015/02/23(月) 02:13:49.20 ID:+twimAml0

 

 

 

提督(……これは、磯波に背中を押されたととるべきか)

 

祥鳳(二人になる機会を作ったから話し合え……そういうことね)

 

 

提督「なあ」
祥鳳「あの」

 

 

提督「……」

 

祥鳳「……」

 

 

13: ◆hLKhi8yl/o 2015/02/23(月) 02:14:37.78 ID:+twimAml0

 

提督「……先にいいぞ」

 

祥鳳「いえいえ、提督からどうぞ」

 

 

提督「……上官命令だ、先に言え」

 

祥鳳「そこで上官命令はずるいです……」

 

提督「……」

 

祥鳳「……分かりました」

 

 

 

14: ◆hLKhi8yl/o 2015/02/23(月) 02:16:30.36 ID:+twimAml0

 

 

祥鳳「率直に聞きます。提督は、私のことを嫌っておいでになるのですか?」

 

提督「……は?」

 

 

祥鳳「私に出撃の機会を多く与えてくださるのは感謝しています」

 

祥鳳「ですが、提督の私に対する態度は少々冷たすぎると思うのです」

 

祥鳳「他の艦隊が帰ってきたときとは違って、私が帰投したときはよくて一言、悪いときは一言の労いの言葉もありませんし……」

 

祥鳳「作戦時以外でも、私と会ったときに目さえ合わせようとしてくれません」

 

 

提督「……」

 

 

15: ◆hLKhi8yl/o 2015/02/23(月) 02:17:28.38 ID:+twimAml0

 

祥鳳「この前の演習の時も、私はMVPだったのに『そうか』の一言だけ……」

 

 

 

 

祥鳳「私は、貴方が見てくれていると思ったから頑張ったのに……」

 

 

提督「えっ……」

 

 

 

祥鳳「……っ!も、申し訳ありません!今のは忘れてください!!」

 

 

16: ◆hLKhi8yl/o 2015/02/23(月) 02:18:41.29 ID:+twimAml0

 

祥鳳「と、とにかく!この鎮守府もかなり戦力は整ってきています。私が着任した時と違って航空戦力も十分です」

 

祥鳳「瑞鳳をはじめ、私の代わりはたくさんいます。ですから、いっそ私のことは解体して――」

 

 

提督「待て」

 

祥鳳「……っ」

 

 

提督「勘違いをしているようだが、祥鳳……俺は君に嫌悪感を抱いたことなど一度もない」

 

提督「むしろ……いや、その前に君に謝らないといけない」

 

祥鳳「謝る?」

 

 

17: ◆hLKhi8yl/o 2015/02/23(月) 02:19:52.45 ID:+twimAml0

 

 

提督「俺の態度のせいで、君にいらぬ誤解を与えていた。すまない」ペコリ

 

祥鳳「そ、そんな……」アセアセ

 

 

提督「君は我が鎮守府初の空母として鎮守府を支えてくれた。今もなお最前線で活躍してもらっている」

 

提督「そんな君に感謝こそすれ、嫌いになる要因なんてない」

 

 

提督「俺が君に対して素っ気ない態度をとってしまっているのには原因があるんだ」

 

祥鳳「原因……ですか」

 

 

18: ◆hLKhi8yl/o 2015/02/23(月) 02:20:44.45 ID:+twimAml0

 

提督「ああ」

 

 

 

 

 

 

提督「俺が……君に惚れているからだ」

 

祥鳳「っ!?」

 

 

 

 

瑞鳳「えっ!?」(聞き耳中)

 

磯波「瑞鳳さん、シッ!今大事なところなんですから!」

 

瑞鳳「磯波……もしかして知ってたの?」

 

磯波「提督本人から聞きました。いいから黙ってください」

 

瑞鳳「」

 

 

 

 

19: ◆hLKhi8yl/o 2015/02/23(月) 02:25:38.58 ID:+twimAml0

 

 

祥鳳「あっ……えっ……その……ええっ!?」

 

 

提督「初めて君を見たときから、綺麗な人……厳密には艦娘だけど、そう思った」

 

提督「それまで駆逐艦や軽巡しかいなかったからな。彼女らとは一線を画した大人な立ち振舞いに心を奪われた」

 

提督「秘書艦の仕事を任せた時も要領よく役割をこなしてくれるし、旗艦に任命した際も他の艦娘への配慮を怠らない」

 

提督「俺にとって、君は理想の存在だった」

 

祥鳳「あぅ……そう、ですかね」カァァ

 

提督「ああ」

 

 

20: ◆hLKhi8yl/o 2015/02/23(月) 02:27:08.98 ID:+twimAml0

 

 

提督「だけど……それだけじゃないんだ」

 

祥鳳「?」

 

提督「君への態度の一番の原因は……気まずいからだ」

 

祥鳳「気まずい?」

 

提督「……」

 

 

提督「君が着任して数週間経った頃、初めて君が中破して帰投したことがあっただろう?」

 

祥鳳「ええ……」

 

提督「その姿を見て、その……」

 

 

 

 

提督「君に、欲情してしまったんだ」

 

祥鳳「えっ」

 

 

21: ◆hLKhi8yl/o 2015/02/23(月) 02:28:18.15 ID:+twimAml0

 

 

提督「簡単な話、君の姿でヌいた」

 

祥鳳「はっ!?」ボッ

 

 

祥鳳「ヌいたって、その……あの……」

 

提督「つまりあれだ、オカズにしてオナ――」

 

祥鳳「や、やめてください!分かりましたから!!」カァァ

 

提督「す、すまない」

 

 

 

 

瑞鳳「い、今とんでもないことが聞こえたんだけど!?」

 

磯波「わ、私もそこまでは聞いていませんでしたよ……」

 

 

 

 

22: ◆hLKhi8yl/o 2015/02/23(月) 02:29:44.18 ID:+twimAml0

 

 

提督「……負傷した君には申し訳なかったが、俺にはあの姿が目に焼き付いて忘れられなかったんだ」

 

提督「夜になっても脳裏にその光景が浮かび上がって、眠れなくなり、我慢できずに……ってとこだ」

 

祥鳳「……」

 

 

提督「それと、君は戦闘中かなりはだけた格好をしているだろう?」

 

祥鳳「そ、そうですね。一応弓の作法なのですが」

 

祥鳳(男性のだけど)

 

 

23: ◆hLKhi8yl/o 2015/02/23(月) 02:31:13.92 ID:+twimAml0

 

提督「演習の時に初めて近くでその姿を見たんだが……かなり大胆だな」

 

祥鳳「うう……」

 

 

祥鳳(戦闘中は気にしていないけど、そう言われると……)

 

 

提督「その姿にも欲情した」

 

祥鳳「」

 

 

 

提督「この際だからぶっちゃけるが、今も少なくとも一日一度は君でヌいてる」

 

祥鳳「」

 

 

 

提督「最近では悪化したのか、君の姿を見ているだけで、こう……湧き上がってくるものがあってだな」

 

提督「それで、君にああいった態度をとってしまったわけだ」

 

 

祥鳳「はあ……」

 

 

24: ◆hLKhi8yl/o 2015/02/23(月) 02:32:43.45 ID:+twimAml0

 

 

提督「……申し訳ない!」バッ

 

祥鳳「て、提督!?なぜ土下座!?」

 

提督「部下に欲情してしまうなんて、俺は軍人として失格だ」

 

提督「いや、命がけの戦いを乗り越えて負傷しながらも帰ってきた者の姿で自分を慰めるなんて、人としても最低だ」

 

提督「そしてそんな下劣な理由で君に余計な気苦労をかけてしまったことも……。軽蔑してくれ、祥鳳」

 

 

祥鳳「提督……」

 

 

 

25: ◆hLKhi8yl/o 2015/02/23(月) 02:33:32.58 ID:+twimAml0

 

提督「……憲兵に自首してくる」

 

祥鳳「え!?」

 

 

祥鳳「い、いや、別に無理矢理手を出したわけじゃないんですし……」

 

提督「駄目だ。こんな俺に提督を続ける資格はないよ」

 

 

提督「君には迷惑をかけた。大本営には後任に優秀な人間を送ってもらうよう頼むよ。じゃあ――」

 

 

 

祥鳳「待ってください!」

 

提督「!」

 

 

26: ◆hLKhi8yl/o 2015/02/23(月) 02:35:07.95 ID:+twimAml0

 

 

祥鳳「確かに提督の話を聞いたときには驚きましたけど……だからって、私は提督を軽蔑なんてしませんよ」

 

提督「……本当か?」

 

祥鳳「ええ。男性である以上仕方のないことだとは思いますし……」

 

 

祥鳳「それに……私も、嫌ではありませんし……」

 

提督「えっ」

 

 

祥鳳「肌脱ぎ……あの格好だって、むやみやたらにするわけではありません」

 

祥鳳「倒すべき敵や同じ艦娘……そして、提督の前だからこそできる姿なんですよ?」

 

提督「祥鳳……」

 

 

祥鳳「つまりその……」モジモジ

 

 

27: ◆hLKhi8yl/o 2015/02/23(月) 02:36:03.13 ID:+twimAml0

 

 

 

 

 

祥鳳「私も、提督のことをお慕いしているということです……」

 

提督「!!」

 

 

提督「ほ、本当なのか……!?」

 

祥鳳「は、はい」

 

 

提督「……そうか」

 

 

 

提督「……」

 

祥鳳「……」

 

提督「……なんだか、これはこれで気まずいな」

 

祥鳳「……はい」

 

 

提督「だけど……嫌な気持ちじゃない」

 

 

祥鳳「……はい♪」

 

 

28: ◆hLKhi8yl/o 2015/02/23(月) 02:37:25.66 ID:+twimAml0

 

 

提督「……俺、今まで女性と付き合ったことがないんだ」

 

祥鳳「そうなのですか?提督のような方なら経験ありそうなものですが」

 

提督「なんせ士官学校には男が多かったからな……女を作る暇も無かったし」

 

 

提督「だから、女性をどう扱えばいいのか良く分からない」

 

提督「だけど、命を懸けて戦う君を少しでも支えられるように努力するよ」

 

祥鳳「私も、最前線で指揮を執る貴方を支えられるようにように精進しますね」

 

 

提督「祥鳳……」

 

祥鳳「提督……」

 

 

 

祥鳳「ん……はむ……ぅん……」

 

 

祥鳳「ぷはっ……」

 

 

29: ◆hLKhi8yl/o 2015/02/23(月) 02:39:02.28 ID:+twimAml0

 

 

提督「……」

 

祥鳳「……」

 

祥鳳「……私、初めてのキスです」

 

提督「ああ、俺もだ。拙くて悪かった」

 

祥鳳「こちらこそ……」

 

 

 

提督「……」

 

祥鳳「……」

 

祥鳳「なんだか……変な気分になりますね」

 

提督「ああ……」

 

 

祥鳳「このまま……夜戦に突入しますか?」

 

提督「……!?ま、まだ日中だぞ……」

 

祥鳳「そうですね……でも、提督の主砲は準備万端のようですが……」ジッ

 

提督「うっ……」

 

 

30: ◆hLKhi8yl/o 2015/02/23(月) 02:40:42.26 ID:+twimAml0

 

 

祥鳳「……提督はおいくつでしたっけ」

 

提督「……19だ。士官学校を出たばかりだからな」

 

 

祥鳳「盛んなお年頃ですものね。仕方ありませんね」

 

提督「……艦娘としては君の方が年下だろう」

 

 

祥鳳「はい。ですが、大戦の記憶があるぶん精神年齢は提督よりも上ですよ?」

 

 

 

31: ◆hLKhi8yl/o 2015/02/23(月) 02:42:58.21 ID:+twimAml0

 

祥鳳「つまり、私の方がお姉さんってことです……空母ですが、夜戦はお姉さんが手取り足とり教えてあげますね」

 

提督「し、祥鳳……?」

 

 

祥鳳「ふふ……キスの方は私も拙かったですが、こちらなら私でも提督を満足させられると思います」

 

祥鳳か「私の姿でどういう妄想をしていたか、たっぷり実演してくださいね?」

 

 

提督「ちょ、待っ――」

 

 

 

 

 

(このあとめちゃくちゃ搾り取られた)

 

 

 

 

 

 

瑞鳳「……私部屋に帰れないんだけど」

 

磯波「……ご愁傷さまです」

 

 

 

 

32: ◆hLKhi8yl/o 2015/02/23(月) 02:46:56.02 ID:+twimAml0

 

提督「そういや大戦の記憶云々を言うなら実年齢はかなりの高れ――」

 

磯波「それ以上いけない」

 

 

 

 

(夜戦描写は)ないです
あってもキスシーンすらろくに書けない時点でお察し

 

祥鳳はいいお嫁さんになる(確信)
ご読了ありがとうございました

 

 

33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 02:49:45.24 ID:pi4Zu/f0o

 


祥鳳さんかわいい

 

 

34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 02:51:19.24 ID:OhbyhMHZ0

 

さすが私の嫁だわ

 

 

35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 03:22:22.09 ID:zJHiHr/s0

 

祥鳳スレとは珍しい
乙でした

 

 

36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 04:01:39.20 ID:YZbcPetKo

 

よい。実に良い
乙乙

関連ページ

提督「すくなくとも鎮守府の中くらい花粉症には悩まされたくない」
提督「それでいい。腰を据え、ガードを上げて戦え」 天龍「オレはイケるぜ」
提督「長門、ちょっと明石と夕張のとこ行って相談してくる」 SS
提督「正直な、一航戦の誇りはどこへやったかと思ったぞッ!」
吹雪「司令官が、私の事しか見れなくなる方法♪」 艦これSS
五十鈴「五月雨を旗艦に単縦陣でこっちに来る!!」
扶桑「私、那珂ちゃんにいつも元気もらってるから……応援してるわね」 SS
島風「天津風ちゃん、私達ずっと一緒にいようね!」艦これSS
吹雪「酔った勢いで金剛さんにお酒を買いにいかせちゃった」
漣「明石さ〜ん、手っ取り早くご主人様が漣に惚れる薬とかありませんか?」 艦これSS
金剛「あまりに騒がしくて掟破りの支援艦隊を呼んでしまいマシター!」
赤城「提督に必要にされている……それだけで十分です」 艦これSS
高雄「私、ちょっと歩き疲れちゃいました…////」 提督「ん…。今日は、もう帰るか?」
提督「雲龍! 絶対に幸せにしてやるからな!」 艦これSS
如月「お願い…いまは…如月の部屋から出ていってぇ…!」SS
翔鶴「どうすれば良いのかしらね、瑞鶴・・・」 瑞鶴「きっと提督さんにも事情があるのよ!」
提督「耳まで赤くなってるから。顔隠しきれてないし」 愛宕「……言わないの」
吹雪(金剛さん、ちょっと変わってる人だなって思っちゃう時もあったけど) SS
大井「重要なお話をわざわざ耳の多い間宮でするんですか?」 提督「先日のお詫びをさせて頂きたいとも思っています」
島風「うん・・・まぁ、提督と一緒にいられるなら良いけど」 艦これSS
吹雪「け、軽空母が、たった数発で炎上した…!?」 夕立 「あ、あり得ないっぽい…!」 SS
鈴谷「あー! 熊野も駄目だったかー! どんまい、提督!」 SS
敷波「でもさ、あんな乱暴なのってさ、吹雪には出来ないでしょ?」
武蔵「一人百面相か?見ていて飽きないな」艦これSS
雷「ずっるーい!! 私も提督に膝枕してくる!!」 天龍「はぁ、……とりあえず叢雲と加賀呼んでくるわ」
提督「艦娘を率いる提督が艦娘より弱い訳がないだろう」 SS
青葉「居酒屋『鳳翔』……。いつ頃から、やっているんでしたっけ」 SS
明石「ここひと月の記録だと沖ノ島沖に参加したと」 鈴谷「そこでMVPももらいました」

ホーム RSS購読 サイトマップ