吹雪(金剛さん、ちょっと変わってる人だなって思っちゃう時もあったけど) SS

吹雪(金剛さん、ちょっと変わってる人だなって思っちゃう時もあったけど) SS

1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/18(水) 22:40:31.29 ID:3FvvJbh10.net

 

吹雪「特訓…ですか?」

 

金剛「Yes! ブッキーが毎日頑張ってると聞いて…」

 

金剛「ワタシがNew trainingを考えたヨー!」

 

吹雪「えぇっと…あ、ありがとうございます」

 

吹雪「それで、どんな特訓なんですか?」

 

金剛「ふっふっふ…それはー…」

 

金剛「>>5デース!」

 

 

5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/18(水) 22:42:10.75 ID:5TFp7Tisd.net

 

 

 

10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/18(水) 22:47:42.58 ID:3FvvJbh10.net

 

金剛「あー…」

 

吹雪「…金剛さん?」

 

金剛「Sorryブッキー、ちょっとド忘れしちゃったネー…」

 

吹雪「忘れちゃったんですか…」

 

金剛「Hmm…この辺りまで出てるんデスけど…」

 

金剛「まぁとりあえず思い出すまで遊びまショー!」

 

吹雪「えぇっ!?」

 

金剛「ん、今は忙しかったデスか?」

 

吹雪「あっ、いえそうでなく…こ、金剛さんと遊ぶのなんて緊張するなぁって…」

 

金剛「そんなの全然気にしなくてOKネ!」

 

 

11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/18(水) 22:53:00.51 ID:3FvvJbh10.net

 

金剛「ブッキーは何したいデスか?」

 

吹雪「へっ? あ、えーっと…そうですね…」

 

金剛「ワタシはなんでもOKヨー!」

 

吹雪(な、なんでもって言われても困っちゃうなぁ…)

 

吹雪(金剛さんの好きそうな事…あっ、お茶とかどうだろう!)

 

吹雪「あの…」

 

金剛「Oh! そういえば二人しか居ないと出来る事も限られちゃうネ!」

 

金剛「そうと決まれば他に誰か誘ってみまショー!」

 

吹雪「は、はぁ…」

 

金剛「そうデスネー…>>14とか良いかもしれないネー!」

 

 

14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/18(水) 22:55:13.59 ID:Qyrg0e6a0.net

 

BF4

 

 

17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/18(水) 23:01:14.02 ID:3FvvJbh10.net

 

金剛「BF4とか良いかもしれないネー!」

 

吹雪「……えっと、誰ですか?」

 

金剛「ノンノン、人ではないデース!」

 

金剛「BF4とはBattlefield4のことデスヨー、ブッキー!」

 

吹雪「ばとるふぃーるど…って私には何の事か分からないんですけど…」

 

金剛「ワタシも詳しい事は良く分からないのデスが…」

 

金剛「なにやらVery interestingなGameらしいのデース!」

 

吹雪「へぇー、ゲームのタイトルだったんですね」

 

金剛「問題はそのGameがどこにあるかデスネ…」

 

吹雪「そ、それは分からないんですか…」

 

 

19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/18(水) 23:06:13.22 ID:3FvvJbh10.net

 

吹雪「そういえばそのゲームってどこで知ったんですか?」

 

金剛「それがあまり覚えてないのデース…」

 

吹雪「んー、だとすると困りましたね…」

 

吹雪「そういうのに詳しそうな人って居ましたっけ?」

 

金剛「どうでショー? ワタシはモチロン知りまセーン!」

 

吹雪「私も知らないですし…誰かにあたってみるしかないですね」

 

金剛「Good idea! そうした方が良さそうデスネー!」

 

金剛「それなら>>22に聞いてみる事にシマース!」

 

 

22: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/18(水) 23:07:43.35 ID:jtQEPxa50.net

 

えるたそ〜

 

 

25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/18(水) 23:13:34.82 ID:3FvvJbh10.net

 

金剛「えるたそ〜に聞いてみる事にシマース!」

 

吹雪「え、えるたそ…?」

 

金剛「Yes! えるたそ〜ネ!」

 

吹雪「えっと、金剛さんと友人の方とかですか?」

 

金剛「えるたそ〜はワタシのFriendじゃないヨー」

 

吹雪「違うんですか!? てっきりそうなのかと…」

 

金剛「えるたそ〜は何かある度にワタシ、気になりマース!と言うらしいのデス」

 

吹雪「…それと何か関係があるんですか?」

 

金剛「何でも追求しようとするその姿勢…きっと知ってる事も多いはずだと思いマース!」

 

吹雪「な、なるほど…分かったような分からないような…」

 

 

27: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/18(水) 23:17:48.01 ID:3FvvJbh10.net

 

金剛「問題はそのえるたそ〜がどこに居るのか…」

 

吹雪「ってそれも分からないんですか!?」

 

金剛「Yes! 実際に会った事もないデスからネ!」

 

吹雪「じゃあどうするんですか…」

 

金剛「Hmm…誰かに聞いてみる事にしまショー!」

 

吹雪「ちょっ、ちょっと待ってください金剛さん!」

 

金剛「What? それが一番効率的だと思うのデスが…」

 

吹雪「いえ、そうではなくてですね…ばとるふぃーるどの事を聞くために
   えるたそさんに会いに行くのに、そのえるたそさんの事を誰かに
   聞くのは遠回りになってしまうのではないかと…」

 

金剛「Oh! そういわれてみるとそうデスネ! ブッキーの言う通りデース!」

 

 

31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/18(水) 23:24:39.48 ID:3FvvJbh10.net

 

吹雪「あはは…ところで金剛さん、特訓の事は何か思い出しましたか?」

 

金剛「特訓?…Oh! すっかり忘れてたヨー!」

 

金剛「……」

 

金剛「まぁー思い出せないなら諦めるしかないネ!」

 

吹雪「えっ、諦めちゃうんですか…?」

 

金剛「そんなFaceしないでヨー、Training自体を諦めるとは言ってまセーン!」

 

金剛「ワタシが今から他のTrainingを考えてあげマース!」

 

吹雪「今からですか!? それは嬉しいんですけど、私の為に時間を割いてもらうなんて…」

 

金剛「考えマシター!」

 

吹雪「早っ!?」

 

金剛「ふっふっふ、我ながらGood ideaネー…」

 

金剛「ワタシの考えたNew training! それは…>>34!」

 

 

34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/18(水) 23:27:32.51 ID:7/aERg2j0.net

 

ジェットコースターで高負荷に耐える
ついでに遊園地で遊ぶ

 

 

37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/18(水) 23:35:12.64 ID:3FvvJbh10.net

 

金剛「ジェットコースターで高負荷に耐えるTrainingデース!」

 

吹雪「えぇっ、ジェットーコースターですか!?」

 

吹雪「で、でも鎮守府にそんなものはないですよ?」

 

金剛「その点はNo problem! 遊園地に行きまショー!」

 

吹雪「え? えぇぇぇっ!?」

 

金剛「それとついでに遊園地で遊びマース!」

 

吹雪「だ、だめですよ怒られちゃいますって!」

 

金剛「遊園地…ワタシ一度で良いカラ行ってみたかったんデス…!」

 

吹雪(聞いてない…!? というか金剛さんが遊びたいのメインなんじゃ…)

 

金剛「そうと決まれば善はHurry! ブッキー、早速行くヨー!」

 

吹雪「金剛さん!? そ、そんなに手を引っ張らないでくださいぃぃ〜〜…」

 

 

40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/18(水) 23:41:45.30 ID:3FvvJbh10.net

 

金剛「着きマシター!」

 

吹雪(ほ、本当に来ちゃったよぉ…)

 

吹雪(うぅぅ、絶対後で怒られちゃうなぁ…)

 

金剛「ブッキー? そんなにイヤだったデスか…?」

 

吹雪「へっ? あ、いえっ! 全然そんな事」

 

金剛「Oh! やっぱりブッキーも遊園地行ってみたかったんデスネー!」

 

吹雪「そ、そういうわけでも…」

 

金剛「ブッキーブッキー! アレを見てくだサーイ!」

 

金剛「Horseが回ってマース! Wonderful!」

 

吹雪「ああ、メリーゴーランドですか?」

 

 

41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/18(水) 23:48:26.93 ID:3FvvJbh10.net

 

金剛「アレに乗りまショー!」

 

吹雪「えぇっ!? でもあれって子供向けじゃ…」

 

金剛「そうデスかー…じゃあブッキーだけでも乗ってくると良いデスヨ!」

 

吹雪「い、いえっ! 私は良いですからっ!」

 

金剛「残念ネー、ところで他にはどんなAttractionがあるんデスか?」

 

吹雪「んーっと…あっ、ここに案内図がありますよ」

 

金剛「案内板? これでどこに何があるか全て分かるんデスネー…」

 

吹雪「そうですね、金剛さんが気になるのとかあれば…」

 

金剛「Heyブッキー! これなんかどうでショー!」

 

吹雪「どれですか?」

 

金剛「>>44デース!」

 

 

44: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/18(水) 23:51:16.13 ID:t5giI0Vx0.net

 

大鳳強制ストリップショウ

 

 

48: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/18(水) 23:57:55.50 ID:3FvvJbh10.net

 

金剛「大鳳強制ストリップショーデース!」

 

吹雪「な、なんですかこれ…」

 

金剛「大鳳がStripするShowだと思いマース!」

 

吹雪「いやそうではなくてですね!? どうして大鳳さんの名前が…」

 

金剛「ブッキーも気になるデショ?」

 

吹雪「確かに気にはなりますけど…」

 

金剛「それなら行くしかないネー!」

 

吹雪「で、でも本当に大鳳さんが…その…」

 

吹雪「脱いだりしてたらどうするんですか…!?」

 

金剛「Hmm…それはその時に考えまショー!」

 

金剛「とにかく行ってみない事には始まらないヨー!」

 

吹雪「ううーん…そ、それなら私も金剛さん付いて行きます!」

 

金剛「そうこなくっちゃ! それじゃあ早速Let's go!」

 

 

51: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/19(木) 00:07:36.32 ID:mvmtmrbv0.net

 

------
ステージ裏

 

大鳳(うぅ…どうして私がこんな事を…)

 

大鳳(でもストリップショーに出ないと解体って通知が…)

 

大鳳(いえ、誰かの悪戯かもしれないし…そうとも言い切れない…)

 

大鳳(先に提督に確認を取っておくべきだったわね…!)

 

大鳳(でももし仮に悪戯じゃなかったとしたら解体…それは絶対嫌だわ!)

 

大鳳(確認を取らないで勝手に行動した私が悪いの、責任は取るべきね)

 

大鳳(大丈夫よ大鳳、こんなのすぐに終わるわ!)

 

大鳳(そう、お客さんを全部ボーキサイトだと思えば…!)チラッ

 

吹雪「あの、金剛さん…やっぱり帰った方が良いのでは…」

 

金剛「何言ってるデース! 今更引き返せないネー!」

 

大鳳(……!?)サッ

 

大鳳(あ、あれ…今のは私の見間違いよね…?)

 

大鳳(こんなところに金剛さんと吹雪さんが来てるはずがないもの…)

 

 

54: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/19(木) 00:14:34.80 ID:mvmtmrbv0.net

 

大鳳(そうよ、きっと私の見間違いだわ…)

 

大鳳(緊張のし過ぎで見間違いなんてらしくないわよ、大鳳!)

 

大鳳(っていけない! もう私が出る時間が来るわね…!)

 

大鳳(流石に脱ぐのは抵抗があるけど…もうそんな事言ってられないもの!)

 

大鳳(…いい歓声…正規空母大鳳、出撃します!)タッ

 

吹雪「」

 

大鳳「」

 

金剛「Oh! 大鳳じゃないデスかー!」

 

大鳳(や、やっぱり見間違いじゃなかったーーーーっ!)

 

大鳳「違うのっ! これはその…好きでやってるんじゃないわよ!?」

 

吹雪「たっ、大鳳さん!? 何やってるんですか!」

 

金剛「ところでStripするって本当デース?」

 

大鳳(だめだわ…他のお客さんの歓声で二人に聞こえてないし、聞こえない…!)

 

 

56: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/19(木) 00:21:33.48 ID:mvmtmrbv0.net

 

大鳳(こ、こうなったら一時撤退するしかないわっ!)タタッ

 

金剛「あぁっ、行っちゃったネー…恥ずかしくなったのカナ?」

 

吹雪「いや、たぶん目が合ってしまったので気付かれたからだと…」

 

吹雪(というか本当に大鳳さんが…どうしてこんなところに…!?)

 

吹雪「あ、あの…金剛さん!」

 

-----
楽屋

 

大鳳(あぁぁぁぁ…ど、どうしようかしら…)

 

大鳳(二人には後でちゃんと説明するとして…私が去った後のあのブーイングの嵐!)

 

大鳳(これはもう今更戻れなくなっちゃったわ…いっその事鎮守府に帰って…)

 

大鳳(いやいや、何もせずに帰ったら解体かもしれないのよ!?)

 

大鳳(もういっそ鎮守府に帰らず夜逃げするしか…でもそんな事なんて出来ないし…)

 

コンコン

 

大鳳「!? だ、誰…!?」

 

吹雪「あのー…大鳳さんの部屋で合ってますか?」

 

大鳳「そ、その声…吹雪さん?」

 

 

58: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/19(木) 00:27:37.23 ID:mvmtmrbv0.net

 

吹雪「あっ、はい!」

 

大鳳「…分かったわ、今開けるわね」

 

ガチャ

 

大鳳「こんなところまで、どうしたのかしら?」

 

吹雪「あ、えっと…それは…」

 

吹雪(金剛さんと遊びに来た、なんて言えないし…)

 

大鳳「あなたにも何か事情があるようね」

 

吹雪「えっ? 私にもって事は…」

 

大鳳「ええ、実は私…かくかくしかじかで…」

 

吹雪「そ、そんな事があったんですか!?」

 

大鳳「だからもう…私は脱ぐしかないのよ…!」

 

 

60: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/19(木) 00:30:27.13 ID:mvmtmrbv0.net

 

吹雪「ちょっと待ってください、それが悪戯の可能性だって…」

 

大鳳「その可能性もあるけど、もしこれが正式な通知だったら…私は…」

 

ガチャ

 

金剛「Hey大鳳! ブッキーが遅いからワタシも来ちゃったネー!」

 

吹雪・大鳳「こ、金剛さん!?」

 

金剛「大鳳、もっと…もっと自分の身を大切にするデース!」

 

大鳳(や、やっぱり勘違いされてるわ!)

 

吹雪「ちっ、違うんです金剛さん! 実はかくかくしかじかで…」

 

金剛「I see! そんな事があったんデスか!」

 

大鳳「ええ、それで私どうしたら良いのか…」

 

金剛「それじゃあ鎮守府に戻るネー!」

 

吹雪「えぇっ!?」

 

大鳳「こ、金剛さん! あなた私の話を聞いてなかったの…?」

 

金剛「モチロンちゃんと聞いてたヨー?」

 

 

63: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/19(木) 00:36:07.01 ID:mvmtmrbv0.net

 

吹雪「このまま戻ったら、大鳳さんが…」

 

金剛「ふふーん、それはNo Problem!」

 

大鳳「でも…そう言ったって…」

 

金剛「大鳳、テイトクがそんな事言うと思いマスか?」

 

大鳳「そ、それは…」

 

金剛「ワタシ達のテイトクはちょーっとスケベなところもあるけど
   立派なテイトクデショ? やっぱりテイトクを信じるべきデース!」

 

吹雪「金剛さん…」

 

大鳳「……」

 

大鳳「…そうね、私どうかしてたわ」

 

大鳳「目の前の解体の二文字に恐れてあろうことか提督を疑ってしまうなんて…」

 

金剛「分かってくれたようでなによりネー」

 

 

65: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/19(木) 00:43:16.64 ID:mvmtmrbv0.net

 

大鳳「きっとあの通知は誰かの悪戯だったのね…」

 

金剛「そうだと思いマース!」

 

大鳳「ふふっ、なんだか深く考えてた私がバカらしく思えてきちゃったわ!」

 

金剛「Yes! ようやく笑顔になってくれましたネ!」

 

吹雪(金剛さん、ちょっと変わってる人だなって思っちゃう時もあったけど)

 

吹雪(やっぱり私の憧れだなぁ…私も見習わなきゃ!)

 

金剛「それじゃあ皆で鎮守府に帰りまショー!」

 

吹雪「はいっ!」

 

大鳳「ええ!」

 

 

 

 

 

 

その後ストリップ劇場で待機していた変態提督の帰還後、大鳳は解体されたのであった

 

終わり

 

 

66: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/19(木) 00:43:27.60 ID:T6z3QBI10.net

 

おつ

 

 

68: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/19(木) 01:02:10.66 ID:UXcnNWF3d.net

 

バッドエンドかよ

関連ページ

提督「すくなくとも鎮守府の中くらい花粉症には悩まされたくない」
提督「それでいい。腰を据え、ガードを上げて戦え」 天龍「オレはイケるぜ」
提督「長門、ちょっと明石と夕張のとこ行って相談してくる」 SS
提督「正直な、一航戦の誇りはどこへやったかと思ったぞッ!」
吹雪「司令官が、私の事しか見れなくなる方法♪」 艦これSS
五十鈴「五月雨を旗艦に単縦陣でこっちに来る!!」
扶桑「私、那珂ちゃんにいつも元気もらってるから……応援してるわね」 SS
島風「天津風ちゃん、私達ずっと一緒にいようね!」艦これSS
吹雪「酔った勢いで金剛さんにお酒を買いにいかせちゃった」
漣「明石さ〜ん、手っ取り早くご主人様が漣に惚れる薬とかありませんか?」 艦これSS
金剛「あまりに騒がしくて掟破りの支援艦隊を呼んでしまいマシター!」
赤城「提督に必要にされている……それだけで十分です」 艦これSS
高雄「私、ちょっと歩き疲れちゃいました…////」 提督「ん…。今日は、もう帰るか?」
提督「雲龍! 絶対に幸せにしてやるからな!」 艦これSS
如月「お願い…いまは…如月の部屋から出ていってぇ…!」SS
翔鶴「どうすれば良いのかしらね、瑞鶴・・・」 瑞鶴「きっと提督さんにも事情があるのよ!」
提督「耳まで赤くなってるから。顔隠しきれてないし」 愛宕「……言わないの」
大井「重要なお話をわざわざ耳の多い間宮でするんですか?」 提督「先日のお詫びをさせて頂きたいとも思っています」
祥鳳「盛んなお年頃ですものね。仕方ありませんね。提督は」
島風「うん・・・まぁ、提督と一緒にいられるなら良いけど」 艦これSS
吹雪「け、軽空母が、たった数発で炎上した…!?」 夕立 「あ、あり得ないっぽい…!」 SS
鈴谷「あー! 熊野も駄目だったかー! どんまい、提督!」 SS
敷波「でもさ、あんな乱暴なのってさ、吹雪には出来ないでしょ?」
武蔵「一人百面相か?見ていて飽きないな」艦これSS
雷「ずっるーい!! 私も提督に膝枕してくる!!」 天龍「はぁ、……とりあえず叢雲と加賀呼んでくるわ」
提督「艦娘を率いる提督が艦娘より弱い訳がないだろう」 SS
青葉「居酒屋『鳳翔』……。いつ頃から、やっているんでしたっけ」 SS
明石「ここひと月の記録だと沖ノ島沖に参加したと」 鈴谷「そこでMVPももらいました」

ホーム RSS購読 サイトマップ