律子「そのかわり!ちゃんとプロデューサーが世話をすること!」

律子「そのかわり!ちゃんとプロデューサーが世話をすること!」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/08(火) 21:31:17.16 ID:x+NEmCY6O

 

P「えー」

 

律子「えーじゃありません。ここじゃ飼えませんしちゃんと返してきてください」

 

P「こんなにかわいいのに、なぁ律子」ナデナデ

 

律子「な!?」

 

P「ほらほらここが気持ち良いのか律子」ナデナデ

 

律子「や、やめてください!」

 

 

 

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/08(火) 21:37:41.05 ID:x+NEmCY6O

 

P「いきなり大声出してどうしたんだ?律子が怖がるだろ?」ナデナデ

 

律子「なななな、なんなんですか!?」

 

P「何がって何が?」ナデナデ

 

律子「その『律子』って言うのがですよ!」

 

P「あぁ、このねこの名前だけどそれが何か?」ナデナデ

 

律子「何か?じゃありませんよ!それに少しねこを撫でるのやめなさい!」

 

 

 

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/08(火) 21:55:40.67 ID:1UY3nxCHP

 

P「あぁ律子は可愛いなぁ……」

 

律子「……」ムズムズ

 

P「それに比べて律子は……少しくらい愛想よくできないものか」

 

律子「悪かったですね!!」

 

P「何も律子みたいにしろって言ってるわけじゃなくてさ、俺は律子は律子なりに」

 

律子「……それわざとやってますよね」

 

P「え、何が?」

 

律子「も〜!とにかくっ!ネコはダメです!」

 

P「え〜……ほら、可愛いよ?」

 

律子「な、い、いいですって私は……」

 

P「ほら、呼んでみ?」

 

律子「だ、だから……もう」

 

律子「……り、律子?」

 

P「なぁに?」

 

律子「ひゃぁ! や、やめてくださいっ!」

 

 

 

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/08(火) 22:00:18.89 ID:1UY3nxCHP

 

P「不思議だろ、こいつ鳴かないんだ」

 

律子「……」

 

P「まるで律子とは大違いって言うか、真逆っていうか」

 

律子「……」

 

P「こんなに可愛いのにどうして捨てなきゃいけないのかね〜」

 

律子「……じゃあいいです」

 

P「えっ!許してくれる!」

 

律子「……私が、居なくなります」

 

P「そうか〜……え?」

 

律子「……」

 

P「い、いや、冗談だろ?」

 

律子「だって……私なんていなくても、その”律子”がいればいいんじゃないですか」

 

P「い、いやいやいやいや!」

 

律子「何を言われることもなくて、いいんじゃないですか!」

 

P「違うんだって、そういう意味じゃなくてだな!」

 

 

 

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/08(火) 22:03:39.75 ID:1UY3nxCHP

 

律子「なんですかそんなにデレデレデレデレ……」

 

P「ね、ネコだし……」

 

律子「私はどうせ口数の多くて可愛げがなくて、邪魔な女ですよ……」

 

P「だから律子!」

 

律子「なんですか!」

 

スッ

 

律子「……え?」

 

P「……律子も可愛い可愛い」ナデナデ

 

律子「ちょ、ちょ、やめ……」

 

P「撫でられるの嫌いか?」

 

律子「す、好きなわけないじゃないですか!」

 

P「そうか、じゃやめた方がいいか?」

 

律子「や、やめなくても……」

 

P「ん?」

 

律子「そ、そのままでいいですっ!」

 

 

 

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/08(火) 22:06:24.71 ID:1UY3nxCHP

 

P「んー」

 

律子「……な、なんですか」

 

P「これ、いつまで?」

 

律子「い、いつまでって……」

 

P「ほら、律子も眠たそうにしてるし」

 

律子「いや、私は別に……」

 

P「違う違う、ネコ」

 

律子「あっ……」

 

P「律子も眠い?」

 

律子「だから眠くないですっ!」

 

P「そうか」

 

律子「……もう」

 

P「……ふむ」

 

律子「や、やっぱりもういいです! ありがとうございました!」

 

P「そうか?」

 

 

 

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/08(火) 22:10:55.37 ID:1UY3nxCHP

 

律子「……」ドキドキ

 

P「どっちの律子も、可愛いなぁ」

 

律子「……」

 

P「あっちの律子はたまに噛みつくけどな〜」

 

律子「またそういう……」

 

P「でも、その分ほら、ギャップが可愛いっていうかさ?」

 

P「いつも威嚇してくるけど、疲れたら戻ってきてさりげなく懐で丸まってる猫、癒されない?」

 

律子「……それが私ですか」

 

P「うん」

 

律子「……」

 

P「律子?」

 

律子「……その猫飼ってもいいですよ」

 

P「え? えぇ!?」

 

律子「な、なんですか……」

 

P「い、いや……いいのか!?」

 

 

 

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/08(火) 22:14:50.18 ID:1UY3nxCHP

 

律子「そのかわり!ちゃんとプロデューサーが世話をすること!」

 

P「はい!」

 

律子「あっちゃこっちゃ暴れ回られちゃ叶わないので……でも、檻とかはあれですし……」

 

P「大丈夫、律子は良識あるから」

 

律子「……」

 

P「どうぞ続けてください」

 

律子「それと……流石に律子っていうのは……」

 

P「えー」

 

律子「言うと思いました! でも流石に……」

 

P「んー、じゃありっちゃんで」

 

律子「……」

 

P「いい?」

 

律子「もう好きにしてください……」

 

P「やったね!」

 

 

 

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/08(火) 22:18:01.20 ID:1UY3nxCHP

 

P「よっし!そうと決まればりっちゃんのためにいろいろそろえてくる!」

 

P「あ、それじゃ律子、りっちゃんの世話頼んだ!」

 

ヒョイ

 

律子「あ、え? ちょ、ちょっとプロデューサー!! ……もう」

 

律子「……はぁ、どうしてこう押しに弱いかしらねぇ」

 

律子「つい、ああやってカッとなっちゃうし」

 

律子「ねぇ、貴方みたいに素直になったらもっと……」

 

P「あ、律子!」

 

律子「ひゃっ! び、びっくりさせないでくださいよ!!」

 

P「俺が来るまでに皆が来たら、紹介してやってくれ! じゃ!」

 

律子「……はいはい、わかりました」

 

P「よっしゃ! それじゃ!」

 

 

律子「……全くもう、でも」

 

律子「私も、ネコみたいなものなのかな」

 

律子「イヌみたいにはなれそうもないし、たまにはそうやって気まぐれで……素直に」

 

 

 

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/08(火) 22:20:23.99 ID:1UY3nxCHP

 

ガチャッ

 

亜美「りっちゃーん!!」

 

律子「え? あ、亜美、真美?」

 

真美「きいたよーん! ネコ飼うんだって!?」

 

律子「あ、え、そ、そうね」

 

亜美「名前は!?」

 

律子「あ、え、っと……」

 

真美「決まってないの!? そんじゃねー……」

 

律子「り、りっちゃん!!」

 

亜美「……へ?」

 

真美「り、りっちゃん……りっちゃん?」

 

律子「……りっちゃん」カアァ

 

亜美「……いいじゃんりっちゃん!! そんじゃりっちゃん2号だ!」

 

真美「いいねいいねー! あ、みんなも来るよ! 紹介しなきゃ!」

 

ワイワイガヤガヤ

 

 

 

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/08(火) 22:20:40.40 ID:6Rt/nCVC0

 

りっちゃんかわいい

 

 

 

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/08(火) 22:23:53.17 ID:1UY3nxCHP

 

その後プロデューサーが帰ってきて一時りっちゃんは大人気となったものの
ちょこちょこと発生する問題で結局りっちゃんを事務所で飼うことは断念

 

プロデューサーの家で飼うこともできなかったため、結局……

 

 

律子「はぁ……どうして私が」

 

ピンポーン

 

P「よっ、律子!」

 

律子「……」

 

P「お、りっちゃん! 元気してたかー!」

 

律子「……元気でしたよ」

 

P「そっか!りっちゃんの方も元気で何より!」

 

律子「な、撫でないでください……」

 

P「あ、嫌だった?」

 

律子「あ、いえ……なら、もう少し……」

 

P「あぁ、もちろん」

 

律子「……」

 

 

 

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/08(火) 22:29:23.76 ID:1UY3nxCHP

 

律子(事務所でりっちゃんりっちゃん言われるのもこそばゆかったけれど)

 

律子(わざわざ家に来てまでりっちゃん言われるのも……でも)

 

律子(……たまには会いに来てもらえるのも嬉しいかな、なんて)

 

律子「……プロデューサー?」

 

P「うん?」

 

律子「……なんでもないです」

 

P「そうか」

 

律子「……今日は、りっちゃんで居てみましょうか」

 

P「え?」

 

律子「なーんでもないですっ!」

 

P「……そうか!よし!りっちゃんも一緒に遊ぶぞ!!」

 

 

律子(他のアイドルもたまに遊びにくるけど、やっぱり実家だし早々来てもらっても大変)

 

律子(……だからそのうち、りっちゃんと一緒に行ければいいな、なんて思うんですよ、プロデューサー?)

 

律子「……にゃーんて、ね?」

 

関連ページ

律子「時間の問題じゃありませんよ……」 伊織「ちょっとアンタ!心配かけさせるんじゃないわよ!」
響「貴音だって自分が迷ってる時支えてくれるし、変態だけど頼りになるんだぞ!」
小鳥「おにぎりだって美希ちゃんくらいしか消費しないじゃない、いちごババロアも」SS
春香「…馬鹿らしいけど地味に大変な状況だね」 真「自分で掘った穴が深すぎて登れなくなった」
P「…数人や数十人じゃないんだ…」 PやよいみたいなDランクアイドルなんか…」
伊織「ちょっと私の家まで送りなさいよ」 真(結局家まで着いていってしまった……) SS
貴音(プロデューサーの使用済みすぷーんと箸と皿を頂くわたくしの計画!)
真「へへっ、ボク凄い自信ついたよ!」 真「黒井社長ありがとうございます!」
美希「領収書ってどうやってもらうんだっけ…?」 響「プロデューサーの懐がすごいことになりそうだぞ…」
P「久しぶりな気がするな……あと急に抱きつかない」 真美「気にしないの」
響「もう二度としないから、これからも、一緒に居られるかな?」
春香「最近、皆から無視されてるんだけど、アイドル辞めようかな・・・」
真美「……ぶ、ブラ?真美なんのことかわかんないなー」SS
あずさ「そういえばプロポーズの言葉聞いてなかったわね」 SS
響「ふっふっふ、今日はもう予定もないし、このまま自分の家に連行する!」
真「でも、物語はもうすぐハッピーエンドになります」 アイマスSS
真美「んっふっふ〜。照れてるいおりんも可愛いですな〜」
千早(真剣そうな顔で・・・、何か書きとってるのかしら?)
P「音無さんも食べますか?飯が中途半端に残ったんで余分に作ってきたんです」
春香(いつの間にか恋人どうしみたいになってて置いてけぼりです) 真美「今度こそ付き合ってよ!」
春香「ちーちゃん、諦めよう。お仕事に影響しちゃうよ?ニヤニヤw」
「貴音、とりあえず中に戻ろう?ここにいたら風邪ひいちゃうよ」 SS
春香「おはようございます、みんなのアイドル、天海春香です!」
P「真の天然さんは天然って言われるとすぐ否定するとか」
P「あずささん、仕事も楽しんでくれるから仕事を取り甲斐があるよ」
春香「はいどうぞ! 今話題のお店のクッキーなんです!」
やよい「千早さんもシートベルトしないとダメですよ。」 アイマスSS
P「いや…ちょっとお茶を飲みすぎたみたいでな…トイレにいってくるよ。雪歩一緒に行くか?」
P「……本当に、まさか律子がこんなに甘えん坊だとはなぁ」

ホーム RSS購読 サイトマップ