真美「……ぶ、ブラ?真美なんのことかわかんないなー」SS

真美「……ぶ、ブラ?真美なんのことかわかんないなー」SS

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/06(金) 02:35:15.82 ID:IimgtLrQ0

 

ちょいエロ注意

 

 

真美「あ、兄ちゃんきてくれたんだ!」

 

真美「もー、一人だからってサボってないよ!きっちり練習してるからだいじょーぶい!」

 

真美「というわけで頑張ってる真美にご褒美ちょうだい!」

 

真美「……ってないのぉ!? もー、楽しみにしてたのに……これには別のことでいたわってもらう必要がありそうですなぁ……」

 

真美「んっふっふー、というわけで、せっかく二人きりなんだし………」

 

真美「こうやって兄ちゃんに抱きついてみたりぃ!」ダキィ

 

 

 

 

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/06(金) 02:38:33.34 ID:IimgtLrQ0

 

真美「……んー、やっぱり兄ちゃんはスーツがごわごわしてなんか硬いぃーあんまり兄ちゃんの抱き心地はよくないねー……えへへ、でも頭の撫で方はいつもどおり百点満点だね!」

 

真美「んふふー、いい撫で心地ですなー……あっ、いいこと思いついた!」

 

真美「お返しに真美も兄ちゃんのことなでてあげる!」

 

真美「あー、でもじゃあここからじゃ頭は撫でれないから……ここだぁ!」ズボッ

 

真美「んっふっふー、真美は兄ちゃんの背中なでてあげるね!」

 

真美「って、わぁ……兄ちゃんの背中おっきいなぁ……それに硬い……」

 

真美「ねぇ兄ちゃん!もっといろいろ触ってみていい!? ……やったぁ!ありがと兄ちゃん!」ワクワク

 

真美「腕もすごいし、胸もやっぱり硬いんだねー。スーツ越しにもわかるなんて兄ちゃんもなかなかやりますなぁ!」

 

真美「……ねぇ兄ちゃん。ちょっとだけ上脱いでみてよ!お願い!」

 

真美「えー、だって気になるんだもん!ちょっとだけでいいからさー! ……ほんと!?ありがと兄ちゃん!」

 

 

 

 

 

 

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/06(金) 02:39:40.66 ID:IimgtLrQ0

 

 

真美「〜♪」ドキドキワクワク

 

真美「……わぁ、これが兄ちゃんの体……!」

 

真美「真美、男の人の体こんな間近にみるのは初めてかも……さ、触ってみてもいい?」ドキドキ

 

真美「……うわぁ、腕とかお腹とか思ったより硬い……これが服ごしじゃない、直の兄ちゃんの体……」

 

真美「…………」ボー

 

真美「……! な、なんでもないよ兄ちゃん!いやぁさすが兄ちゃんですなぁ! いよっ男の子!」

 

真美(うあうあ……兄ちゃんの体触ってると……なんか変な感じになって……)

 

 

 

 

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/06(金) 02:40:26.10 ID:IimgtLrQ0

 

真美「あっ、もう服来ちゃうんだ……ありがとうね兄ちゃん!」

 

真美「あーでも、これじゃ頭撫でてもらった以上に兄ちゃんにサービスしてもらったね……いやいや、真美が気にするの!」

 

真美「うーん、そうだなぁ……あっ、閃いた!」

 

真美「兄ちゃんも真美の体好きにしていいよ!」ドヤァ

 

真美「……ったーい!小突くことないじゃん兄ちゃんの馬鹿ー!」

 

真美「発言に気をつけろったってー……今のは真美の本音なんだけど……」

 

真美「それとも、真美の体に興味ない……?……なーんつって!」

 

真美「…………あ、あはは。そうだよねー!兄ちゃん大人だもんね!確かに真美の体興味あったらロリコンさんになっちゃうもんね! 」

 

真美「……うん、真美も今の冗談だから……だから兄ちゃんも気にせず……」

 

真美「…………」

 

真美「……ねぇ、兄ちゃん、こっち向いて?」

 

真美「……Tシャツ託しあげて何してるって……ゆ、誘惑してるんだYO!」

 

真美「真美のお腹なんて見慣れてるかもしれないけど……どう、かな? これでも全然興味ないかな?」

 

 

 

 

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/06(金) 02:41:33.97 ID:IimgtLrQ0

 

 

真美「……えと、ね。なんか、真美が兄ちゃんの体触ってたらね……」

 

真美「……真美が、兄ちゃんに触ってもらいたくなっちゃったんだ」ウワメヅカイ

 

真美「だから、その……ひゃっ!」ビクッ

 

真美「……んっ、くふ、お腹に兄ちゃんの手が、あっ」プルプル

 

真美「っ! や、やぁ! 兄ちゃんくすぐったい!」キャッキャ

 

真美「……ふぅ、次は背中……?お腹よりはくすぐったくないかも」

 

真美「……んふふー、くすぐったいどころかなんか兄ちゃんに背中なでて貰えるの安心するかも」

 

真美「……? どうしたの兄ちゃん?」

 

真美「……ぶ、ブラ?真美なんのことかわかんないなー」のヮの

 

真美「あー、えと、その……」

 

真美「……その、慣れなくて今は外してる……」モジモジ

 

真美「う、うあうあー!わかったから!次からはちゃんとつけるよ!」

 

真美「ううー、まさかばれるなんて……」

 

真美(……さっきよりも、もっと胸がドキドキする)

 

真美(……もっと兄ちゃんに触って欲しい……)

 

 

 

 

 

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/06(金) 02:42:30.22 ID:IimgtLrQ0

 

真美「背中ときたら次は……ってあれ、これで終わり?」

 

真美「えと兄ちゃん……もっと触ってもいいよ?」

 

真美「たとえば……腕とか足とか……その、胸とかも……」ドキドキ

 

真美「……あ、あはは。それはダメだよね!うん!」

 

真美「……わかってる、わかってるけど……」

 

真美「……兄ちゃんは、興味ない? もっとこの先のこと」ドキドキ

 

真美「……いや、もう兄ちゃんは関係ないかも」ドキドキ

 

真美「真美が……もう我慢できないんだ」ヌギッ

 

真美「……あ、あはは、やっちゃった」

 

真美「真美、いま兄ちゃんの前で上半身裸なんだよね」

 

真美「……真美の体、兄ちゃんに見られて、恥ずかしくてどうにかなりそう」

 

真美「でも、なんか兄ちゃんに見られてるってのがすごく嬉しくて」

 

真美「真美、なんかずっと兄ちゃんにドキドキしてて、その気持ちがなんかもう収まらなくて」

 

真美「えと、つまり、だから、だからね」

 

 

真美「真美、兄ちゃんが好き」

 

 

真美「……って、あはは、いまさらかもしれないけど……」ダキッ

 

真美「……ちょっと泣きそうかも。ありがと兄ちゃん……ごめん、真美ちょっと混乱してたかも……」

 

真美「……うん、もう大丈夫。ありがと兄ちゃん」

 

真美「……あはは、えと、兄ちゃん、顔が近いよ?………んっ…んぅ、ちゅ……」

 

真美「んっ……はぁ……えへへ、兄ちゃん真美の気持ちに答えちゃったロリコンさんだ」

 

真美「……えと、その一応真美のファーストキス、だよ?」

 

真美「えへへ…んっ、ちゅ……んぅ……」

 

真美「っぷは……もう。兄ちゃん、いきなり荒っぽいよー、んっふっふー、今のがセカンドキスだね」ニコッ

 

真美「……あ、ごめんごめん、びっくりしたけど、嫌じゃないよ? 今のはなんか真美ドキドキしたから……また今度してくれると嬉しいな」

 

 

 

 

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/06(金) 02:43:24.09 ID:IimgtLrQ0

 

 

真美「……どったの兄ちゃん? 真美が悪い?真美なんかした?」オロオロ

 

真美「……? 兄ちゃんどうしたの? なんか息荒い……」

 

真美「えっ、やっ!兄ちゃんそこ……!」ビクッ
真美「いぅっ、んぅ、兄ちゃ、あっ……」

 

真美「……はぁ……はぁ……え、やっぱり嫌かって?……もう、ここまでしといて何言ってるのさー、嫌じゃないよ、兄ちゃん」ギュッ

 

真美「真美ね。いますっごいドキドキしてるんだ。胸がね、兄ちゃんが好きって気持ちでどうかなっちゃいそう」

 

真美「だからね、真美わかるんだ……今からたぶんなにをされても、きっと真美はそれを喜んじゃうって」

 

真美「……もう遠慮なんてしなくて大丈夫だから」

 

真美「……だから最後まで……大好き、兄ちゃんー」

 

 

 

 

 

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/06(金) 02:44:11.03 ID:IimgtLrQ0

 

 

 

P「いますぐその手をどけろ音無」

 

小鳥「絶対やだ」

 

 

 

 

 

 

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/06(金) 02:47:52.45 ID:IimgtLrQ0

 

 

P「音無さん……あなたそれは」

 

小鳥「違います!これは違うんです!決して同人誌とか妄想の書きなぐりじゃありません!違うんです!信じてくださいプロデューサーさん!」

 

P「あなたがいつまでもその態度をとるなら私は律子を呼ばなければならない」携帯スチャッ

 

小鳥「はい……全て私が悪かったです……この漫画は全身全霊をもってなかったことにしてみせます……」

 

P「まったく……今回は見逃しますけど次はしらないですからね。よりにもよってなんてジャンルを……絶対ほかの子にみせないようにしてくださいよ!」

 

小鳥「いや本当にすっと天啓がきてぱっと発情した真美ちゃんを書きたくなったっていうか……はい。気をつけます」

 

P「もう……はぁ、まぁひとしきり怒ったらなんか暑くなりました。少し窓でもあけてゆっくりしましょう」風バー

 

 

 

 

 

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/06(金) 02:48:32.35 ID:IimgtLrQ0

 

 

P「あっ」

 

小鳥「あっ」紙ヒラー

 

真美「ふいー、今日も一日お疲れ様ですたっだいまー!!兄ちゃん今日のおちごと終わったよー!」ガチャ!

 

真美「? ってなにこれ」ヒョイ

 

P「……ハッ、や、やめろォー真美! その紙に触るな!!」

 

真美「…………」

 

P「あ、あぁ……」

 

P「ま……真美ィー!見るんじゃあない!その紙をいますぐ地面に投げ捨てるんだァー!! ああ、だめだもうかなり見てる!」

 

真美「…………」

 

P「……ま、真美?」

 

真美「……に」

 

P「に?」

 

真美「兄ちゃんの変態ー!!」ダダダダ

 

P「うぉぉぉ誤解だぁぁぁあ!!」

 

P「……ああ、終わった、俺と真美の信頼関係……」

 

小鳥「……」ソロリソロリ

 

P「あははは、逃がすわけないですよね……?」ガシッ

 

小鳥「ひぇぇ、お許しを!慈悲を!」

 

P「ハイ……とでも言うとでも思ったのかぁ……?」

 

P「というか責任とって真美の誤解解いてきてください!! 頼みますよぉ!」

 

 

 

 

 

 

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/06(金) 02:49:17.33 ID:IimgtLrQ0

 

 

真美「うあうあー、ぴよちゃんも兄ちゃんも変態さんだよー、真美が、真美が兄ちゃんと」ドキドキ

 

真美「……さ、触りっこしたり抱き合ったり、ちゅ、ちゅーしたり」ドキドキ

 

真美「に、兄ちゃんとちゅー……」ドキドキ

 

真美「…………」

 

真美「こ、今度、二人きりの時に兄ちゃんに抱きついてみようかな……えへへ」

 

 

終わり

 

 

 

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/06(金) 02:51:13.53 ID:IimgtLrQ0

 

読んでくれた人。ありがとうございました。真美とただひたすらにいちゃいちゃしたい。

 

 

 

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/06(金) 03:06:45.39 ID:PhOAZqk00

 

素晴らしい……乙である!

 

 

 

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/06(金) 03:29:18.23 ID:tDDdtQfDO

 

小鳥…その薄い本早く完成するだ。

 

 

 

 

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/06(金) 09:12:15.77 ID:rdWzN75uo

 

おつ
やはり真美は合法だったか…

関連ページ

律子「時間の問題じゃありませんよ……」 伊織「ちょっとアンタ!心配かけさせるんじゃないわよ!」
響「貴音だって自分が迷ってる時支えてくれるし、変態だけど頼りになるんだぞ!」
小鳥「おにぎりだって美希ちゃんくらいしか消費しないじゃない、いちごババロアも」SS
春香「…馬鹿らしいけど地味に大変な状況だね」 真「自分で掘った穴が深すぎて登れなくなった」
P「…数人や数十人じゃないんだ…」 PやよいみたいなDランクアイドルなんか…」
伊織「ちょっと私の家まで送りなさいよ」 真(結局家まで着いていってしまった……) SS
貴音(プロデューサーの使用済みすぷーんと箸と皿を頂くわたくしの計画!)
真「へへっ、ボク凄い自信ついたよ!」 真「黒井社長ありがとうございます!」
美希「領収書ってどうやってもらうんだっけ…?」 響「プロデューサーの懐がすごいことになりそうだぞ…」
P「久しぶりな気がするな……あと急に抱きつかない」 真美「気にしないの」
響「もう二度としないから、これからも、一緒に居られるかな?」
律子「そのかわり!ちゃんとプロデューサーが世話をすること!」
春香「最近、皆から無視されてるんだけど、アイドル辞めようかな・・・」
あずさ「そういえばプロポーズの言葉聞いてなかったわね」 SS
響「ふっふっふ、今日はもう予定もないし、このまま自分の家に連行する!」
真「でも、物語はもうすぐハッピーエンドになります」 アイマスSS
真美「んっふっふ〜。照れてるいおりんも可愛いですな〜」
千早(真剣そうな顔で・・・、何か書きとってるのかしら?)
P「音無さんも食べますか?飯が中途半端に残ったんで余分に作ってきたんです」
春香(いつの間にか恋人どうしみたいになってて置いてけぼりです) 真美「今度こそ付き合ってよ!」
春香「ちーちゃん、諦めよう。お仕事に影響しちゃうよ?ニヤニヤw」
「貴音、とりあえず中に戻ろう?ここにいたら風邪ひいちゃうよ」 SS
春香「おはようございます、みんなのアイドル、天海春香です!」
P「真の天然さんは天然って言われるとすぐ否定するとか」
P「あずささん、仕事も楽しんでくれるから仕事を取り甲斐があるよ」
春香「はいどうぞ! 今話題のお店のクッキーなんです!」
やよい「千早さんもシートベルトしないとダメですよ。」 アイマスSS
P「いや…ちょっとお茶を飲みすぎたみたいでな…トイレにいってくるよ。雪歩一緒に行くか?」
P「……本当に、まさか律子がこんなに甘えん坊だとはなぁ」

ホーム RSS購読 サイトマップ