P「真の天然さんは天然って言われるとすぐ否定するとか」

P「真の天然さんは天然って言われるとすぐ否定するとか」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 19:25:53.76 ID:RGD4SNkG0

 

P(…)

 

P(突然雪歩が後ろから抱きついてきた)

 

雪歩「…」ムギュッ

 

P「…おーい」

 

雪歩「…」ギュー

 

P「雪歩ー?」

 

雪歩「ご、ごめんなさい…」シュル

 

タッタッタッタ

 

P「行ってしまった…」

 

 

 

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 19:36:57.47 ID:RGD4SNkG0

 

P「さて、今日のスケジュールはと…」

 

雪歩「…」ムギュッ

 

P(おっと、またか)

 

P「雪歩ー」

 

雪歩「…」ギュッ

 

P「ゆきほーゆきほー」

 

雪歩「…」

 

P「黙ってると頭なでなでしちゃうぞー」ナデナデ

 

雪歩「ひゃうっ…」シュル

 

タッタッタッタ

 

P「…逃げられてしまった」

 

 

 

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 19:43:38.70 ID:RGD4SNkG0

 

P(それから雪歩は不意に後ろから抱きついてくるようになった)

 

P(日常生活や仕事に支障はないものの、やはり気になる)

 

P「おーい真ー」

 

真「はい、何ですかプロデューサー?」

 

P「人に急に後ろから抱きつかれたら、どうする?」

 

真「背負い投げがベストでしょうね」

 

P「護身術じゃなくてね」

 

 

 

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 19:49:40.50 ID:RGD4SNkG0

 

P「おーい美希ー」

 

美希「ねむいの」クー

 

P「寝てる?」

 

美希「ねてるの」クー

 

P「雪歩が後ろから抱きついてきたら、どうする?」

 

美希「そんなの、抱き返すしかないって思うな」ムニャ

 

P「逃げられないかな」

 

美希「塩むすびも案外いけるの…」ムニャムニャ

 

P「サンキュー美希」

 

 

 

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 19:52:44.91 ID:RGD4SNkG0

 

雪歩「…」ムギュッ

 

P(こっから体を一回転させて…)

 

P「ほい!」バッ

 

雪歩「ひゃあ!?」バッ

 

P「…」

 

P「逃げられてしまった」

 

 

 

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 20:01:03.12 ID:RGD4SNkG0

 

P(どうにも困ったので、平時の雪歩に訊いてみることにした)

 

雪歩「プロデューサー、お茶が入りました」コトッ

 

P「おう、サンキュ」

 

P「…」ズズ

 

P「そいやさ雪歩、何で最近抱きついてくるんだ?」

 

雪歩「すっすいません…その、迷惑…ですか…?」

 

P「いや、そんなこと無いんだけどな?」

 

P「どうしてかなって」

 

雪歩「えぇっ…」

 

雪歩「…」

 

雪歩「そ、そんなこと言わせないでくださいよぅ…」テレテレ

 

P(何だこれ可愛い)

 

 

 

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 20:09:06.78 ID:RGD4SNkG0

 

P(理由を訊いても教えてくれないので、しばらくは考えないことにした)

 

P「さて、そろそろ事務所も閉める時間だ」

 

P「暗いし送ってくよ、雪歩」

 

雪歩「あ、ありがとうございます」ペコッ

 

 

 

P「うひー風強っ…」ガタガタ

 

雪歩「これだけ着込んでるのに…」ブルブル

 

P「この季節外は寒いな…」

 

雪歩「…」

 

雪歩「プロデューサー」ムギュッ

 

P「おっと」

 

P「…」

 

P「雪歩はあったかいな」

 

雪歩「えへへ」

 

 

 

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 20:14:18.85 ID:GwR8lPO70

 

何これかわいい

 

 

 

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 20:17:08.05 ID:RGD4SNkG0

 

亜美「ゆきぴょん!」ダキッ

 

真美「ゆきぴょん!」ダキッ

 

雪歩「あ、亜美ちゃん真美ちゃん、そんなに抱きついたら…」ヨロヨロ

 

P「こらこら、あまり人の迷惑になる事…」

 

雪歩「!」

 

雪歩「うぅ…」ジワッ

 

P「いや良いぞ。もっと抱きつけ。どんどん抱きつけ」

 

亜美真美「ラジャ→!」

 

雪歩「あわわ…」フラフラ

 

 

 

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 20:25:18.54 ID:RGD4SNkG0

 

雪歩「…」ムギュッ

 

P(今日は趣向を変えてみよう)

 

P「おりゃっ」コチョコチョ

 

雪歩「ひゃっ!?く、くすぐるのは…やっ…!」

 

P「はははは!どうだ雪歩!」コチョコチョ

 

雪歩「ひゃっ…!ひゃん!はうぅ…!」

 

P「ははは!ははははは!」コチョコチョ

 

 

 

雪歩「うぅ…もうお嫁にいけないですぅ…」クスン

 

P「ごめんなさい」

 

 

 

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 20:33:17.64 ID:RGD4SNkG0

 

P「なあ雪歩」

 

雪歩「は、はい」

 

P「抱きつく時、何でいつも後ろからなんだ?」

 

雪歩「えと、それは、その…」

 

P「背中が好きなのか」

 

雪歩「あ…はい」

 

雪歩「プロデューサーの背中は大きくて…何だか、安心するような…」

 

P「別に俺は前からでも良いんだぞ、ほらほら」

 

雪歩「ま、前からなんてダメですぅ!」ガタッ

 

P「何だこの子」

 

 

 

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 20:41:18.27 ID:RGD4SNkG0

 

P「なあ律子、女の子が前から抱きついて来てくれない理由って何だと思う?」

 

律子「何突然世迷い言を」

 

P「後ろからは良いらしいんだけど」

 

律子「…訳が分かりません」

 

P「うーん…」

 

律子「…」

 

律子「恥ずかしいから自分の方を見られたくない、とか…」ボソッ

 

P「おお!なるほど!」

 

P「ありがとう、律子」

 

律子「後は口が臭いとか」

 

P「やめて」

 

 

 

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 20:49:21.72 ID:RGD4SNkG0

 

P(最近一段と頑張っている雪歩だが)

 

P(その努力が功を奏し、今、彼女の単独ライブが行われている)

 

 

 

ワーワー  キャー  ユキホーー

 

雪歩「み、皆さん!今日はここに来てくださって、本当にありがとうございました!」

 

雪歩「ぜひまた…また会いに来てくださいね!」

 

 

 

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 20:50:38.72 ID:RGD4SNkG0

 

――――――――――
――――――
―――

 

雪歩「プロデューサー!私、私…」

 

P「凄かったぞ雪歩!!頑張った甲斐があったな…!」

 

雪歩「はい…!」

 

P「ううっ…駄目だな俺…こんな時に…」グスッ

 

雪歩「プロデューサー…」

 

P「なんだか嬉しくってな…」

 

P「あ、あまり見ないでくれ…頼む…」

 

雪歩「…」タッ

 

P「おわっ」

 

P「ゆ、雪歩お前、前から…」

 

雪歩「はい…」ムギュッ

 

P「…ありがとう、ありがとうな、雪歩…」

 

 

 

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 21:00:50.65 ID:RGD4SNkG0

 

P「よいしょっと…さ、雪歩。事務所着いたぞー」

 

雪歩「すぅ…すぅ…」

 

P「…」

 

P(後部座席で雪歩が寝てしまっている)

 

P「…頑張ったもんな、仕方ないか」

 

 

 

P「…」ツンツン

 

雪歩「んむ…」

 

P(ほっぺ柔らかい)

 

P「…そうだな」

 

P「しょうがない、背負っていこう」

 

 

 

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 21:08:51.07 ID:RGD4SNkG0

 

カツ カツ カツ

 

P「そろそろエレベーターを直すべきだな…」

 

雪歩「…」

 

P「よし、もう着くぞー」

 

雪歩「…」

 

P「…お疲れさま、雪歩」

 

雪歩「………はい」

 

P「…」

 

P「なんだ、起きてたのか」

 

雪歩「…」ギュッ

 

P「…ははっ」

 

 

 

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 21:16:58.00 ID:RGD4SNkG0

 

P(なんて事があった後で)

 

P(俺は改めて理由を訊いてみることにした)

 

雪歩「理由ですか…?」

 

P「ああ」

 

雪歩「い、言わせないでくださいって言ったじゃないですか…」

 

P「悪いな」

 

雪歩「…」

 

雪歩「えっと…ちょっと恥ずかしいんですけど…」

 

雪歩「この前読んだ雑誌に、より積極的に、ワガママになることが女の子には必要って書いてあって…」

 

雪歩「どっちも私には足りないものだから、それで…」

 

P「なあ」

 

雪歩「は、はい」

 

P「雪歩って天然?」

 

雪歩「ちっ違いますぅ!」

 

 

 

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 21:25:02.98 ID:RGD4SNkG0

 

P「真の天然さんは天然って言われるとすぐ否定するとか」

 

雪歩「うぅ…」

 

P「…ちょっと雪歩、そこに立ってくれるか」

 

雪歩「はい…?」

 

P「…」スッ

 

P「ほい」ギュッ

 

雪歩「ひゃっ!?」

 

P「今までのお返し、兼お礼」

 

雪歩「だからっていきなり過ぎです…!」

 

P「ほら、俺もちょっと、ワガママにな」

 

 

 

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 21:33:00.27 ID:RGD4SNkG0

 

雪歩「…」カァァ

 

P「…雪歩、顔真っ赤」

 

雪歩「あ、あまり見ないでくださいぃ…」

 

P(なるほど、これを見られたくなかったのか)

 

P「よしよし」ナデナデ

 

雪歩「あぅ…」

 

雪歩「…」

 

雪歩「えへへ…」

 

P「うん。これからもよろしくな、雪歩」

 

雪歩「はい!…あの」

 

P「ん?」

 

雪歩「…ずっと一緒に頑張って行きましょうね、プロデューサー!」ムギュッ

 

 

 

おわり

 

 

 

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 21:41:39.03 ID:3+GSuJQa0

 


雪歩かわいいよ雪歩

関連ページ

律子「時間の問題じゃありませんよ……」 伊織「ちょっとアンタ!心配かけさせるんじゃないわよ!」
響「貴音だって自分が迷ってる時支えてくれるし、変態だけど頼りになるんだぞ!」
小鳥「おにぎりだって美希ちゃんくらいしか消費しないじゃない、いちごババロアも」SS
春香「…馬鹿らしいけど地味に大変な状況だね」 真「自分で掘った穴が深すぎて登れなくなった」
P「…数人や数十人じゃないんだ…」 PやよいみたいなDランクアイドルなんか…」
伊織「ちょっと私の家まで送りなさいよ」 真(結局家まで着いていってしまった……) SS
貴音(プロデューサーの使用済みすぷーんと箸と皿を頂くわたくしの計画!)
真「へへっ、ボク凄い自信ついたよ!」 真「黒井社長ありがとうございます!」
美希「領収書ってどうやってもらうんだっけ…?」 響「プロデューサーの懐がすごいことになりそうだぞ…」
P「久しぶりな気がするな……あと急に抱きつかない」 真美「気にしないの」
響「もう二度としないから、これからも、一緒に居られるかな?」
律子「そのかわり!ちゃんとプロデューサーが世話をすること!」
春香「最近、皆から無視されてるんだけど、アイドル辞めようかな・・・」
真美「……ぶ、ブラ?真美なんのことかわかんないなー」SS
あずさ「そういえばプロポーズの言葉聞いてなかったわね」 SS
響「ふっふっふ、今日はもう予定もないし、このまま自分の家に連行する!」
真「でも、物語はもうすぐハッピーエンドになります」 アイマスSS
真美「んっふっふ〜。照れてるいおりんも可愛いですな〜」
千早(真剣そうな顔で・・・、何か書きとってるのかしら?)
P「音無さんも食べますか?飯が中途半端に残ったんで余分に作ってきたんです」
春香(いつの間にか恋人どうしみたいになってて置いてけぼりです) 真美「今度こそ付き合ってよ!」
春香「ちーちゃん、諦めよう。お仕事に影響しちゃうよ?ニヤニヤw」
「貴音、とりあえず中に戻ろう?ここにいたら風邪ひいちゃうよ」 SS
春香「おはようございます、みんなのアイドル、天海春香です!」
P「あずささん、仕事も楽しんでくれるから仕事を取り甲斐があるよ」
春香「はいどうぞ! 今話題のお店のクッキーなんです!」
やよい「千早さんもシートベルトしないとダメですよ。」 アイマスSS
P「いや…ちょっとお茶を飲みすぎたみたいでな…トイレにいってくるよ。雪歩一緒に行くか?」
P「……本当に、まさか律子がこんなに甘えん坊だとはなぁ」

ホーム RSS購読 サイトマップ