提督「それでいい。腰を据え、ガードを上げて戦え」 天龍「オレはイケるぜ」

提督「それでいい。腰を据え、ガードを上げて戦え」 天龍「オレはイケるぜ」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/12(木) 22:09:04.31 ID:S/EWDwfeo

 

キャラ崩壊注意
注意してください

 

 

 

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/12(木) 22:09:46.55 ID:S/EWDwfeo

 

提督の表情は、妙に沈んでいる。

 

長門「どうしたんだ」

 

提督「言おう言おうと思っていたが」

 

 

―――――――――――――――――

 

辞令

 

A鎮守府 提督
○年×月をもって 海軍辺境支部 資料室 勤務を命ず

 

海軍大臣 宇見 海太郎

 

―――――――――――――――――

 

 

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/12(木) 22:11:30.57 ID:S/EWDwfeo

 

金剛「嘘デース。これは夢…フィクションに決まっていマス」

 

長門「辞令か」

 

加賀「さみしくなるわね」

 

比叡「お姉さま落ちついて」

 

金剛「比叡、私に肛門に魚雷を刺してクダサーイ…夢から覚めるとオモモモイマス」

 

金剛「ファック!」

 

 

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/12(木) 22:14:09.41 ID:S/EWDwfeo

 

【武道・格闘技場】
戦場での不測の事態に備え、接近戦の訓練も行われる。
訓練への参加は、個人の判断に委ねられている。

 

不知火「まいった」

 

提督「不知火君はスタミナが足りない。技術はあるから頑張って」

 

不知火「ありがとうございました」

 

提督「次、大和君」

 

大和「戦艦大和。推して参ります」

 

 

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/12(木) 22:16:16.32 ID:S/EWDwfeo

 

長門「今日の提督は気合いが入ってるな」

 

球磨「しごきがハンパないクマ。疲労困憊クマ…」

 

足柄「かなり厳しい感じよねー足腰ガタガタ」

 

長門「提督に転属の辞令が出たからだろうな。我々に対する愛情なのかもしれん」

 

加賀「愛の鞭ですか。気分が高翌揚します…フフッ」

 

 

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/12(木) 22:18:17.32 ID:S/EWDwfeo

 

大和「おふっ…参りました」

 

提督「ガードが緩いよ、気をつけて」

 

大和「ありがとうございました」

 

提督「次、天龍君」

 

天龍君「よっし!行くぜ、覚悟しろよ」

 


……
………

 

 

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/12(木) 22:20:01.61 ID:S/EWDwfeo

 

天龍「はっ!…痛っぁあああ!」

 

提督「目が覚めたようだね」

 

天龍「ひぃ…痛っ…」

 

提督「湿布は貼っておいたからね。すぐに治ると思うよ」」

 

天龍「提督にコテンパンにやられたぜ」

 

提督「君は接近戦もやるからね。しっかり練習しておかないとね」

 

 

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/12(木) 22:21:21.07 ID:S/EWDwfeo

 

提督「いいんだよ。それより、天龍君…本当に大丈夫かい?」

 

天龍「何がだよ?オレは無敵だぜ」

 

提督「僕はね……出来ることなら転属したくないんだ。君のことが心配で…」

 

天龍「………」

 

提督「無茶して、単独で突撃したりしない?敵艦にやり返してやれる? 」

 

天龍「バカにすんなよ!提督なんざ、いなくてもバッチリやれるに決まってんだろ!」

 

提督「そうか…よかった」

 

 

数日後、鎮守府で送迎会が行われた。

 

 

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/12(木) 22:22:21.90 ID:S/EWDwfeo

 

【執務室】

 

提督「荷物の整理も終ったし、掃除も完了」

 

提督「明日で、この執務室とお別れかあ…寂しくなるな」

 

 

天龍「おーい、提督いるか?」

 

提督「天龍君、こんな夜更けにどうしたんだい?」

 

天龍「ちょっと付き合えよ」

 

提督「いいよ」(何だろう…)

 

 

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/12(木) 22:26:08.68 ID:S/EWDwfeo

 

夜更けに、静まり返った鎮守府内の通路を歩く二人。
誰もいない。足音だけが木霊する。

 

提督「………」

 

天龍「悪いな。夜遅くに連れ出してよぉ」

 

提督「荷物の整理は終わっているし、大丈夫だよ」

 

天龍「………」

 

提督「愛の告白かな?」

 

天龍「ち、違うよバカ!」

 

 

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/12(木) 22:28:36.45 ID:S/EWDwfeo

 

提督「冗談だよ。君は初心だなあ」

 

天龍「からかうなよ!さぁ、着いたぜ」

 

提督「武道・格闘技場か」

 

 

【武道・格闘技場】

 

天龍「覚えてるか?はじめて、オレが提督と戦った時のこと」

 

提督「よく覚えているよ」

 

提督「君が『死ぬまで戦わせろよ!』と騒いで、その流れで試合になったね」

 

 

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/12(木) 22:31:21.78 ID:S/EWDwfeo

 

天龍「そうだ。その後、オレが提督に挑み続けて、20戦0勝20敗」

 

天龍「我ながら、いい負けっぷりだぜ」

 

提督「………」

 

天龍「オレと提督には、どうにもならねぇ実力の差が存在するけどよ」

 

天龍「でもな…オレが提督に勝たないと、アンタは安心して転属できねえ」

 

提督「天龍君…君ってやつは……」

 

 

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/12(木) 22:33:08.79 ID:S/EWDwfeo

 

天龍「手加減なし。本気で来いよ提督、いざ勝負」

 

提督「いいよ」

 

天龍「天龍様の攻撃だ!うっしゃぁぁあああ!」

 


……
………

 

天龍「おぐっ…ごほっ!」

 

提督「………」(辛い…)

 

 

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/12(木) 22:37:03.62 ID:S/EWDwfeo

 

ダウンした天龍を見て、立ち去ろうとする提督を天龍が引き止めた。

 

天龍「待てよ!まだまだ、やれるぜ…やれる、やれる」

 

提督「そうか…早く、立つんだ」

 

天龍「勝負は、これからだ。ブチのめしてやるよ」

 

提督「その心意気は素晴らしい」

 

天龍「ビビってんじゃねぇぞ!よっしゃあ!」

 

 

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/12(木) 22:41:28.90 ID:S/EWDwfeo

 


……
………

 

天龍「おぐっ…ハァハァ……オエェエエエエッ」

 

提督「……立つんだ、立て!」

 

天龍「おぼっ…ぐぇ…ヘッヘッ…」

 

提督「天龍型1番艦、軽巡洋艦・天龍!立て…立ちあがれ。そんなザマで、駆逐艦を率いるのか」

 

 

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/12(木) 22:47:24.19 ID:S/EWDwfeo

 

天龍「オレはまだまだ…」

 

提督「それでいい。腰を据え、ガードを上げて戦え」

 

天龍「オレはイケるぜ」

 

提督「さぁ、来いよ」

 

天龍「うっしゃぁっ―――!!!」

 

提督「無駄ッ無駄ッ無駄ッ!」

 

 

提督は天龍の攻撃で吹き飛び、壁に叩きつけられた。
艦娘は全身凶器、容易に提督の体を破壊する。

 

 

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/12(木) 22:55:58.48 ID:S/EWDwfeo

 

ぼぎぃっ…
ぼき … めりっ…提督の全身が軋む音がした。

 

提督「ごぱっぁ…ゴフゴフッ!」

 

天龍「ハァハァ…よっしゃああああああああ」

 

提督「…ぐっ…Goood!Excellent、Excellennnnnnt!!」

 

天龍「もう安心して転属できんだろ、提督」

 

提督「ああ…いけるよ。安心して…いける」

 

 

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/12(木) 22:57:58.33 ID:S/EWDwfeo

 

天龍「オレがここまで剥かれるとはな…いい腕だぜ、褒めてやるよ」

 

提督「ありが…とう」

 

天龍「肩を貸してやるよ、ホレ」

 


……
………

 

天龍「提督が居なくなって、執務室がガラーンとしちまったぜ」

 

天龍「でも…すぐになれると思う。だから…心配すんなよ、提督」

 

天龍「またな、戦友」

 

 

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/12(木) 22:59:16.41 ID:S/EWDwfeo

 

おわり

 

天龍がノ○タくんポジションで不愉快に感じた人が
いたらごめんね

 

 

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/12(木) 23:54:58.70 ID:S/EWDwfeo

 

結果が出せんかったからよ
まぁ、俺のことだけどw

 

 

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/13(金) 08:07:07.40 ID:arK4b9/co

 

おまえかよぉおお!!

 

あ、おつですー
面白かったですよー

関連ページ

提督「すくなくとも鎮守府の中くらい花粉症には悩まされたくない」
提督「長門、ちょっと明石と夕張のとこ行って相談してくる」 SS
提督「正直な、一航戦の誇りはどこへやったかと思ったぞッ!」
吹雪「司令官が、私の事しか見れなくなる方法♪」 艦これSS
五十鈴「五月雨を旗艦に単縦陣でこっちに来る!!」
扶桑「私、那珂ちゃんにいつも元気もらってるから……応援してるわね」 SS
島風「天津風ちゃん、私達ずっと一緒にいようね!」艦これSS
吹雪「酔った勢いで金剛さんにお酒を買いにいかせちゃった」
漣「明石さ〜ん、手っ取り早くご主人様が漣に惚れる薬とかありませんか?」 艦これSS
金剛「あまりに騒がしくて掟破りの支援艦隊を呼んでしまいマシター!」
赤城「提督に必要にされている……それだけで十分です」 艦これSS
高雄「私、ちょっと歩き疲れちゃいました…////」 提督「ん…。今日は、もう帰るか?」
提督「雲龍! 絶対に幸せにしてやるからな!」 艦これSS
如月「お願い…いまは…如月の部屋から出ていってぇ…!」SS
翔鶴「どうすれば良いのかしらね、瑞鶴・・・」 瑞鶴「きっと提督さんにも事情があるのよ!」
提督「耳まで赤くなってるから。顔隠しきれてないし」 愛宕「……言わないの」
吹雪(金剛さん、ちょっと変わってる人だなって思っちゃう時もあったけど) SS
大井「重要なお話をわざわざ耳の多い間宮でするんですか?」 提督「先日のお詫びをさせて頂きたいとも思っています」
祥鳳「盛んなお年頃ですものね。仕方ありませんね。提督は」
島風「うん・・・まぁ、提督と一緒にいられるなら良いけど」 艦これSS
吹雪「け、軽空母が、たった数発で炎上した…!?」 夕立 「あ、あり得ないっぽい…!」 SS
鈴谷「あー! 熊野も駄目だったかー! どんまい、提督!」 SS
敷波「でもさ、あんな乱暴なのってさ、吹雪には出来ないでしょ?」
武蔵「一人百面相か?見ていて飽きないな」艦これSS
雷「ずっるーい!! 私も提督に膝枕してくる!!」 天龍「はぁ、……とりあえず叢雲と加賀呼んでくるわ」
提督「艦娘を率いる提督が艦娘より弱い訳がないだろう」 SS
青葉「居酒屋『鳳翔』……。いつ頃から、やっているんでしたっけ」 SS
明石「ここひと月の記録だと沖ノ島沖に参加したと」 鈴谷「そこでMVPももらいました」

ホーム RSS購読 サイトマップ