P「いや…ちょっとお茶を飲みすぎたみたいでな…トイレにいってくるよ。雪歩一緒に行くか?」

P「いや…ちょっとお茶を飲みすぎたみたいでな…トイレにいってくるよ。雪歩一緒に行くか?」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 00:17:18.37 ID:4nqJlQtrO

 

雪歩「あのぅ…お茶淹れました…」

 

P「あぁ…そこに置いておいてくれ」

 

雪歩「は、はい」コトッ

 

ゆきぽ「ぽ」

 

P「はいはいブラッシングな?まったくゆきぽは可愛いなぁ」ナデナデ

 

ゆきぽ「ぽぇ…///」

 

雪歩「…………」

 

 

 

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 00:28:06.87 ID:4nqJlQtrO

 

雪歩「あのあの…私が淹れたお茶はちょっといつものとは違うんですよぅ」

 

P「どう違うんだ?」

 

雪歩「い、いつもよりもちょっと茶葉がいいものを使ってるんですっ。きっとさっきまで飲んでいたお茶よりもおいしいと…!」

 

P「あぁ〜どうりで美味しかったと思ったよ」

 

雪歩「え?」

 

P「ゆきぽもきっとその茶葉を使ったんだな。まったくゆきぽは賢いなぁ」ナデナデ

 

ゆきぽ「ぽっ///」

 

雪歩「…………」クスン

 

 

 

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 00:34:16.91 ID:4nqJlQtrO

 

P「ゆきぽのしっぽはすべすべだなぁ…」サワサワ

 

ゆきぽ「ぽ、ぽ…///」

 

P「ずっと撫でていたい」ナデナデ

 

ゆきぽ「ぽぇ〜…///」

 

雪歩「あ、あのぅ」

 

P「ん?」

 

雪歩「その、あんまり撫ですぎると毛並みが乱れるんじゃないかと…」

 

P「はは、そのあとにまた俺がブラッシングするから心配しなくていいぞ?」

 

雪歩「うぅ…」

 

 

 

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 00:41:31.57 ID:4nqJlQtrO

 

P「はーい、ブラッシングするからなー」

 

ゆきぽ「……♪」

 

P「よしよーし」コシュコシュ

 

ゆきぽ「ぽー……♪」

 

雪歩「…………」

 

雪歩「も、もう十分じゃないですか…?あんまりやりすぎるとゆきぽも疲れるちゃうというか…」

 

P「え?そうなのかゆきぽ?」

 

ゆきぽ「ぽぇ〜♪」ニコニコ

 

P「嬉しそうじゃないか。このまま続けよう」

 

雪歩「むむむ…」

 

 

 

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 00:47:26.96 ID:4nqJlQtrO

 

P「気持ちいいかー?」コシュコシュ

 

ゆきぽ「ぽっ」

 

P「そうかそうか〜そりゃよかっ……ぐっ」

 

雪歩「ど、どうしました?」

 

P「いや…ちょっとお茶を飲みすぎたみたいでな…トイレにいってくるよ」

 

雪歩「え、あ、す、すみませぇん…///」

 

P「はは…ゆきぽごめんな?ちょっとだけ休憩だ」

 

ゆきぽ「ぽぉ…」

 

P「そんな残念そうな顔するなよ。すぐ戻ってくるから」ガチャ

 

パタン

 

雪歩「…………」

 

 

 

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 00:55:07.70 ID:4nqJlQtrO

 

「ぽ…」

 

プロデューサーがいなくなるとゆきぽは残念そうに目を閉じた

 

さっきまでとはえらいテンションの差だ

 

どう考えてもゆきぽはプロデューサーのことがお気に入りのようだ

 

「ゆきぽ」

 

「ぽぇ?」

 

声をかけると首だけがこちらを向き、反応した

 

「私がブラッシングしようか?」

 

ゆきぽはきょとんとした

 

「ね?プロデューサーもずっとじゃ疲れちゃうよ」

 

一瞬戸惑いを見せるが

 

「……ぽ」

 

頷いた

 

 

 

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 01:00:15.69 ID:4nqJlQtrO

 

ゆきぽが頷くのを確認すると私はブラシを手にとった

 

「ぽ」フリッ

 

ゆきぽはお尻をこちらに向けた

 

「本当にゆきぽはブラッシングが大好きなんだね」

 

そしてプロデューサーも

 

私はゆきぽに近付き、膝に乗せた

 

「ぽ〜」

 

「あまり動いちゃだめだよ?」

 

 

 

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 01:05:02.53 ID:4nqJlQtrO

 

P「ふぅ…さて、早くゆきぽのとこに戻らないと」

 

P「あれ、扉が少し開いてるな…」

 

P「……!…あれは…」

 

 

雪歩「もぉー…ゆきぽったらプロデューサーに甘えてばかりでぇ…」コシュコシュ

 

ゆきぽ「ぽ」

 

雪歩「ずるいよぅ…私だってプロデューサーのこと…」コシュコシュ

 

雪歩「って私ったらなにを言って…///」

 

ゆきぽ「ぽぇ?」

 

雪歩「だ、だめだからねゆきぽっ。プロデューサーに言っちゃだめだからねっ///」コシュコシュ

 

ゆきぽ「ぽぇ〜」

 

 

P「……雪歩可愛いよ雪歩」

 

終わり

 

 

 

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 01:08:02.55 ID:4nqJlQtrO

 

おまけ

 

P「ゆきぽは可愛いなぁ…」ナデナデ

 

ゆきぽ「ぽー…///」

 

P「特にこのしっぽが可愛いな」サワサワ

 

雪歩「あ、あの!プロデューサー!」

 

P「うん?」

 

雪歩「……ど、どうでしょう…わ、私もしっぽがはえましたぁ…///」フリフリ

 

P「…………」

 

雪歩「うぅ…な、なにか言ってくださいぃ…恥ずかしくて埋まりますぅ…///」

 

P(雪歩可愛いよ雪歩)

 

 

 

終わり

 

 

 

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 01:16:26.05 ID:rxmcWJst0

 

おつ

 

 

 

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/21(金) 01:21:50.37 ID:RY541h0B0

 

乙良かった

関連ページ

律子「時間の問題じゃありませんよ……」 伊織「ちょっとアンタ!心配かけさせるんじゃないわよ!」
響「貴音だって自分が迷ってる時支えてくれるし、変態だけど頼りになるんだぞ!」
小鳥「おにぎりだって美希ちゃんくらいしか消費しないじゃない、いちごババロアも」SS
春香「…馬鹿らしいけど地味に大変な状況だね」 真「自分で掘った穴が深すぎて登れなくなった」
P「…数人や数十人じゃないんだ…」 PやよいみたいなDランクアイドルなんか…」
伊織「ちょっと私の家まで送りなさいよ」 真(結局家まで着いていってしまった……) SS
貴音(プロデューサーの使用済みすぷーんと箸と皿を頂くわたくしの計画!)
真「へへっ、ボク凄い自信ついたよ!」 真「黒井社長ありがとうございます!」
美希「領収書ってどうやってもらうんだっけ…?」 響「プロデューサーの懐がすごいことになりそうだぞ…」
P「久しぶりな気がするな……あと急に抱きつかない」 真美「気にしないの」
響「もう二度としないから、これからも、一緒に居られるかな?」
律子「そのかわり!ちゃんとプロデューサーが世話をすること!」
春香「最近、皆から無視されてるんだけど、アイドル辞めようかな・・・」
真美「……ぶ、ブラ?真美なんのことかわかんないなー」SS
あずさ「そういえばプロポーズの言葉聞いてなかったわね」 SS
響「ふっふっふ、今日はもう予定もないし、このまま自分の家に連行する!」
真「でも、物語はもうすぐハッピーエンドになります」 アイマスSS
真美「んっふっふ〜。照れてるいおりんも可愛いですな〜」
千早(真剣そうな顔で・・・、何か書きとってるのかしら?)
P「音無さんも食べますか?飯が中途半端に残ったんで余分に作ってきたんです」
春香(いつの間にか恋人どうしみたいになってて置いてけぼりです) 真美「今度こそ付き合ってよ!」
春香「ちーちゃん、諦めよう。お仕事に影響しちゃうよ?ニヤニヤw」
「貴音、とりあえず中に戻ろう?ここにいたら風邪ひいちゃうよ」 SS
春香「おはようございます、みんなのアイドル、天海春香です!」
P「真の天然さんは天然って言われるとすぐ否定するとか」
P「あずささん、仕事も楽しんでくれるから仕事を取り甲斐があるよ」
春香「はいどうぞ! 今話題のお店のクッキーなんです!」
やよい「千早さんもシートベルトしないとダメですよ。」 アイマスSS
P「……本当に、まさか律子がこんなに甘えん坊だとはなぁ」

ホーム RSS購読 サイトマップ