あずさ「そういえばプロポーズの言葉聞いてなかったわね」 SS

あずさ「そういえばプロポーズの言葉聞いてなかったわね」 SS

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 02:58:50.42 ID:UQFeMY3C0

 

 

─────

 

はじめに新婦の勤め先でございます、765プロ社長、高木順二朗様にご挨拶を頂戴したいと存じます

 

高木様、よろしくお願い致します

 

 

 

高木「おっほん!ご紹介に預かりました高木順二郎です」

 

───

 

 

 

 

 

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 03:06:41.74 ID:UQFeMY3C0

 

 

続きまして、新郎の勤め先でございます。961プロ社長、黒井崇男様に乾杯のご発声を頂戴したいと存じます

 

黒井様、よろしくお願い致します

 

 

 

黒井「ご紹介に預かりました黒井と申します」

 

───

 

 

 

 

 

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 03:09:59.49 ID:UQFeMY3C0

 

 

黒井「新郎は我が社きっての優秀な人材で───」

 

 

 

黒井「幼少の頃から知っておりますが───」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 03:15:07.50 ID:UQFeMY3C0

 

 

真美「社長達は話が長いYO!」

 

律子「ま、真美!」

 

黒井「高木の方が長かっただろう!」

 

「はははっ」

 

黒井「で、では新郎新婦の末永いお幸せをお祈り致しまして」

 

黒井「乾杯!」

 

「乾杯!」

 

 

 

 

 

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 03:21:47.70 ID:UQFeMY3C0

 

 

───

 

ではここで新郎新婦の馴れ初めをご紹介致します

 

新郎、高槻長介さんは…

 

 

 

 

 

 

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 03:28:27.40 ID:UQFeMY3C0

 

 

─────
───

 

長介「おはよう」

 

やよい「おはよう長介!もうすぐご飯の準備出来るからね!」

 

長介「それじゃあみんなを起こしてくるよ」

 

やよい「お願いね!」

 

 

 

 

 

 

 

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 03:36:53.05 ID:UQFeMY3C0

 

 

「いただきますー!」

 

浩太郎「あっ、伊織お姉ちゃんだ!」

 

浩司「本当だ!」

 

かすみ「綺麗だね!」

 

長介「ふーん」チラッ

 

かすみ「へぇ〜」ニヤニヤ

 

長介「な、なんだよ!」

 

かすみ「別に〜」

 

 

 

 

 

 

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 03:39:07.30 ID:UQFeMY3C0

 

 

やよい「そういえば伊織ちゃん、近いうちに遊びに来るって!」

 

長介「!?」

 

やよい「どうしたの長介?」

 

長介「な、なんでもねーよ!」

 

 

 

 

 

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 03:44:12.85 ID:UQFeMY3C0

 

 

長介「ご、ごちそうさま!行ってきます!」

 

やよい「あっ!長介お弁当忘れてるよ!」

 

 

 

──

 

 

 

 

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 03:57:52.33 ID:UQFeMY3C0

 

 

長介(かすみの奴め…)

 

長介(そういえば、初めて会ってからもう5年経つのか…)

 

長介(でも最近会ってないな…)

 

 

 

『そういえば伊織ちゃん、近いうちに遊びに来るって!』

 

 

 

長介(……)ニヤニヤ

 

先生「高槻、ここ答えてみろ」

 

長介(それにしても、さっき映ってた伊織さん綺麗だったな…)ニヤニヤ

 

先生「おーい!高槻!」

 

 

 

───

 

 

 

 

 

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 04:01:01.12 ID:UQFeMY3C0

 

 

長介「ただいま!」

 

 

 

「あら、遅かったじゃない」

 

 

 

長介「い、伊織さん!?な、なんで!?」

 

 

 

 

 

 

 

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 04:06:11.70 ID:UQFeMY3C0

 

 

伊織「何よ?来ちゃ悪いわけ?」

 

長介「い、いやそうじゃなくて…やよい姉ちゃんが今度来るって…」

 

伊織「今日は午後からオフになったのよ」

 

やよい「あ、長介おかえり!」

 

長介「お、おれ顔洗ってくる!」

 

やよい「顔?手じゃなくて?」

 

伊織「どうしちゃったのかしら」

 

 

 

 

 

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 04:09:46.06 ID:UQFeMY3C0

 

 

長介(やばい!突然すぎて心の準備が!)

 

長介(……)

 

長介(やっぱり伊織さん、凄い美人になってるな…)

 

長介「はぁ…」

 

 

 

 

 

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 04:18:45.39 ID:UQFeMY3C0

 

 

やよい「それじゃあご飯の準備してくるね!」

 

伊織「手伝うわよ」

 

やよい「伊織ちゃんはお客さんなんだから座ってて!」

 

長介「じゃあ俺が手伝うよ」

 

やよい「長介も部活で疲れてるでしょ?」

 

長介「それはやよい姉ちゃんだって仕事で…」

 

やよい「私は今日お休みだったから大丈夫!」

 

 

 

 

 

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 04:24:24.68 ID:UQFeMY3C0

 

 

伊織「本当にやよいには敵わないわね」

 

長介(うぅ…何を話したらいいんだ…)

 

伊織「アンタさっきから大丈夫?」

 

長介「だ、大丈夫っす!」

 

 

 

 

 

 

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 04:37:47.79 ID:UQFeMY3C0

 

 

──

 

「いただきまーす!」

 

長介(ふぅ…、あの後すぐにみんなが帰ってきてくれて助かった…)

 

伊織「相変わらず美味しいわね!」

 

浩三「うんうん!」

 

やよい「えへへー!」

 

かすみ「伊織さんの前で緊張してるのかな?」ボソッ

 

長介「な、なに言ってんだよ!」ボソッ

 

やよい「二人共!早く食べないと無くなっちゃうよ!」

 

 

 

 

 

 

 

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 04:49:27.83 ID:UQFeMY3C0

 

 

──

 

伊織「それじゃあ明日も仕事だから失礼するわね」

 

長介(……)

 

長介「あ、あの!俺送っていくよ!」

 

伊織「あら、気が利くじゃない」

 

 

 

 

 

 

 

 

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 04:51:16.06 ID:UQFeMY3C0

 

 

やよい「じゃあまたね、伊織ちゃん!長介もよろしくね!」

 

長介「うん」

 

伊織「ええ、また明日」

 

 

 

 

 

 

 

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 05:04:48.01 ID:UQFeMY3C0

 

 

伊織「ふぅ…すっかり冷え込んできたわね」

 

長介「そ、そうだね…」

 

伊織「そういえばアンタ、彼女とか出来たの?」

 

長介「え?」

 

伊織「まぁ、いる訳ないでしょうけど」

 

 

 

 

 

 

 

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 05:13:22.28 ID:UQFeMY3C0

 

 

長介「まぁいないけど…い、伊織さんは…?」

 

伊織「私は今は仕事が恋人だもの」

 

長介「ふーん」

 

長介(よ、よかったぁ〜!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 05:23:54.64 ID:UQFeMY3C0

 

 

長介(これって告白するなら今がチャンスなんじゃないか?)

 

長介(この5年間の片思い…でも俺なんかじゃダメだよな…)

 

長介「……」

 

伊織「ちょっとアンタ、今日はどうしたのよ?何か悩み事でもあるの?」

 

長介「いやぁ、その…」

 

 

 

 

 

 

 

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 05:30:42.08 ID:UQFeMY3C0

 

 

長介(そういえば昔に伊織さんが言ってたよな…)

 

 

 

『こそこそ逃げてないで、ぶつかっていけばいいじゃない』

 

 

 

長介「……あっ、あの!」

 

 

 

 

 

 

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 05:33:48.25 ID:UQFeMY3C0

 

 

伊織「なによ?」

 

 

 

長介(言え!言うんだ高槻長介!)

 

 

 

 

 

27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 05:35:26.97 ID:UQFeMY3C0

 

 

 

 

長介「俺…ずっと前から…伊織さんの事が好きだったんですっ!!!」

 

 

 

 

 

 

 

28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 05:41:31.78 ID:UQFeMY3C0

 

 

伊織「え?」

 

長介(言っちまった!!!)

 

伊織「え?アンタが私を…好き?」

 

伊織「〜〜〜っ!」

 

 

 

 

 

 

29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 05:45:33.57 ID:UQFeMY3C0

 

 

長介「……」

 

伊織「えっと予想外過ぎてちょっと取り乱したわ…」

 

伊織「…」

 

 

 

 

 

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 05:46:59.14 ID:UQFeMY3C0

 

 

伊織「でもまぁ結論から言うわ」

 

長介「は、はい!」

 

 

 

 

 

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 05:48:55.42 ID:UQFeMY3C0

 

 

伊織「ごめんなさい…長介」

 

伊織「今はあなたとは付き合えないわ」

 

 

 

 

 

32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 06:10:17.28 ID:UQFeMY3C0

 

 

長介「そ、そうですよね…俺みたいな高校生とアイドルじゃ…」

 

 

 

伊織「…さっきも言ったけど今は仕事が恋人なのよ」

 

長介「え?」

 

伊織「それにアンタまだ高校生じゃないの」

 

 

 

 

 

33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 06:27:04.02 ID:UQFeMY3C0

 

 

伊織「だから…私と張り合えるだけの人間になったからもう一度聞いてあげるわ」

 

長介「それって…!」

 

伊織「あーもう!うるさいわね!早く送りなさいよ!」

 

長介(これってもう一度チャンスがあるって事だよな…よしっ!!!)

 

 

 

 

 

34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 06:31:42.27 ID:UQFeMY3C0

 

 

伊織「ほら行くわよ!」

 

長介「は、はい!」

 

 

 

 

 

 

35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 06:35:13.53 ID:UQFeMY3C0

 

 

伊織「大体アンタは私と付き合おうなんて1億年早いのよ!」

 

長介「えぇ!」

 

伊織「まぁ、でもこの伊織ちゃんに告白なんてしてきたのはアンタが初めてだわ」

 

長介「意外だ…」

 

伊織「多分みんな水瀬の家に委縮しちゃってね」

 

長介「あぁ、そういえば…」

 

伊織「はぁ、アンタねぇ…」

 

 

 

─────
───

 

 

 

 

 

 

36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 06:41:51.33 ID:UQFeMY3C0

 

 

亜美「ほほぅ!長介もなかなかやりますな→」

 

真「ロマンチックだな〜!」

 

あずさ「青春ね〜」

 

雪歩「わたし感動しちゃいましたぁ」

 

 

 

 

 

37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 06:46:21.27 ID:UQFeMY3C0

 

 

響「いい話さ〜」グスン

 

貴音「おや響、食べないのなら私が貰いますね」

 

響「ちょっと貴音!」

 

春香「あははっ、貴音さんは相変わらずだね」

 

千早「本当ね」クスッ

 

 

 

 

 

 

 

38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 06:53:29.65 ID:UQFeMY3C0

 

 

──

 

美希「それにしてもでこちゃん、本当に綺麗なの」

 

P「伊織〜〜!」

 

律子「いつまで泣いてるんですかプロデューサー殿…」

 

真美「あっちはもっと凄いよ…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 06:59:09.37 ID:UQFeMY3C0

 

 

高木「うーむ…」ポロポロ

 

黒井「長介君…伊織ちゃん…」ポロポロ

 

小鳥「高木社長!黒井社長!お気を確かに!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 07:14:56.73 ID:UQFeMY3C0

 

 

───

 

長介「本日は公私ともお忙しい中、私達二人の結婚披露宴にご出席いただき、誠にありがとうございました」

 

長介「まだまだ若輩者なので困難もあると思いますが、伊織と力を合わせ共に歩んでいきます!」

 

長介「本日は誠にありがとうございました!」

 

 

 

 

 

 

 

41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 07:21:01.63 ID:UQFeMY3C0

 

 

───
──

 

 

 

やよい「伊織ちゃん、長介!本当におめでとう!」

 

伊織「ありがとうやよい。それよりも義姉さんって呼んだ方がいいかしら?」

 

やよい「うぅ〜、なんか気持ち悪いよ〜…」

 

かすみ「長介も初恋が実ってよかったね」

 

長介「かすみ!」

 

 

 

 

 

42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 07:24:12.13 ID:UQFeMY3C0

 

 

伊織「そんなに私にぞっこんだったわけ?」

 

長介「べ、別に…」

 

やよい「私は全然気が付かなかったからビックリしたよ!」

 

 

 

 

 

43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 07:27:00.81 ID:UQFeMY3C0

 

 

響「おーい!」

 

伊織「あら?」

 

響「伊織!長介!おめでとう!」

 

伊織「ありがとう」

 

貴音「まこと良き日ですね」

 

長介「ありがとうございます!」

 

 

 

 

 

44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 07:30:13.01 ID:UQFeMY3C0

 

 

真美「いおりん!おめでと→」

 

亜美「長介もこんなに綺麗なお姉さんGETするとはねぇ…」

 

長介「ははっ、俺には勿体ないくらいですよ」

 

 

 

 

 

45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 07:34:13.65 ID:UQFeMY3C0

 

 

雪歩「伊織ちゃん本当に綺麗ですぅ」

 

伊織「まぁ当然よね」

 

真「ボクも早くフリフリのウエディングドレス着たいな〜」

 

伊織「十分かわいいドレス着てるじゃないの」

 

 

 

 

 

46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 07:36:44.11 ID:UQFeMY3C0

 

 

美希「でこちゃん♪」

 

伊織「でこちゃんって言う…まぁ今日くらいは勘弁してあげるわ」

 

美希「それにしても長介が羨ましいの」

 

長介「ええ!?」

 

 

 

 

 

47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 07:40:33.72 ID:UQFeMY3C0

 

 

春香「伊織おめでとう!」

 

千早「長介君もとってもカッコいいわ」

 

伊織「ありがとう春香」

 

長介「ははっ、ありがとうございます」

 

伊織「アンタ達の歌もなかなか良かったわよ」

 

春香「えへへ〜!」

 

 

 

 

 

48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 07:48:26.34 ID:UQFeMY3C0

 

 

あずさ「二人共おめでとう〜」

 

律子「本当に立派になったわね」

 

伊織「私も二人には感謝してるわよ」

 

あずさ「そういえばプロポーズの言葉聞いてなかったわね」

 

伊織「秘密よ!秘密!」

 

 

 

 

 

49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 07:54:27.26 ID:UQFeMY3C0

 

 

P「伊織〜!!」

 

伊織「なんでアンタ泣いてるのよ!」

 

高木「水瀬君〜!!」

 

伊織「社長まで!?」

 

P「長介君!伊織を任せたよ!」

 

長介「は、はい!」

 

 

 

 

 

 

 

50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 08:01:25.93 ID:UQFeMY3C0

 

 

小鳥「ほらっ、黒井社長もしっかり!」

 

長介「小さい頃からありがとうございました!」

 

伊織「私もフランスでは世話になったわ」

 

黒井「フンッ!精々仲睦まじくやるがいい!それではな!アデュー!」

 

 

 

 

 

 

51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 08:04:24.41 ID:UQFeMY3C0

 

 

真美「そうだ!みんなで写真撮ろうよ→」

 

小鳥「ええ、そうね!」

 

──

 

 

 

 

 

 

53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 08:13:50.24 ID:UQFeMY3C0

 

 

長介「伊織さん」

 

伊織「なによ?」

 

長介「俺、伊織さんに相応しい男になれたかな?」

 

伊織「…じゃなきゃこうしてアンタの隣にいないわよ」

 

 

 

 

 

54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 08:16:25.81 ID:UQFeMY3C0

 

 

伊織「もう!この伊織ちゃんの旦那になるんだからシャキッとしなさい!」

 

長介「はいっ!」

 

伊織「…これからもよろしくね長介。にひひっ♪」

 

 

 

 

おわり

 

 

 

 

 

 

55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/04(水) 08:18:56.63 ID:UQFeMY3C0

 

 

お目汚し失礼しました

 

こういうの苦手な人はすいません

 

黒井は765プロと仲良い設定です(もやし祭りとか)

関連ページ

律子「時間の問題じゃありませんよ……」 伊織「ちょっとアンタ!心配かけさせるんじゃないわよ!」
響「貴音だって自分が迷ってる時支えてくれるし、変態だけど頼りになるんだぞ!」
小鳥「おにぎりだって美希ちゃんくらいしか消費しないじゃない、いちごババロアも」SS
春香「…馬鹿らしいけど地味に大変な状況だね」 真「自分で掘った穴が深すぎて登れなくなった」
P「…数人や数十人じゃないんだ…」 PやよいみたいなDランクアイドルなんか…」
伊織「ちょっと私の家まで送りなさいよ」 真(結局家まで着いていってしまった……) SS
貴音(プロデューサーの使用済みすぷーんと箸と皿を頂くわたくしの計画!)
真「へへっ、ボク凄い自信ついたよ!」 真「黒井社長ありがとうございます!」
美希「領収書ってどうやってもらうんだっけ…?」 響「プロデューサーの懐がすごいことになりそうだぞ…」
P「久しぶりな気がするな……あと急に抱きつかない」 真美「気にしないの」
響「もう二度としないから、これからも、一緒に居られるかな?」
律子「そのかわり!ちゃんとプロデューサーが世話をすること!」
春香「最近、皆から無視されてるんだけど、アイドル辞めようかな・・・」
真美「……ぶ、ブラ?真美なんのことかわかんないなー」SS
響「ふっふっふ、今日はもう予定もないし、このまま自分の家に連行する!」
真「でも、物語はもうすぐハッピーエンドになります」 アイマスSS
真美「んっふっふ〜。照れてるいおりんも可愛いですな〜」
千早(真剣そうな顔で・・・、何か書きとってるのかしら?)
P「音無さんも食べますか?飯が中途半端に残ったんで余分に作ってきたんです」
春香(いつの間にか恋人どうしみたいになってて置いてけぼりです) 真美「今度こそ付き合ってよ!」
春香「ちーちゃん、諦めよう。お仕事に影響しちゃうよ?ニヤニヤw」
「貴音、とりあえず中に戻ろう?ここにいたら風邪ひいちゃうよ」 SS
春香「おはようございます、みんなのアイドル、天海春香です!」
P「真の天然さんは天然って言われるとすぐ否定するとか」
P「あずささん、仕事も楽しんでくれるから仕事を取り甲斐があるよ」
春香「はいどうぞ! 今話題のお店のクッキーなんです!」
やよい「千早さんもシートベルトしないとダメですよ。」 アイマスSS
P「いや…ちょっとお茶を飲みすぎたみたいでな…トイレにいってくるよ。雪歩一緒に行くか?」
P「……本当に、まさか律子がこんなに甘えん坊だとはなぁ」

ホーム RSS購読 サイトマップ