扶桑「私、那珂ちゃんにいつも元気もらってるから……応援してるわね」 SS

扶桑「私、那珂ちゃんにいつも元気もらってるから……応援してるわね」 SS

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 23:15:20.30 ID:E/WrrdC0o

 

提督「珍しいな、溜息なんてついて」

 

那珂「あっ、提督! たたた溜息なんてついてないよ!? 那珂ちゃんはア

 

イドルだもん!」

 

提督「いやついてただろ」

 

那珂「ついてないよ!アイドルは人前で溜息なんてつかないもん!」

 

提督「…………」

 

那珂「…………」

 

提督「……憂いのあるアイドルってのも良いと思うなー」ボソッ

 

那珂「!?」

 

 

 

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 23:16:53.43 ID:E/WrrdC0o

 

提督「…………」

 

那珂「…………」

 

提督「…………」

 

那珂「……はあ…………」

 

提督「どうしたんだ那珂、溜息なんかついて」

 

那珂「提督……実はね……」

 

提督(ちょろい)

 

 

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 23:19:00.87 ID:E/WrrdC0o

 

提督「アイドルとして今一つ?」

 

那珂「そうなんだよね……」

 

提督「今一つって……何を今更」

 

那珂「ひっどーい!それは那珂ちゃん流石に傷付いちゃうよ!?」

 

提督「あ、ああ、すまん……」

 

提督「だが、なんでそう思うんだ?」

 

那珂「えっとね……何か一部の娘からの反応が微妙っていうか……」

 

提督「一部の娘って……まあ万人から好かれるってのはあり得ないし、当然だろ」

 

那珂「それはそうなんだけどお……好き嫌い以前の問題っていうか……」

 

提督「好き嫌い以前?」

 

那珂「うん……例えば……」

 

 

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 23:20:33.12 ID:E/WrrdC0o

 

……

 

…………

 

………………

 

 

那珂「野分ちゃーん!」

 

野分「あ、お疲れ様です、那珂さん」

 

那珂「もー、さん付けだなんて固いなあ、那珂ちゃんはアイドルなんだから、ちゃん付けで良いんだよっ☆」

 

野分「ちゃ、ちゃん付け……ですか?」

 

那珂「そうだよっ☆」

 

野分「そ、それは流石に……」

 

 

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 23:22:00.36 ID:E/WrrdC0o

 

那珂「ええー、那珂ちゃんはその方が良いのになー」

 

野分「う……」

 

那珂「…………」←期待の眼差し

 

野分「…………」

 

那珂「…………」

 

野分「な、那珂…………ちゃ……」

 

那珂「……!」

 

 

野分「……すみませんっ!野分にはできません!」ダッシュ

 

那珂「ええっ!?野分ちゃん!?野分ちゃーん!」

 

 

………………

 

…………

 

……

 

 

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 23:25:40.70 ID:E/WrrdC0o

 

那珂「ということがあって」

 

提督「……別にちゃん付けじゃなくてもいいんじゃね?」

 

那珂「那珂ちゃんはみんなから親しまれるアイドルになりたいの!」

 

提督「まあ、野分は真面目だしな……」

 

那珂「そうそう、真面目と言えば……」

 

提督「まだあるのか?」

 

 

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 23:26:55.37 ID:E/WrrdC0o

 

……

 

…………

 

………………

 

 

三日月「あ、那珂さん、こんにちは」

 

那珂「三日月ちゃんやっほー☆」

 

那珂「三日月ちゃんも那珂ちゃんのこと、さん付けじゃなくてちゃん付けで呼んでほしいなーって」

 

三日月「ちゃ、ちゃん付けですか?」

 

那珂「そうだよ☆」

 

三日月「わ、分かりました……えっと、それじゃあ……」

 

三日月「これからも頑張ってください!応援してますね、那珂ちゃんさん!」

 

那珂「えっ」

 

三日月「えっ」

 

 

………………

 

…………

 

……

 

 

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 23:28:12.60 ID:E/WrrdC0o

 

提督「真面目かっ!」

 

那珂「まあ、素なんだろうけどお……」

 

提督「うん……まあ、しょうがないさ……応援はしてくれてるんだし、良いじゃないか」

 

那珂「まあそうなんだけどね」

 

那珂「あっ、応援と言えば……」

 

提督「次は何だよ……」

 

 

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 23:29:32.59 ID:E/WrrdC0o

 

……

 

…………

 

………………

 

 

那珂「扶桑さーん」

 

扶桑「あら、那珂ちゃん……」

 

那珂「今度またライブやる予定なんです!またぜひ見に来てくださいね☆」

 

扶桑「そうなの……頑張ってね、那珂ちゃん」

 

扶桑「私、那珂ちゃんにいつも元気もらってるから……応援してるわね」

 

扶桑「ふれっふれっ那珂ちゃんっ、ふれっふれっ那珂ちゃんっ」

 

那珂「あ、ありがとー……」

 

 

………………

 

…………

 

……

 

 

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 23:30:21.70 ID:E/WrrdC0o

 

那珂「…………」

 

提督「…………」

 

那珂「扶桑さんに応援されたのはすごく嬉しいんだけど……」

 

提督「ああ……」

 

 

提督・那珂(なんかすごく切実な感じがして切なくなる……)

 

 

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 23:33:06.87 ID:E/WrrdC0o

 

提督「っていうかマジでライブとかやってたんだな」

 

那珂「提督も来てっていつも言ってるじゃないですかあ!」

 

提督「いや、ギャグかと思ってた」

 

那珂「ひ、酷い……握手会とかも企画してるのに……」

 

提督(誰が来るんだ……ほとんど艦娘しかいないのに)

 

那珂「あっ、握手と言えば、この前出撃した時……」

 

 

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 23:34:47.65 ID:E/WrrdC0o

 

……

 

…………

 

………………

 

 

那珂「いつもありがとー!」ボカーン

 

榛名「えっ、那珂さん、深海棲艦にお礼を言うようなことをされてるんですか?」

 

那珂「ちょ、ちょっと榛名さん前見て前!あと那珂ちゃんって呼んで!」

 

 

 

那珂「握手や写真はいいけどぉ、贈り物は鎮守府を通してね♪」ドカーン

 

榛名「えっ、那珂さん、深海棲艦と握手したことあるんですか!?」

 

那珂「榛名さん前!前見てください前!あと那珂ちゃんって呼んでってば!」ドカーン

 

 

 

………………

 

…………

 

……

 

 

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 23:36:17.81 ID:E/WrrdC0o

 

提督「…………」

 

那珂「…………」

 

提督「…………」

 

那珂「……あとね?」

 

提督「次は何だよ!」

 

 

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 23:38:59.86 ID:E/WrrdC0o

 

……

 

…………

 

………………

 

 

Bismarck「私が一番ですって?何言ってるの、あたりまえじゃない。良いのよ?もっと褒めても」

 

那珂「…………」

 

 

 

………………

 

…………

 

……

 

 

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 23:40:04.32 ID:E/WrrdC0o

 

那珂「あのセリフを聞くと、某アイドルゲーの某自信過剰僕っ娘アイドルに重なっちゃって……」

 

提督「それはこじつけだろ……」

 

那珂「そのうち『ふふーん、当然ですね、僕が一番強いんですから』とか言い出したり」

 

提督「それ以上いけない」

 

提督「っていうかそういうこと言い出したらキリがないし」

 

 

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 23:41:46.25 ID:E/WrrdC0o

 

那珂「っていうかもうこの際だから言っちゃおうと思うんだけどー……」

 

提督「何だ?」

 

那珂「極めつけは提督だよ!」

 

提督「俺?」

 

那珂「そうだよ!那珂ちゃんのことは『那珂ちゃん』って呼んでって言ってるのにいっつも呼び捨てだし!」

 

提督「そんなこと言われてもな……」

 

 

提督「俺にとって那珂はアイドルである前に…………」

 

 

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 23:43:21.95 ID:E/WrrdC0o

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

提督「一人の部下だからな」

 

 

 

 

 

 

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 23:44:32.16 ID:E/WrrdC0o

 

那珂「ずこーっ!」

 

 

提督「おいおい、流石に今時のアイドルとしてそのリアクションはどうかと思うぞ」

 

那珂「それも提督のせい!」

 

那珂「普通そこは『一人の女の子としてしか見れない』とかでしょ!?」

 

提督「いや全然そんなことないし」

 

那珂「まあ言われても那珂ちゃんアイドルだから困っちゃうけど!」

 

 

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 23:45:12.06 ID:E/WrrdC0o

 

那珂「あーもーやだーっ!もっと新しい可愛いお洋服とかも着たいのに―!」

 

提督「しょうがないだろ、それがお前の制服なんだから」

 

那珂「だったら早く改二にしてよお」

 

提督「いや、それは無理だ」

 

那珂「何で?」

 

 

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 23:46:00.23 ID:E/WrrdC0o

 

提督「だってお前、練度低いじゃん」

 

 

那珂「」←レベル6

 

 

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 23:46:48.43 ID:E/WrrdC0o

 

那珂「それもこれも全部提督のせいじゃん!せめて遠征くらいには使ってよー!」

 

提督「いや無理、軽巡は足りてるし」

 

那珂「う、ううー……」

 

那珂「提督のバカーっ!」ダッシュ

 

提督「あっ、おい、戻ってこい那珂、那珂ーっ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

提督「那珂ちゃーーーーん!!!」

 

 

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 23:47:31.56 ID:E/WrrdC0o

 

那珂「なになに?那珂ちゃんに何か用?」スイッ

 

提督(やっぱちょろいわ)

 

 

 

 

 

おわり

 

 

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 23:49:03.92 ID:E/WrrdC0o

 

野分が那珂さんって呼ぶから勢いで書いた、今は反省してる
那珂ちゃん提督の皆さんごめんなさい

 

 

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 23:49:37.61 ID:rSLlwC2po

 

おつおつ
那珂わいい

 

 

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/25(水) 23:50:33.29 ID:XRkkvPkso

 

乙 那珂ちゃんきゃわわ

 

 

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/26(木) 06:25:09.84 ID:wlwBxcs1o

 

ちょっと元気が有り余ってちょろカワイイくらいがベスト那珂ちゃんだから謝る必要なんてないぞ

関連ページ

提督「すくなくとも鎮守府の中くらい花粉症には悩まされたくない」
提督「それでいい。腰を据え、ガードを上げて戦え」 天龍「オレはイケるぜ」
提督「長門、ちょっと明石と夕張のとこ行って相談してくる」 SS
提督「正直な、一航戦の誇りはどこへやったかと思ったぞッ!」
吹雪「司令官が、私の事しか見れなくなる方法♪」 艦これSS
五十鈴「五月雨を旗艦に単縦陣でこっちに来る!!」
島風「天津風ちゃん、私達ずっと一緒にいようね!」艦これSS
吹雪「酔った勢いで金剛さんにお酒を買いにいかせちゃった」
漣「明石さ〜ん、手っ取り早くご主人様が漣に惚れる薬とかありませんか?」 艦これSS
金剛「あまりに騒がしくて掟破りの支援艦隊を呼んでしまいマシター!」
赤城「提督に必要にされている……それだけで十分です」 艦これSS
高雄「私、ちょっと歩き疲れちゃいました…////」 提督「ん…。今日は、もう帰るか?」
提督「雲龍! 絶対に幸せにしてやるからな!」 艦これSS
如月「お願い…いまは…如月の部屋から出ていってぇ…!」SS
翔鶴「どうすれば良いのかしらね、瑞鶴・・・」 瑞鶴「きっと提督さんにも事情があるのよ!」
提督「耳まで赤くなってるから。顔隠しきれてないし」 愛宕「……言わないの」
吹雪(金剛さん、ちょっと変わってる人だなって思っちゃう時もあったけど) SS
大井「重要なお話をわざわざ耳の多い間宮でするんですか?」 提督「先日のお詫びをさせて頂きたいとも思っています」
祥鳳「盛んなお年頃ですものね。仕方ありませんね。提督は」
島風「うん・・・まぁ、提督と一緒にいられるなら良いけど」 艦これSS
吹雪「け、軽空母が、たった数発で炎上した…!?」 夕立 「あ、あり得ないっぽい…!」 SS
鈴谷「あー! 熊野も駄目だったかー! どんまい、提督!」 SS
敷波「でもさ、あんな乱暴なのってさ、吹雪には出来ないでしょ?」
武蔵「一人百面相か?見ていて飽きないな」艦これSS
雷「ずっるーい!! 私も提督に膝枕してくる!!」 天龍「はぁ、……とりあえず叢雲と加賀呼んでくるわ」
提督「艦娘を率いる提督が艦娘より弱い訳がないだろう」 SS
青葉「居酒屋『鳳翔』……。いつ頃から、やっているんでしたっけ」 SS
明石「ここひと月の記録だと沖ノ島沖に参加したと」 鈴谷「そこでMVPももらいました」

ホーム RSS購読 サイトマップ