提督「雲龍! 絶対に幸せにしてやるからな!」 艦これSS

提督「雲龍! 絶対に幸せにしてやるからな!」 艦これSS

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 22:17:18.04 ID:iT19Kaur0

 

提督「(雲龍がこの鎮守府に来てくれて)」

 

提督「(しばらく経った)」

 

提督「(今では俺の秘書艦をしてくれている)」

 

提督「(美しい色の、ふわふわとした髪を持った彼女は)」

 

提督「(とても真面目で、可愛い艦娘だ)」

 

提督「(おまけに強いし、色々と俺の面倒を見てくれるし)」

 

提督「(優しいし)」

 

提督「(優しいし)」

 

提督「(しかしだな・・・)」

 

 

 

 

 

提督「(恰好がエロい!!)」

 

 

 

 

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 22:21:34.65 ID:iT19Kaur0

 

提督「(はち切れんばかりのビッグ・ティッツ!)」

 

提督「(素晴らしいシェイプをした臍! お腹!)」

 

提督「(パンツが見えそう!)」

 

提督「(なんて綺麗な脚をしているんだ!)」

 

提督「(この前、彼女が大破したときは本当にヤバかった・・・)」

 

 

 

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 22:30:31.14 ID:iT19Kaur0

 

雲龍『提督、ただいま戻りました・・・』

 

提督『!?』

 

提督『(お、おっぱいが!)』

 

提督『(パンツも見えているぞ!)』

 

提督『(い、いかん! 彼女は命がけで戦場にいるのだ!)』

 

提督『(こんなヨコシマな感情を抱くのは、不謹慎だ!)』

 

雲龍『あの・・・提督?』

 

提督『い、いや、なんでもないよ』

 

提督『それより早く入渠してきなさい、ボロボロじゃないか』

 

雲龍『はい・・・』

 

提督『この後はゆっくり休んでくれ』

 

提督『今日の活躍は見事なものだったよ』

 

提督『頼りにしているよ』

 

雲龍『そう? ありがとう』ニコ

 

提督『(可愛い!)』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

提督「なんて感じだったからな・・・」

 

 

 

 

 

 

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 22:33:56.66 ID:iT19Kaur0

 

提督「俺は彼女のことが頭から離れない」

 

提督「いつも彼女のことを考え」

 

提督「目で追っている気がする」

 

提督「・・・・・・」

 

提督「・・・俺は病気なんだろうか?」

 

提督「なんて綺麗なんだ」

 

提督「なんて美しいんだ」

 

提督「生まれてきてくれてありがとう」

 

提督「俺に優しくしてくれてありがとう」

 

提督「雲龍・・・」

 

 

 

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 22:37:29.15 ID:iT19Kaur0

 

提督「雲龍、ちょっと良いか?」

 

雲龍「はい、なんですか?」

 

提督「その、最近調子はどうだ?」

 

雲龍「えっと、別に問題はないけど・・・」

 

提督「あ、天城は元気にしているか?」

 

雲龍「えぇ、とても元気よ?」

 

雲龍「つい最近改二になったでしょう?」

 

雲龍「とても喜んでいたわ」

 

提督「そうか、それは良かった」

 

 

 

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 22:40:41.37 ID:iT19Kaur0

 

雲龍「天城も提督に感謝をしていたけど」

 

雲龍「私も感謝しているのよ?」

 

提督「え?」

 

雲龍「妹に、もう一度会わせてくれてありがとう」

 

雲龍「私、これからも頑張るわ」ニコ

 

提督「お、おぅ・・・ (可愛い!)」

 

雲龍「さ、書類の続きをしましょうか」

 

提督「そうだな」

 

 

 

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 22:46:46.26 ID:iT19Kaur0

 

提督「」カキカキ

 

雲龍「」カキカキ

 

提督「(あぁ、本当にきれいだな・・・)」チラ

 

雲龍「」カキカキ

 

提督「(心を奪われる・・・)」ジー

 

雲龍「?」チラ

 

雲龍「提督? 私の顔に何かついています?」

 

提督「い、いやなんでもないよ」プイ

 

提督「」カキカキ

 

雲龍「・・・・・・」

 

 

 

 

 

雲龍「ふふ・・・・・・」

 

 

 

 

 

 

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 22:50:07.28 ID:iT19Kaur0

 

雲龍「提督、もうお昼ですね」

 

提督「お、もうそんな時間か」

 

雲龍「私がご用意しますね」

 

提督「いつも本当にすまんな」

 

雲龍「いえいえ、気にしないで下さい」

 

雲龍「今日は少し、手の込んだものをご用意しますね」

 

提督「お、楽しみだな!」

 

雲龍「ふふ・・・」

 

 

 

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 22:52:57.74 ID:iT19Kaur0

 

雲龍「・・・・・・」

 

 

 

 

 

トントントン     カーッ・・・・・・

 

 

 

 

 

雲龍「・・・・・・」

 

 

 

 

 

シャリシャリシャリ・・・・・・

 

 

 

 

 

雲龍「・・・・・・」

 

 

 

 

 

グツグツグツ・・・・・・

 

 

 

 

 

雲龍「・・・・・・」

 

雲龍「・・・・・・・・・」

 

 

 

 

 

 

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 23:00:49.96 ID:iT19Kaur0

 

雲龍「提督、お待たせしました」

 

雲龍「今日は肉じゃがを作ってみました」スッ

 

提督「おぉ! 美味そうだな!」

 

雲龍「どうぞ、召し上がれ」

 

提督「いただきます!」

 

雲龍「・・・美味しい?」

 

提督「ん! 美味いよこれ!」パクパク

 

提督「良い味付けだ!」

 

提督「(なんて美味いんだ・・・なんて優しい味付けなんだ・・・!)」

 

提督「(美味い・・・美味い・・・!)」

 

提督「(いくらでも食える・・・!)」

 

提督「(心も、胃袋も満たされていく・・・)」

 

雲龍「そう・・・良い味付けですか」

 

雲龍「ふふ・・・」ニコ

 

雲龍「それは」

 

 

 

 

 

雲龍「嬉しいですね」

 

 

 

 

 

 

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 23:03:33.11 ID:iT19Kaur0

 

提督「いやぁ、すごく美味しかったよ!」

 

提督「雲龍はすごいな!」

 

雲龍「ふふ、ありがとうございます」

 

提督「よし! やる気がでてきたぞ!」

 

提督「午後も頑張ろう、雲龍!」

 

雲龍「はい」

 

 

 

 

 

雲龍「頑張ります」

 

 

 

 

 

 

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 23:05:11.34 ID:iT19Kaur0

 

雲龍さんのハイライト吸ってきます

 

 

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 23:17:09.76 ID:iT19Kaur0

 

提督「」カキカキ

 

雲龍「」カキカキ

 

提督「ドラム缶が少し減ってきているな・・・」

 

雲龍「」チラ

 

提督「遠征の予定を・・・」カキカキ

 

雲龍「・・・・・・」

 

 

 

 

 

雲龍「(・・・・・・)」

 

雲龍「(・・・・・・・・・)」

 

 

 

 

 

 

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 23:19:56.74 ID:iT19Kaur0

 

雲龍「提督、お茶を淹れました」

 

雲龍「どうぞ」コト

 

提督「おぉ、すまないな」

 

提督「」ズズ

 

提督「ふぅ・・・いつも美味しいお茶、ありがとうな」

 

雲龍「いえいえ」

 

提督「さぁ、もう一踏ん張りだな」

 

提督「えーと、これは・・・」カキカキ

 

 

 

 

 

雲龍「・・・・・・」

 

 

 

 

 

 

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 23:25:45.22 ID:iT19Kaur0

 

提督「よし、一区切りついたな」

 

提督「あ、雲龍」

 

提督「夕食前にお風呂に入ってきなさい」

 

雲龍「良いんですか?」

 

提督「おぅ、こう一日中座ったままじゃ」

 

提督「肩も凝りだろうしな」

 

提督「体の疲れをとってきてくれ」

 

雲龍「そう・・・わかったわ」

 

雲龍「では、お言葉に甘えて」

 

雲龍「・・・あ、提督」

 

提督「ん? なんだ?」

 

雲龍「一緒に入る?」

 

提督「な!? そんなことするわけないだろ!」

 

雲龍「そう? 残念・・・」

 

提督「(ドキッとしたじゃないか! 天然なんだかなんなんだか!)」

 

雲龍「ふふ・・・」

 

 

 

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 23:30:42.24 ID:iT19Kaur0

 

雲龍「・・・・・・」

 

 

 

 

 

シャァーーーーー     パシャパシャパシャ・・・・・・

 

 

 

 

 

雲龍「・・・・・・」

 

 

 

 

 

キュッ     ピチャ   ピチャ   ピチャ     チャプ・・・・・・

 

 

 

 

 

雲龍「はぁー・・・・・・」

 

 

 

 

 

チャプチャプ     パシャ・・・・・・

 

 

 

 

 

雲龍「・・・・・・」

 

雲龍「・・・提督」

 

 

 

 

 

 

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 23:37:03.41 ID:iT19Kaur0

 

雲龍「提督、時雨から差し入れがありました」

 

雲龍「てんぷらですね」

 

提督「お、良いね」

 

雲龍「私はおにぎりとお味噌汁を作っておきましたから」

 

雲龍「一緒に食べて下さい」

 

提督「ありがとうな、じゃあいただきます」

 

雲龍「では私も」

 

提督「」パクパク

 

雲龍「」モグモグ

 

提督「うん、美味しいな」

 

雲龍「はい」

 

提督「なんかホッとする味だよ」

 

雲龍「私もそう思います」

 

提督「」モグモグ

 

雲龍「」ニコ

 

 

 

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 23:41:53.08 ID:iT19Kaur0

 

提督「ごちそうさまでした」

 

雲龍「では、片付けますね」スッ

 

提督「あぁ、すまないな」

 

提督「!?」

 

提督「(雲龍が前屈みになって)」

 

提督「(胸の谷間が!)」

 

提督「(こ、これは・・・!)」ジー

 

雲龍「?」チラ

 

雲龍「どうしたの? 私の胸を見つめて」

 

雲龍「そんなに興味があるの?」

 

提督「い、いや違うんだ!」

 

提督「気にしないでくれ、な?」

 

雲龍「そう・・・」

 

雲龍「・・・・・・」

 

 

 

 

 

雲龍「ふふ・・・・・・」

 

 

 

 

 

 

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 23:47:36.85 ID:iT19Kaur0

 

提督「よし、今日は早めに終わったな」

 

雲龍「そうですね」

 

提督「雲龍はもう休んで良いぞ」

 

提督「ゆっくりしてくれ」

 

雲龍「あ、提督」

 

提督「ん?」

 

雲龍「その、久しぶりに飲みませんか?」

 

提督「良いのか?」

 

提督「あ、それなら天城も・・・」

 

 

 

 

 

雲龍「ダメよ」

 

 

 

 

 

 

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 23:50:20.84 ID:iT19Kaur0

 

提督「えっ」

 

雲龍「あ・・・」

 

雲龍「あ、天城は何か用事があるって言っていたから・・・」

 

提督「そ、そうなのか」

 

提督「じゃあ、2人で飲もうか」

 

雲龍「はい」

 

提督「俺の部屋で良いかな?」

 

雲龍「はい、良いですよ」

 

雲龍「うふふ、楽しみだわ・・・」

 

提督「嬉しいことを言ってくれるな」

 

 

 

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 23:53:33.87 ID:iT19Kaur0

 

提督「うん、美味い」

 

雲龍「本当に久しぶりね」

 

提督「あぁ」

 

提督「雲龍と飲む酒は本当に美味い」

 

雲龍「ありがとう」

 

提督「ほら、もっと飲みなさい」トクトク

 

雲龍「どうも」

 

提督「」クイ

 

提督「あぁー! しもるなぁ!」

 

雲龍「うふふ」

 

雲龍「ん・・・」クイ

 

 

 

27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 23:58:07.39 ID:iT19Kaur0

 

提督「・・・・・・」

 

雲龍「・・・・・・」

 

提督「・・・静かな夜だな」

 

雲龍「えぇ、この静けさは好きだわ」

 

提督「そうだな」

 

提督「・・・・・・」

 

提督「こうやって2人でいるとさ」

 

提督「本当に落ち着くよ」

 

雲龍「そう・・・」

 

雲龍「私もそう思うわ」

 

提督「へへ」ニコ

 

雲龍「うふふ・・・」ニコ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

― 執務室 ―

 

 

天城「あっ・・・あっ・・・んうぅっ!///」モゾモゾ

 

 

 

 

 

 

29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/26(木) 00:04:26.00 ID:5K/FzzaD0

 

提督「雲龍がここに来てから、しばらく経ったよな」

 

雲龍「そうね」

 

提督「本当、時が経つのは早いよ」

 

雲龍「えぇ」

 

提督「君には、いつもお世話になってきたな」

 

提督「いつもみんなを支えてくれて」

 

提督「今の艦隊があるのは、君のおかげだよ」

 

雲龍「そ、そんな・・・言い過ぎよ」

 

提督「そんなことないさ」

 

提督「俺は、もう・・・」

 

提督「君無しではダメかもしれない・・・」

 

雲龍「えっ!?///」

 

 

 

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/26(木) 00:12:00.08 ID:5K/FzzaD0

 

提督「この間の出撃で、練度が最大限になっただろ?」

 

雲龍「えぇ、おかげさまで・・・」

 

提督「雲龍、これを・・・君に」スッ

 

雲龍「えっ・・・これは・・・指輪・・・?」

 

提督「雲龍、愛している」

 

提督「是非、俺とケッコンしてくれないか?」

 

雲龍「そんな・・・あの、何故私なのでしょうか?」

 

雲龍「他にもっと良い娘はいると思いますよ?」

 

提督「君じゃなきゃダメなんだ」

 

提督「ずっと、君のことを見ていたんだ」

 

提督「う、受け取ってくれ!」

 

雲龍「・・・・・・」

 

雲龍「提督・・・」

 

雲龍「・・・わかりました」

 

雲龍「こちらこそ、是非ケッコンして下さい!」

 

雲龍「大切にしますね・・・!」ニコ

 

提督「雲龍・・・!」

 

 

 

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/26(木) 00:16:01.39 ID:5K/FzzaD0

 

提督「ばんざーい! ばんざーい!」

 

提督「俺はやったぞー!」

 

提督「こんな綺麗な娘とケッコンできたぞー!」

 

提督「やったー!」

 

雲龍「もう、提督ったら・・・」

 

提督「雲龍! 絶対に幸せにしてやるからな!」

 

雲龍「!」

 

提督「これからもよろしくな!」

 

雲龍「・・・はい」

 

雲龍「こちらこそ、よろしくお願いします」

 

提督「へへへ!」

 

雲龍「うふふ・・・」

 

 

 

32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/26(木) 00:24:37.58 ID:5K/FzzaD0

 

提督「」カキカキ

 

雲龍「」カキカキ

 

提督「ふぅ・・・」

 

雲龍「・・・提督、少し疲れていないですか?」

 

提督「ん? あぁ、ちょっと肩がな」コキコキ

 

雲龍「あまり無理をしないで下さいね?」

 

雲龍「私も頑張りますから」

 

提督「ありがとう、雲龍」

 

提督「・・・雲龍、俺達」スッ

 

提督「ずっと一緒にいような?」

 

雲龍「もちろんです、私はずっと・・・」

 

 

 

 

 

雲龍「提督の傍にいますから・・・」

 

 

 

 

 

提督「ふふ・・・」

 

雲龍「うふふ・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

― 提督私室 ―

 

 

天城「んあぁぁぁっ!///」ビクンビクン

 

天城「ふぅ・・・ふぅ・・・///」

 

憲兵「・・・・・・」

 

天城「あ」

 

 

 

 

 

 

 

 

ウゥーウ!!     ファンファンファン!

 

 

 

 

 

 

 

 

――― 終 ―――

 

 

 

33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/26(木) 00:41:19.35 ID:fb85nfc+0

 

ハイライト提督乙!

 

 

35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/26(木) 08:13:21.94 ID:WacG9It0o

 

_(:3」∠)_ 「んあぁぁぁっ!///」

 

 

36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/26(木) 10:06:40.27 ID:7pxzi9kAO

 

ハイライトアブソーバー>>1乙

関連ページ

提督「すくなくとも鎮守府の中くらい花粉症には悩まされたくない」
提督「それでいい。腰を据え、ガードを上げて戦え」 天龍「オレはイケるぜ」
提督「長門、ちょっと明石と夕張のとこ行って相談してくる」 SS
提督「正直な、一航戦の誇りはどこへやったかと思ったぞッ!」
吹雪「司令官が、私の事しか見れなくなる方法♪」 艦これSS
五十鈴「五月雨を旗艦に単縦陣でこっちに来る!!」
扶桑「私、那珂ちゃんにいつも元気もらってるから……応援してるわね」 SS
島風「天津風ちゃん、私達ずっと一緒にいようね!」艦これSS
吹雪「酔った勢いで金剛さんにお酒を買いにいかせちゃった」
漣「明石さ〜ん、手っ取り早くご主人様が漣に惚れる薬とかありませんか?」 艦これSS
金剛「あまりに騒がしくて掟破りの支援艦隊を呼んでしまいマシター!」
赤城「提督に必要にされている……それだけで十分です」 艦これSS
高雄「私、ちょっと歩き疲れちゃいました…////」 提督「ん…。今日は、もう帰るか?」
如月「お願い…いまは…如月の部屋から出ていってぇ…!」SS
翔鶴「どうすれば良いのかしらね、瑞鶴・・・」 瑞鶴「きっと提督さんにも事情があるのよ!」
提督「耳まで赤くなってるから。顔隠しきれてないし」 愛宕「……言わないの」
吹雪(金剛さん、ちょっと変わってる人だなって思っちゃう時もあったけど) SS
大井「重要なお話をわざわざ耳の多い間宮でするんですか?」 提督「先日のお詫びをさせて頂きたいとも思っています」
祥鳳「盛んなお年頃ですものね。仕方ありませんね。提督は」
島風「うん・・・まぁ、提督と一緒にいられるなら良いけど」 艦これSS
吹雪「け、軽空母が、たった数発で炎上した…!?」 夕立 「あ、あり得ないっぽい…!」 SS
鈴谷「あー! 熊野も駄目だったかー! どんまい、提督!」 SS
敷波「でもさ、あんな乱暴なのってさ、吹雪には出来ないでしょ?」
武蔵「一人百面相か?見ていて飽きないな」艦これSS
雷「ずっるーい!! 私も提督に膝枕してくる!!」 天龍「はぁ、……とりあえず叢雲と加賀呼んでくるわ」
提督「艦娘を率いる提督が艦娘より弱い訳がないだろう」 SS
青葉「居酒屋『鳳翔』……。いつ頃から、やっているんでしたっけ」 SS
明石「ここひと月の記録だと沖ノ島沖に参加したと」 鈴谷「そこでMVPももらいました」

ホーム RSS購読 サイトマップ