響「ふっふっふ、今日はもう予定もないし、このまま自分の家に連行する!」

響「ふっふっふ、今日はもう予定もないし、このまま自分の家に連行する!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23(火) 18:25:55.04 ID:aVSwF56l0

 

響「プロデューサー、チカンの現行犯で逮捕だ!
    自分、この間の撮影じゃ刑事だったんだからな!」

 

ガチャン

 

P「むっ、逮捕されてしまった……」

 

響「ふっふっふ、今日はもう予定もないし、このまま自分の家に連行する!」

 

P「お、おい響、ごめん、謝るから、まだ仕事残ってるんだよ」

 

響「えっ!? そ、そうなの?」

 

P「ああ」

 

響「うう……」

 

P「勝手に胸触ってごめん」

 

響「じゃ、じゃあね、手錠外してあげるから、仕事終わったら、また逮捕するってのはどう?」

 

P「ああ、それならいいよ」

 

響「よ〜っし、決まりっ! じゃ、自分、プロデューサーの仕事終わるまで待ってるぞ!」

 

 

二人は幸せな夕食をとって終了

 

 

 

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23(火) 18:37:46.91 ID:yEHfXaPe0

 

響「……」ソワソワ

 

P「……」カタカタ

 

響「……終わった?」

 

P「まだもうちょっと」カタカタ

 

響「そ、そう」シュン

 

P「……」カタカタ

 

響「……」ソワソワ

 

P「……」カタカタ

 

響「……ね、そろそろ」

 

P「あと少し」カタカタ

 

響「うぐ」シュン

 

P「……」カタカタ

 

響「……」ソワソワ

 

P「響」カタカタ

 

響「えへ、な、なに?」ソワソワ

 

 

 

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23(火) 18:41:56.79 ID:yEHfXaPe0

 

P「お茶、淹れてもらっていいかな」カタカタ

 

響「……うん」シュン

 

P「頼んだ」カタカタ

 

響「……」カチッボッ

 

P「……」カタカタ

 

響「……」シュンシュンシュン

 

P「……」カタカタ

 

響「……」ピーッ サラサラ

 

P「……」カタカタ

 

響「……」コポコポコボ

 

P「……」カタカタ

 

響「プロデューサー、お茶淹れたよ」コトッ

 

P「ありがとう、響」ズズズ

 

 

 

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23(火) 18:47:40.84 ID:yEHfXaPe0

 

響「……くふ」ニヤリ

 

P「ぶー!!」ブー!!

 

響「くく、ふ! はは、あはははは!!」バンバン

 

P「なんだこのお茶甘じょっぱい! ……ごく……甘じょっぱい!!」ブー!!

 

響「あっはっはっは! ひ、ひひ、ひぃー、ひぃー!」ゴロゴロ

 

P「我那覇響さん」

 

響「え、あ……はい」

 

P「……正座」

 

響「はい」

 

P「資料がビショビショです」

 

響「はい」

 

P「仕事が進みません」

 

響「……ごめんなさい」

 

P「謝らなくていいです、帰るのは遅れます」

 

響「……はい」

 

 

 

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23(火) 18:51:42.09 ID:yEHfXaPe0

 

P「……」カタカタ

 

響「……」シュン

 

P「……」カタカタ

 

響「……」ソワソワ

 

P「……」カタカタ

 

響「……ぁ」パクパク

 

P「……」カタカタ

 

響「うぅ……」シュン

 

P「……」カタカタ

 

響「……」ソワソワ

 

P「……」カタカタ

 

 

 

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23(火) 18:56:43.97 ID:yEHfXaPe0

 

響「プロデューサー、お茶……」コトッ

 

P「いいです」カタカタ

 

響「……」シュン

 

P「……」カタカタ

 

響「……ごめん」ションボリ

 

P「……」カタカタ

 

響「……ごめんなさい」ションボラー

 

P「……」カタカタ

 

響「うぅ……」ションボリスト

 

P「さて、そろそろ冷めたかな、猫舌は辛いよホント」

 

響「……!」パアァ

 

P(やべえくっそかわええ)カタカタ

 

 

 

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23(火) 19:00:46.86 ID:yEHfXaPe0

 

響「まだ?」ゴロゴロ

 

P「そんなに早くは」カタカタ

 

響「ふーん……」ゴロゴロ

 

P「……」カタカタ

 

響「……ねー」ゴロゴロ

 

P「んー?」カタカタ

 

響「邪魔じゃない?」ゴロゴロ

 

P「ちょっと重いけど、別に」カタカタ

 

響「自分、重くないぞ!」ガバッ

 

P「暴れられると困る」カタカタ

 

響「あ、ごめん」ゴロン

 

P「……」カタカタ

 

響「……」ゴロゴロ

 

 

 

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23(火) 19:06:41.58 ID:yEHfXaPe0

 

P「……」カタカタ

 

響「……」

 

P「……響?」カタカタ

 

響「……くぅ、くぅ」スヤスヤ

 

P「寝ちゃったか」カタカタ

 

響「……すぅ、すぅ」スヤスヤ

 

P「ソファに寝かせておこう」グイッ ムニ

 

響「……んぁ?」パチ

 

P「あ、起き」

 

響「んぅ、自分寝てたか?……ってプロデューサー!? どどどどこ触って」

 

P「え?」ムニ

 

響「ま、またまた胸触った! それも寝込みを襲った!」バッ

 

P「いや、わざとじゃないんだ」

 

響「逮捕! これは絶対逮捕だぞ! 情状酌量の余地なしだからね!」ムキー

 

 

 

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23(火) 19:15:43.07 ID:yEHfXaPe0

 

P「それでも俺はやってない!」

 

響「問答無用の現行犯逮捕だぞ!」

 

P「弁護士を呼べー! ミランダ警告を遵守しろー!」

 

響「判決はもう下ったさー!」

 

P「魔女裁判だ、人権の侵害だ!」

 

響「判決! 無罪! 終身刑!」

 

P「どういうことなの!」

 

響「だ、だから、その、自分が看守でプロデューサーが囚人で……」

 

P「わお」

 

響「愛の牢獄さー!」

 

P「ポエミィ」

 

 

 

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23(火) 19:19:14.94 ID:yEHfXaPe0

 

響「さあ大人しく牢屋に入るさー!」

 

P「仕事終わらせてからね」

 

響「そだね」

 

P「……」カタカタ

 

響「……」ゴロゴロ

 

P「……」カタカタ

 

響「……」ゴロゴロ

 

P「……」カタカタ

 

響「ごろごろ」ゴロゴロ

 

P「あ、こんなところにでっかい黒猫が」カタカタ

 

響「にゃー」ゴロゴロ

 

P「擦り寄って来て、愛い奴め」ナデナデ

 

響「にゃあ、ぁ……ん」ゴロゴロ

 

 

 

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23(火) 19:27:46.02 ID:yEHfXaPe0

 

P「ここか、ここがええのか」ナデナデ

 

響「にゃ、ふ、ぅんあ……はぁ、あ」ゴロゴロ

 

P「ええのかー、ええのんかー」ナデリコナデリコ

 

響「んぅ……はん、う、くぅ」ゴロゴロ

 

P「耳の付け根が気持ちええのんかー」サワサワ

 

響「ひゃあ、あ、あ、あ……う」ピク ピクン

 

P「首筋が好きなんかー」ススス

 

響「あ、う、ふんぁ……」トロン

 

P「鎖骨がたまらんのかー」ツツー

 

響「んぅ、ゃ……うぁ!」ビク

 

P「脇の下もかー」スルッ

 

響「あ、だめ、だめだ、ぞ……そ、こ」フルフル

 

P「猫じゃなかったのかな、聞き間違いかな」クニクニ

 

響「にゃ、あ! にゃあ、ん! にゃ、は、あぁ!」ビクッビクンッ

 

 

 

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23(火) 19:28:53.91 ID:zy7Ce/sw0

 

響はかわいいなぁ

 

 

 

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23(火) 19:34:55.17 ID:yEHfXaPe0

 

P「これ以上はチカンかな」スッ

 

響「あ……終わり?」ブルッ

 

P「犯罪は駄目だし。でも、犯罪じゃなかったら続けるかも」

 

響「……うぅ」モジモジ

 

P「どっちなのかな、響?」

 

響「……ち」ボソッ

 

P「ち?」

 

響「ち、ちかん」

 

P「やっぱりチカンか」

 

響「……じゃ、ない、から大丈夫、だぞ?」チラッ

 

P「え? 何?」

 

響「今のはチカン、じゃない、から、だから……自分、プロデューサーなら、続けてもいい、よ?」カアァ

 

P「そういや仕事が先だった」ソソクサ

 

響「うがーー!!」ドタバタダンダン!!

 

 

 

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23(火) 19:43:11.71 ID:yEHfXaPe0

 

P「忙し忙し」カタカタ

 

響「プロデューサーはいつもそうさー !そうやって他のアイドルもその気にさせてるさー! しちーぼーいさー!!」

 

P「響」カタカタ

 

響「何! 今自分、怒るのに忙しいんだけど!」

 

P「響だけだ」カタカタ

 

響「え?」

 

P「響だけだよ、こんなことするの」カタカタ

 

響「あぅ……」カアァ

 

P「それだけ言っておきたかった」カタカタ

 

響「きょ、虚偽の申告は犯罪さー……」モジモジ

 

P「どうしたら信じて貰えるかな」カタカタ

 

響「こっち、見て?」

 

P「うん」クルッ

 

響「ちゆ、ちゅーが証明書代わりになるって、ロッポーゼンショに」モジモジ

 

P「焚書した方が良いと思う」

 

 

 

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23(火) 19:49:05.81 ID:yEHfXaPe0

 

響「うがー! 冷静なツッコミはいらないよ! ムードぶち壊しさー!」バンバンバン

 

P「やめて下さいキーボードが壊れてしまいます」

 

響「うがー!!」バンバンバン

 

P「落ち着け、響」ギュ

 

響「うあ!?」ビク

 

P「帰ったらすぐ証明書、発行するよ」ナデナデ

 

響「……お役所仕事だったら、許さないぞ?」ギュ

 

P「心配ないよ」ナデナデ

 

響「……うん!」シャイニースマイル

 

 

 

小鳥「仕事まだまだ残ってるから、いちゃつくならさっさと帰って欲しい」カタカタカタカタカタカタカタカタ

 

おわり

 

 

 

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23(火) 20:44:41.08 ID:yEHfXaPe0

 

響「美味しい?」ワクワク

 

P「うん、そこそこ」モグモグ

 

響「うん、そこそこ……じゃなくて、美味しいか美味しくないかで答えてよ」ブー

 

P「膨れっ面の響可愛い」モグモグ

 

響「え? そ、そうだろ、自分完璧だからな!」エッヘン

 

P「……」モグモグ

 

響「って違ーう! 味を聞いてるの!」

 

P「そこそこだってさっき言ったよ」モグモグ

 

響「もー、そうじゃなくって! うがー!」

 

P「……」モグモグ

 

響「なんでそんな意地悪なの? 嫌いなのか?」ムッ

 

P「怒りんぼ響可愛いな」モグモグ

 

響「えへへ……ってだからー!」

 

 

 

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23(火) 20:49:15.21 ID:yEHfXaPe0

 

P「ごちそうさまでした」

 

響「はぁ、お粗末様でした……もう一回だけ聞くぞ、味、どうだった?」

 

P「美味しくないわけない」

 

響「ふ、ふーん?」ホッ

 

P「手錠がなかったらもっと美味しく食べられたと思う」ガチャ

 

響「プロデューサーは重犯罪者だからね! いくらおべっか使ってもそれは外せないさー」フフン

 

P「美味しくないわけない、がおべっか扱いって響は普段どんなこと言われてるのか心配」

 

響「意地悪なことばっかり言うプロデューサーのせいだろー!」

 

P「覚えがない、響はアルツハイマーなのか?」キョトン

 

響「そういうとこだー!」

 

 

 

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23(火) 20:52:40.72 ID:yEHfXaPe0

 

響「……」ゴロゴロ

 

P「……」ペラ

 

響「……」ゴロゴロ

 

P「……」ペラ

 

響「……っ」ゴロゴロゴロゴロ

 

P「……」ペラ

 

響「……ボクネンジン!」ゴロゴロドーン

 

P「うわーいたいー」ペラ

 

響「扱いが雑過ぎるぞ!」

 

P「なんやこいつ、いきなりどないしたんや」

 

響「なんで関西弁さー!」

 

 

 

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23(火) 20:55:09.30 ID:yEHfXaPe0

 

P「関西出身だから」ペラ

 

響「え、そうなの? 自分、知らなかったぞ」ポカン

 

P「嘘だから」ペラ

 

響「雑誌ばっかり読んでないでこっち見ろー!」ゲシッ

 

P「はいはい」ペラ

 

響「……ねー」

 

P「んー?」ペラ

 

響「……」

 

P「……」ペラ

 

 

 

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23(火) 20:59:12.09 ID:yEHfXaPe0

 

響「……しないのか?」チラッ

 

P「何をー?」ペラ

 

響「さっきの、その、続き?」モゴモゴ

 

P「関西弁の話?」ペラ

 

響「もー、分かってて言ってるでしょ」ムッ

 

P「あ、ムッとした響可愛い」ペラ

 

響「もう騙されないぞ」

 

P「まじか」ペラ

 

響「見もしないで可愛いは無茶さー」ジトー

 

P「まじかー」ペラ

 

響「……」ジトー

 

P「……」ペラ

 

響「……ほんとにしないの?」

 

P「してほしいの?」ペラ

 

響「……」

 

 

 

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23(火) 21:03:22.16 ID:yEHfXaPe0

 

響「もし」

 

P「……」ペラ

 

響「もし……正直に言ったら」

 

P「うん」ペラ

 

響「続き、してくれる?」オズオズ

 

P「……」ペラ

 

響「……じゃあ、いい」

 

P「……」ホッ

 

響「プロデューサーの答えなんか聞かない、自分の正直な気持ち、言うから!」

 

P「……!?」バッ

 

響「……」

 

P「あ……」

 

響「……ふふん」ニヤリ

 

P「あちゃー……」

 

 

 

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23(火) 21:06:19.82 ID:yEHfXaPe0

 

響「ねえ、プロデューサー?」ゴロゴロ

 

P「……なに」

 

響「どうして、いつもわざと突き放す言い方するの?」ゴロゴロ

 

P「してないよ」ナデ

 

響「うそ」ゴロゴロ

 

P「……嘘だよ」

 

響「……」ゴロゴロ

 

P「……」ナデナデ

 

響「怖いの?」ゴロゴロ

 

P「全然」ナデナデ

 

響「また、うそ」ゴロゴロ

 

P「……響の眼は、綺麗だな」ナデ

 

 

 

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23(火) 21:11:24.66 ID:yEHfXaPe0

 

響「一線超えちゃ駄目だって思ってるでしょ」ゴロゴロ

 

P「……超えちゃ駄目なんだよ」

 

響「なんで?」ゴロゴロ

 

P「それは」

 

響「撫でてよ」ゴロゴロ

 

P「……アイドルとプロデューサーだし」ナデナデ

 

響「アイドルやめたら?」ゴロゴロ

 

P「……響の夢だから、奪いたくない」

 

響「手、止まってるぞ? プロデューサー」ゴロゴロ

 

P「……」ナデ

 

響「ねえ?」

 

P「なに」

 

響「自分はいいんだぞ? プロデューサーなら」

 

P「冗談でもそういうこと、言うな」

 

 

 

79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23(火) 21:15:36.06 ID:yEHfXaPe0

 

響「……怖い顔」ゴロゴロ

 

P「……」ナデ

 

響「自分はトップアイドルになれるって思ってた」ゴロゴロ

 

P「なれるさ」ナデナデ

 

響「違ったんだ、一人じゃなんにも出来ない」ゴロゴロ

 

P「……そんなこと」ナデナデ

 

響「でもさ、プロデューサーのおかげでそこそこ売れるようになった、テレビにだって最近はよく出てる」ゴロゴロ

 

P「……実力だ」ナデナデ

 

響「プロデューサーが育ててくれたからね」ゴロゴロ

 

P「……」ナデ

 

響「感謝してるんだよ、プロデューサー」ギュ

 

P「……」キュ

 

 

 

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23(火) 21:22:32.00 ID:yEHfXaPe0

 

響「何か恩返ししたいなーっていっつも考えてる」スッ

 

P「……」

 

響「でも自分、頭悪いからな。完璧なんて、自分でもバレバレな嘘だって思うさー」サワ

 

P「……っ」ピクン

 

響「どうすれば返せるか、全然分からなくて、考えて、考えて考えて」スリスリ

 

P「……響」ブルッ

 

響「考えてる内に、他のことが頭に入らなくなってきてさー」ススス

 

P「響」ピクピク

 

響「最近はお仕事ばっかりで忙しいのに、暇さえあればプロデューサー、プロデューサーさー」ツツー

 

P「……ひび、き」プルプル

 

響「これって好きなのかな? 自分をあげたいって思っちゃうのは、恋なのかな?」スルッ

 

P「響……」ギュウ

 

 

 

84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23(火) 21:33:44.99 ID:yEHfXaPe0

 

響「う、ぐす」キュッ

 

P「……響?」

 

響「……ごめんね、ひっ、ひっく、迷惑だよね、自分、アイドル、ぐす、だし」ポロポロ

 

P「ずっと、悩んでたのか」ナデ

 

響「どうすれば、いいんだ? うぐ、ぐすん、いつ、いつもみたいに、ひっく、教えてよぉ」ポロポロ

 

P「……ごめんな」

 

響「自分、トップアイドルになりたい、ぞ、で、でも、ぐす、プロデューサー、隣に、いたいし、ひっく、うえぇ、恩、返し」ポロポロ

 

P「うん」ナデナデ

 

響「全然、分からな、くて」ポロポロ

 

P「……うん」ナデナデ

 

響「っ、ひっ、ぐす……」ポロポロ

 

P「トップアイドルになるまでは隣にいるよ、その後のことはその後でいい」ナデナデ

 

響「……」ポロポロ

 

P「上を目指すこと、俺が隣にいること……今は両方、響のものだ。恩返しなんて頂点に立ってからにしてくれ、先払いなんて俺にはプレッシャーだよ」ナデナデ

 

 

 

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23(火) 21:36:29.33 ID:yEHfXaPe0

 

響「……すぅ、すぅ」スヤスヤ

 

P「泣き疲れて寝たか。みんな、騒がしくしてごめんな」

 

ハム蔵「ぢゅ」

 

P「……ありがとな」

 

ハム蔵「ぢゅい」

 

P「さて、帰るか。鍵、任せていいよな?」

 

ハム蔵「ぢゅい!」

 

P「頼もしいな、はは」

 

 

 

88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23(火) 21:45:23.85 ID:yEHfXaPe0

 

響「は、はいさーい……」ソー

 

P「おはよう、響!」ポン

 

響「うぎゃー!? ププ、プロデューサー!?」

 

P「なんだ、朝からテンション高いな。昨日何かあったのか?」キョトン

 

響「えっ……」ポカン

 

P「ん? よく見ると眼が赤い……さてはドキュメンタリーでも見て泣いたな?」ニヤリ

 

響「な、これは、昨日プロデューサーが!」カアァ

 

P「昨日? そういえば逮捕だなんだ言ってお前、結局寝ちゃったよな? あーあ、晩御飯楽しみにしてたのになー」ジトー

 

響「あれ? あれ? 夢? いや、でも……!」オタオタ

 

P「まあいい、今日も一日頑張ってくれたまえよ、我那覇君!」ドヤァ

 

響「……」キョトン

 

P「あれ? に、似てなかったかな? 社長の真似だったんだけど」オタオタ

 

響「……ぷっ! ふふ、あはは! 下手っぴ、プロデューサー下手っぴだぞ!」ゲラゲラゲラ

 

 

 

90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23(火) 21:48:55.31 ID:yEHfXaPe0

 

P「あっれー? 社長の前でやったら、どんどんやってくれたまえ! って言われたんだけどなー?」

 

響「……はは、それもすごい勇気だな」

 

P「ってもうこんな時間か! じゃ今日のレッスンも頑張れ、な!」

 

響「ん? プロデューサーは?」

 

P「今日は外回りだよ、連絡あったらメモ書くかメール送ってくれ。じゃ、行ってきます!」タタタ

 

響「ん、行ってらっしゃーい」ブラブラ

 

 

 

92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23(火) 21:57:06.43 ID:yEHfXaPe0

 

響「……腕は手錠の赤い跡が残ってたし、昨日のことをあんなに説明口調で話すわけないぞ。やっぱりプロデューサーは嘘、下手っぴさー」

 

響「……」

 

響「……」

 

響「……プロデューサー、代金は利子と熨斗と水引つけて、きっちり払うからね! トップアイドルの座も、プロデューサーの隣もずっと自分のものさー!」

 

響「なんたって自分、完璧だからな!」

 

おわり

 

 

 

 

 

響「……でもなんか悔しいしメール送ってやれ」

 

P「ん? 響からメール……かなさんどーって何だよ意味わかんねー」

 

おわり

 

 

 

93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/23(火) 21:57:32.16 ID:7HmNnOMu0

 

響は可愛いなぁ…
乙!

 

関連ページ

律子「時間の問題じゃありませんよ……」 伊織「ちょっとアンタ!心配かけさせるんじゃないわよ!」
響「貴音だって自分が迷ってる時支えてくれるし、変態だけど頼りになるんだぞ!」
小鳥「おにぎりだって美希ちゃんくらいしか消費しないじゃない、いちごババロアも」SS
春香「…馬鹿らしいけど地味に大変な状況だね」 真「自分で掘った穴が深すぎて登れなくなった」
P「…数人や数十人じゃないんだ…」 PやよいみたいなDランクアイドルなんか…」
伊織「ちょっと私の家まで送りなさいよ」 真(結局家まで着いていってしまった……) SS
貴音(プロデューサーの使用済みすぷーんと箸と皿を頂くわたくしの計画!)
真「へへっ、ボク凄い自信ついたよ!」 真「黒井社長ありがとうございます!」
美希「領収書ってどうやってもらうんだっけ…?」 響「プロデューサーの懐がすごいことになりそうだぞ…」
P「久しぶりな気がするな……あと急に抱きつかない」 真美「気にしないの」
響「もう二度としないから、これからも、一緒に居られるかな?」
律子「そのかわり!ちゃんとプロデューサーが世話をすること!」
春香「最近、皆から無視されてるんだけど、アイドル辞めようかな・・・」
真美「……ぶ、ブラ?真美なんのことかわかんないなー」SS
あずさ「そういえばプロポーズの言葉聞いてなかったわね」 SS
真「でも、物語はもうすぐハッピーエンドになります」 アイマスSS
真美「んっふっふ〜。照れてるいおりんも可愛いですな〜」
千早(真剣そうな顔で・・・、何か書きとってるのかしら?)
P「音無さんも食べますか?飯が中途半端に残ったんで余分に作ってきたんです」
春香(いつの間にか恋人どうしみたいになってて置いてけぼりです) 真美「今度こそ付き合ってよ!」
春香「ちーちゃん、諦めよう。お仕事に影響しちゃうよ?ニヤニヤw」
「貴音、とりあえず中に戻ろう?ここにいたら風邪ひいちゃうよ」 SS
春香「おはようございます、みんなのアイドル、天海春香です!」
P「真の天然さんは天然って言われるとすぐ否定するとか」
P「あずささん、仕事も楽しんでくれるから仕事を取り甲斐があるよ」
春香「はいどうぞ! 今話題のお店のクッキーなんです!」
やよい「千早さんもシートベルトしないとダメですよ。」 アイマスSS
P「いや…ちょっとお茶を飲みすぎたみたいでな…トイレにいってくるよ。雪歩一緒に行くか?」
P「……本当に、まさか律子がこんなに甘えん坊だとはなぁ」

ホーム RSS購読 サイトマップ