やよい「千早さんもシートベルトしないとダメですよ。」 アイマスSS

やよい「千早さんもシートベルトしないとダメですよ。」 アイマスSS

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/01(日) 14:26:51.31 ID:Uqq1xo9AO

 

生徒会役員共11巻ネタ多めの改変あり。

 

春香と千早、響は同じ学校の設定

 

良ければ見てください。

 

 

 

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/01(日) 14:36:03.67 ID:Uqq1xo9AO

 

『いつものこと』

 

春香「あー…しまった、今日はあの日なのに座布団(ナプキンの隠語)忘れて来ちゃった…誰かちょうだい」

 

雪歩「あ、私持ってるよ。投げるねー」ヒュウー…

 

春香「パシッ。ありがとう雪歩!ちょっと行ってくるね!」タッタッタ…

 

P「……俺いるんだけど」

 

 

 

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/01(日) 14:43:25.66 ID:Uqq1xo9AO

 

『人魚姫』

 

千早「人魚姫になりたいわ」

 

真「…どうしたのさ急に」

 

千早「だって人魚姫ってとても美人だし、歌声も素敵だしスタイルも魅力的だし胸も大きいし…」

 

真「とりあえず人魚姫に謝れ」

 

 

 

 

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/01(日) 15:03:02.70 ID:Uqq1xo9AO

 

『自己防衛訓練』

 

P「今日は765プロみんなで自己防衛訓練、まあ早い話が変質者への対応を実績形式で学ぶぞ。」

 

律子「早速行くわよ。まずは、露出魔に出会ったらどうするかを学ぶわ。」

 

小鳥「一般的には大声を出して一目散に明かりのついてる家に駆け込むのが正しいんだけど、今回は言葉で撃退する術をみんなで実践しましょう。」

 

律子「じゃあ、みんなで一斉にプロデューサーに言葉を浴びせるわよ!」

 

P「まぁ、日頃から色々と言われるからちょっとやそっとの言葉じゃ…」

 

やよい「わぁ…細くてひ弱なもやしですね…」

 

真「え?このミニウインナーがどうかしました?」

 

伊織「ごめんなさい、あまりにも小さくてよく見えないわ」

 

P「…違うもん、フランクフルトぐらいあるもん…(涙)」

 

 

 

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/01(日) 15:27:30.89 ID:Uqq1xo9AO

 

『千早は跳べない』

 

−事務所−

 

千早「実は私、高いところが苦手なんですよ」

 

P「へえ、確かに言われてみるとあまり高いところでパフォーマンスとかしないよな。」

 

千早「だから、色々と不便が多いんですよ…」

 

−学校−

 

千早「ちょっとジャンプすれば届く場所に荷物があってもほんのちょっとしか跳べないから取れないし、体操の跳躍も高く跳ぶことができない。つまり私の胸が揺れないのは低く跳んでるからであって、普通に跳べば春香や我那覇さんと同じくらいに…」

 

春香「(言い訳長っ)」

 

響「(千早はどんなに高く跳んでも絶対に揺れないぞ)」

 

 

 

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/01(日) 15:36:27.63 ID:Uqq1xo9AO

 

『双海語録』

 

亜美「ねぇねぇいおりん、ちょっといいかな?」

 

伊織「なによ」

 

真美「人という字は人同士が支えあってできているっていうじゃん」

 

伊織「まぁ、よく聞く言葉よね」

 

亜美「んでんで、亜美たちはその英語版を考えてきたんだ!」

 

伊織「へぇ、面白そうじゃない。聞かせてみせてよ」

 

真美「じゃあいくね、『人間“I”(愛) があれば横になってHになる!』」

 

伊織「未来永劫封印しときなさい」

 

 

 

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/01(日) 15:51:35.21 ID:Uqq1xo9AO

 

『突き刺さる気遣い』

 

P「今度の週末に久しぶりに765プロみんなで海に行くことになった。そこで今日は海での事故防止のために真に離岸流について教えてもらうことにした。よろしくな真」

 

真「はい、では早速離岸流について簡単な説明をします。一言で言えば読んで字のごとく岸からどんどん離されてしまう波のことです。万が一それに乗ったら流れが止まるまで大人しく待ちながら大声で救助を呼んだり、流れに対して45度の角度で泳いで抜けたりしましょう。」

 

貴音「なんと恐ろしい…常に携帯電話を常備しなくてはなりませんね。幸い、響が言うには防水加工がしてあるらしいので…」

 

千早「持ちながら泳ぐのは無理ですよ…」

 

貴音「心配ないですよ如月千早。このようにして胸の間に挟めば…ハッ!ストラップを付けて首に巻けば…」

 

千早「下手な気遣いはやめてください」

 

 

 

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/01(日) 17:39:45.00 ID:Uqq1xo9AO

 

『出発日』

 

P「そろそろ出発するけど、みんなシートベルトしたかー?」

 

亜美「あずさお姉ちゃん、ちゃんとシートベルトしないとダメだYO〜!」

 

あずさ「あらあら、ちゃんとしてるわよ〜。胸で隠れてるのよ〜。」

 

やよい「千早さんもシートベルトしないとダメですよ。」

 

千早「してるわよ。服に隠れてるのよ」

 

春響『千早(ちゃん)…』

 

 

 

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/01(日) 17:47:53.30 ID:Uqq1xo9AO

 

『それぞれの楽しみ方』

 

春香・千早・美希→千早を砂に埋めて豊胸遊び

 

やよい・伊織→砂のお城作り

 

雪歩→穴ほり(意味深)

 

真・響→水泳対決

 

亜美真美→あずさと貴音と水中にゃんにゃん

 

P・律子・小鳥→人気のない浜辺で合体(意味深)

 

 

 

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/01(日) 18:03:09.78 ID:Uqq1xo9AO

 

『肝試し』

 

P「これから肝試しのペアを決めるくじをひいてもらう。俺も参加するから1ペアだけ三人で行くことになるな。」

 

楽しみだねー、怖いですけど真ちゃんと一緒になれば…ハニーと二人きりになるの!

 

なんだかんだでペアが決まり…

 

やよい「うっうー!プロデューサー、一緒にがんばりましょう!」

 

P「よろしくなやよい。」

 

スタートしてしばらくして…

 

やよい「(うう…けっこう怖いです…プロデューサーの手を握りたいけど、なんか恥ずかしいしズボンのすそなら大丈夫かな。)」

 

 

やよい「あの、プロデューサー」

 

P「どうしたやよい?」

 

やよい「プロデューサーの下半身握ってもいいですか?」

 

P「え!?」

 

 

 

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/01(日) 18:11:36.58 ID:Uqq1xo9AO

 

『女の子の匂いを嗅ぎたい』

 

−旅館脱衣場−

 

亜美「おっ、パンツ発見!」

 

真美「このパンツはお姫ちんのだね。」

 

亜美「……」クンカクンカ

 

真美「ちょっと!?なにしてんのさ!?」

 

亜美「…脱ぎたてじゃなかった」

 

真美「我が妹はパンツの匂いを嗅ぐ変態でした」

 

 

 

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/01(日) 18:38:18.03 ID:Uqq1xo9AO

 

中途半端だけど、終了します。やっぱり思いつきだけじゃ進まないですね

 

HTML依頼出してきます

 

 

 

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/01(日) 19:01:46.74 ID:XyEZcQx0o

 

乙です

関連ページ

律子「時間の問題じゃありませんよ……」 伊織「ちょっとアンタ!心配かけさせるんじゃないわよ!」
響「貴音だって自分が迷ってる時支えてくれるし、変態だけど頼りになるんだぞ!」
小鳥「おにぎりだって美希ちゃんくらいしか消費しないじゃない、いちごババロアも」SS
春香「…馬鹿らしいけど地味に大変な状況だね」 真「自分で掘った穴が深すぎて登れなくなった」
P「…数人や数十人じゃないんだ…」 PやよいみたいなDランクアイドルなんか…」
伊織「ちょっと私の家まで送りなさいよ」 真(結局家まで着いていってしまった……) SS
貴音(プロデューサーの使用済みすぷーんと箸と皿を頂くわたくしの計画!)
真「へへっ、ボク凄い自信ついたよ!」 真「黒井社長ありがとうございます!」
美希「領収書ってどうやってもらうんだっけ…?」 響「プロデューサーの懐がすごいことになりそうだぞ…」
P「久しぶりな気がするな……あと急に抱きつかない」 真美「気にしないの」
響「もう二度としないから、これからも、一緒に居られるかな?」
律子「そのかわり!ちゃんとプロデューサーが世話をすること!」
春香「最近、皆から無視されてるんだけど、アイドル辞めようかな・・・」
真美「……ぶ、ブラ?真美なんのことかわかんないなー」SS
あずさ「そういえばプロポーズの言葉聞いてなかったわね」 SS
響「ふっふっふ、今日はもう予定もないし、このまま自分の家に連行する!」
真「でも、物語はもうすぐハッピーエンドになります」 アイマスSS
真美「んっふっふ〜。照れてるいおりんも可愛いですな〜」
千早(真剣そうな顔で・・・、何か書きとってるのかしら?)
P「音無さんも食べますか?飯が中途半端に残ったんで余分に作ってきたんです」
春香(いつの間にか恋人どうしみたいになってて置いてけぼりです) 真美「今度こそ付き合ってよ!」
春香「ちーちゃん、諦めよう。お仕事に影響しちゃうよ?ニヤニヤw」
「貴音、とりあえず中に戻ろう?ここにいたら風邪ひいちゃうよ」 SS
春香「おはようございます、みんなのアイドル、天海春香です!」
P「真の天然さんは天然って言われるとすぐ否定するとか」
P「あずささん、仕事も楽しんでくれるから仕事を取り甲斐があるよ」
春香「はいどうぞ! 今話題のお店のクッキーなんです!」
P「いや…ちょっとお茶を飲みすぎたみたいでな…トイレにいってくるよ。雪歩一緒に行くか?」
P「……本当に、まさか律子がこんなに甘えん坊だとはなぁ」

ホーム RSS購読 サイトマップ