真「でも、物語はもうすぐハッピーエンドになります」 アイマスSS

真「でも、物語はもうすぐハッピーエンドになります」 アイマスSS

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 22:11:42.04 ID:GQ59esKU0

 

 

 

真「ねぇ、結婚しましょうよ」

 

 

真「…そんな、鳩が豆鉄砲食らったような顔しなくたっていいじゃないですか」

 

 

真「私はプロデューサーのこと、ずっと好きでしたよ?」

 

 

真「プロデューサーはどうなんですか?」

 

 

真「へへ…。その答えが聞きたかったんです」

 

 

 

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 22:12:33.22 ID:GQ59esKU0

 

 

 

真「初めて会ったときから、もう何年経ったんですかね」

 

 

真「…あ、もうそんなに、ですか。時の流れってはやいものですよ、ほんと」

 

 

 

 

 

 

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 22:13:15.83 ID:GQ59esKU0

 

 

 

真「ねぇ、私がまだ駆け出しのときのこと、覚えてますか?」

 

 

真「そうです。ライブ会場で、トラブル起こしちゃったときのこと」

 

 

真「そういえば、あのときもこんな風に曇ってたっけ」

 

 

真「ちょっと寒いですね…」

 

 

真「え? いいんですか?」

 

 

真「…あったかいです」

 

 

 

 

 

 

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 22:13:55.26 ID:GQ59esKU0

 

 

 

真「それで、私、てっきりもう忘れられちゃってたかと思ってました」

 

 

真「あの時のプロデューサー、かっこよかったなぁ」

 

 

真「あ、もちろん今も、ですよ! 誤解しないでくださいね!」

 

 

真「あのときは、本気でもうアイドルとして活動することができなくなっちゃうんじゃないかって、不安で…」

 

 

真「もう、からかわないでください! そのぐらい怖かったんです!」

 

 

 

 

 

 

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 22:14:34.47 ID:GQ59esKU0

 

 

 

真「…でも、そんなときに、プロデューサーが必死で、私のことを守ってくれたから」

 

 

真「たぶん、そのときからですね」

 

 

真「ボク、プロデューサーを好きになっちゃったんです」

 

 

 

 

 

 

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 22:15:46.44 ID:GQ59esKU0

 

 

 

真「え? 今『ボク』って?」

 

 

真「…そりゃ恥ずかしいですよ! プロデューサーの前では『私』って決めてたのに!」

 

 

真「そっ、それじゃあ、あのときのことも覚えてますよね!?」

 

 

真「うん。私がプロデューサーに、告白したときのこと」

 

 

真「あのときは、完全に振られたって思いました」

 

 

真「あはは。だって『残念だけど、俺と真は…』なんて言われたら、後はもう」

 

 

真「はいはい、その後なにも聞かずに飛び出してった私も悪かったですよー!」

 

 

 

 

 

 

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 22:16:35.26 ID:GQ59esKU0

 

 

 

真「…でも、家に帰って、あのメールを見たときはもう」

 

 

真「ほんとにうれしかったなぁ…」

 

 

真「まだ保護してるんですよ。見てみましょう」

 

 

真「ほーらー! 嫌がらなくてもいいんですってば! とりあえず見てみましょうって!」

 

 

真「…『もし真が、トップアイドルになることができたら、そのときに改めて返事をする』」

 

 

 

 

 

 

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 22:17:14.80 ID:GQ59esKU0

 

 

 

真「…」

 

 

真「さっきのが、返事でいいんですか?」

 

 

真「ふふ。長かったですね、ここまで」

 

 

 

 

 

 

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 22:18:12.16 ID:GQ59esKU0

 

 

 

真「『私』に矯正するのにも、時間かかりましたね」

 

 

真「うまく踊れなくなったこともあったし」

 

 

真「そのときはもう、トップアイドルにはなれないんじゃないかって思いましたよ…」

 

 

真「ほんと、いろんなことがあったなぁ」

 

 

真「つらいことも、悲しいこともたくさん」

 

 

真「でも、私が変わらず頑張り続けられたのは、プロデューサーのおかげです!」

 

 

真「ふふ、そうですね。こんなこと、なかなか言えませんし」

 

 

 

 

 

 

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 22:18:55.41 ID:GQ59esKU0

 

 

 

真「…それにしてもプロデューサーの髪、ほんとによく伸びましたね」

 

 

真「もう、いくら忙しいとはいえ多少の清潔感には気を配ってください!」

 

 

真「まあその忙しさも、私のせいではあるんですけど…」

 

 

 

 

 

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 22:19:41.32 ID:GQ59esKU0

 

 

 

真「私も、髪けっこう伸びたなぁ…。こんなに長いのは初めてかも」

 

 

真「はい、ずっと父さんに妨害されてきましたからね」

 

 

真「あ、そうだ。ところで、式はどこで挙げましょう?」

 

 

真「やっぱり、あそこの教会がいいと思うんですよ。白いチャペルの」

 

 

真「事務所のみんなを呼んで、ブーケトスをして」

 

 

真「それで、プロデューサーがこう、ギターの弾き語りなんかを私にプレゼントなんかしちゃったりして」

 

 

真「気が早い、ですか? どうなんでしょう?」

 

 

 

 

 

 

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 22:20:43.61 ID:GQ59esKU0

 

 

 

真「…もうすぐ冬も終わりですね。そしたら、ここもキレイな花でいっぱいになります」

 

 

真「私、プロデューサーと毎日ここを散歩したいです」

 

 

真「もちろん、さっき買ったおそろいのTシャツを着て」

 

 

真「…やっぱり『そんな先のはなし』、ですか」

 

 

 

 

 

 

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 22:21:45.59 ID:GQ59esKU0

 

 

 

真「昨日、父さんと話したんです」

 

 

真「好きな人がいる、結婚したいって」

 

 

真「…いえ、そんなことは全然」

 

 

真「ただひとこと、『きれいになったな』って…。それだけなんですけど…」

 

 

真「へへ、さすがに親子揃って泣いちゃいました…」

 

 

真「プロデューサーが挨拶に行ったら、一体どうなっちゃうんでしょうね?」

 

 

 

 

 

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 22:22:26.97 ID:GQ59esKU0

 

 

 

真「それは私にも分からないです、もしかしたら一発ボカンとすごいのが飛んでくるかもしれませんよ?」

 

 

真「そうなったら、こう、私はあたたかい目でプロデューサーを見守ってですね…」

 

 

真「冗談ですよ! いくら父さんでも、そんないきなり人を殴ったりは」

 

 

 

 

 

 

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 22:23:02.85 ID:GQ59esKU0

 

 

 

真「でも、父さんに殴られてるプロデューサーも見てみたいような…」

 

 

真「これも冗談…。半分、本気半分かな」

 

 

真「ほんとのところは、行ってみるまでのお楽しみってことですよ!」

 

 

真「ま、まぁプロデューサーにとっては楽しくないかもしれないですけど…!」

 

 

 

 

 

 

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 22:23:51.01 ID:GQ59esKU0

 

 

 

真「…」

 

 

真「…あの」

 

 

真「…私、もう引退しようと思います」

 

 

真「うん。もう、やりたいことはやりきったし」

 

 

真「そりゃ寂しくない、とはいいませんけど」

 

 

真「でも、もう決めたんです」

 

 

真「見つけたから。私の王子様を」

 

 

 

 

 

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 22:26:28.65 ID:GQ59esKU0

 

 

 

真「…こんな私がそんなこと言っても、バカにしないんですね」

 

 

真「そりゃあもちろん、出会った頃と比べたらずっと女の子らしくなりましたけど…!」

 

 

真「でも…」

 

 

真「…私、こんな風に自分の趣味を誰かにちゃんと言えたの、初めてでした」

 

 

真「そういえば、最初に会ったとき、私少女マンガ読んでたっけ」

 

 

真「てっきり私、バカにされるかと思ったんです」

 

 

真「こんな男っぽい私が、少女マンガなんて読んでるって」

 

 

真「でも、あなたは違った」

 

 

 

 

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 22:27:46.71 ID:GQ59esKU0

 

 

 

真「…なんだ、そうだったんだ。一目惚れ、ですか」

 

 

真「ほんと私って鈍感ですね。はい、今の今まで全然気が付きませんでした」

 

 

真「でも、物語はもうすぐハッピーエンドになります」

 

 

真「笑わないで、聞いていてくださいね?」

 

 

 

 

 

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 22:28:22.42 ID:GQ59esKU0

 

 

 

真「…ねぇプロデューサー、今のボク、綺麗ですか?」

 

 

真「ずっと、ボクは誰かの王子様でした。けど」

 

 

真「これからは、あなただけのお姫様になりたいんです」

 

 

 

 

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 22:30:28.57 ID:GQ59esKU0

 

 

 

真「あ、や、やっぱり笑った…! もう、本気なんですからね!」

 

 

真「え? 違う? 泣いて…?」

 

 

真「そ、そんな、ボクは泣いてなんかいないです! 泣いてるのはプロデューサーのほうじゃないですか!」

 

 

真「いいえ違います、これは汗です汗! ちょうどほら、晴れてきましたし!」

 

 

真「…とにかく! プロデューサーが先に泣くからいけないんですよーだ!」

 

 

 

 

 

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 22:31:14.73 ID:GQ59esKU0

 

 

 

真「…ケンカしたことも、笑い合ったことも、ステージで成功させてくれたことも、今は全部思い出です」

 

 

真「でも、きっと今まで以上に楽しい日々が、これから待ってるはずですから!」

 

 

真「さっきはハッピーエンドになるって言いましたけど」

 

 

真「これからあなたと、ずっとその先まで…」

 

 

 

 

 

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 22:31:56.42 ID:GQ59esKU0

 

 

 

真「…ボクの髪は、もうすぐ肩まで伸びて、プロデューサーと同じくらいになります」

 

 

真「そしたらボクと、えへへ…」

 

 

真「結婚、しましょう?」

 

 

 

 

 

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 22:32:22.48 ID:GQ59esKU0

 

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=ryutpbPwrz4

 

 

 

 

 

 

 

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 22:33:33.74 ID:GQ59esKU0

 

 

 

おしまい。

 

 

 

 

 

27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 22:37:59.45 ID:GQ59esKU0

 

 

去年の9月くらいからこういうものを書いており、MA3発売ということで「発表するならこのタイミングかな」と思ったため、発売記念アンド販売促進のために投下させていただきました。以下、9月当時の私の言葉です。

 

真にカバーしてほしかったから書いた。
真に「ボクの髪が肩まで伸びたら、結婚しようよ」って言わせたかったんです。
みんなは真に、どんな曲をカバーしてほしい?

 

 

 

 

 

 

28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/21(水) 22:38:52.47 ID:whtJaQY6o

 

おつまこ

 

 

 

34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/22(木) 09:25:21.47 ID:5b1MS4swO

 

良かった、乙

関連ページ

律子「時間の問題じゃありませんよ……」 伊織「ちょっとアンタ!心配かけさせるんじゃないわよ!」
響「貴音だって自分が迷ってる時支えてくれるし、変態だけど頼りになるんだぞ!」
小鳥「おにぎりだって美希ちゃんくらいしか消費しないじゃない、いちごババロアも」SS
春香「…馬鹿らしいけど地味に大変な状況だね」 真「自分で掘った穴が深すぎて登れなくなった」
P「…数人や数十人じゃないんだ…」 PやよいみたいなDランクアイドルなんか…」
伊織「ちょっと私の家まで送りなさいよ」 真(結局家まで着いていってしまった……) SS
貴音(プロデューサーの使用済みすぷーんと箸と皿を頂くわたくしの計画!)
真「へへっ、ボク凄い自信ついたよ!」 真「黒井社長ありがとうございます!」
美希「領収書ってどうやってもらうんだっけ…?」 響「プロデューサーの懐がすごいことになりそうだぞ…」
P「久しぶりな気がするな……あと急に抱きつかない」 真美「気にしないの」
響「もう二度としないから、これからも、一緒に居られるかな?」
律子「そのかわり!ちゃんとプロデューサーが世話をすること!」
春香「最近、皆から無視されてるんだけど、アイドル辞めようかな・・・」
真美「……ぶ、ブラ?真美なんのことかわかんないなー」SS
あずさ「そういえばプロポーズの言葉聞いてなかったわね」 SS
響「ふっふっふ、今日はもう予定もないし、このまま自分の家に連行する!」
真美「んっふっふ〜。照れてるいおりんも可愛いですな〜」
千早(真剣そうな顔で・・・、何か書きとってるのかしら?)
P「音無さんも食べますか?飯が中途半端に残ったんで余分に作ってきたんです」
春香(いつの間にか恋人どうしみたいになってて置いてけぼりです) 真美「今度こそ付き合ってよ!」
春香「ちーちゃん、諦めよう。お仕事に影響しちゃうよ?ニヤニヤw」
「貴音、とりあえず中に戻ろう?ここにいたら風邪ひいちゃうよ」 SS
春香「おはようございます、みんなのアイドル、天海春香です!」
P「真の天然さんは天然って言われるとすぐ否定するとか」
P「あずささん、仕事も楽しんでくれるから仕事を取り甲斐があるよ」
春香「はいどうぞ! 今話題のお店のクッキーなんです!」
やよい「千早さんもシートベルトしないとダメですよ。」 アイマスSS
P「いや…ちょっとお茶を飲みすぎたみたいでな…トイレにいってくるよ。雪歩一緒に行くか?」
P「……本当に、まさか律子がこんなに甘えん坊だとはなぁ」

ホーム RSS購読 サイトマップ