P「久しぶりな気がするな……あと急に抱きつかない」 真美「気にしないの」

P「久しぶりな気がするな……あと急に抱きつかない」 真美「気にしないの」

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/08(火) 23:04:10.50 ID:26sDmCYE0

 

亜美「ヘンな感じ?」

 

真美「うん」

 

真美「顔が熱くなって、胸がキューっとなって」

 

亜美「うんうん」

 

真美「これって何かな」

 

亜美「きっとアレだよ!」

 

真美「アレ?」

 

 

 

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/08(火) 23:09:31.43 ID:26sDmCYE0

 

……

 

 

 

真美「おはよ!」

 

春香「おはよう……あれ?」

 

やよい「真美、風邪ひいたの?」

 

真美「ううん、バッチリ健康だよ」

 

春香「じゃあ……変装?」

 

真美「ぶー! はるるん残念!」

 

 

 

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/08(火) 23:15:47.50 ID:26sDmCYE0

 

真美「このマスクは予防だよ!」

 

やよい「風邪引いちゃったら大変だもんね〜」

 

P「うんうん、健康管理もできて偉いな」

 

真美「ぅ……!」

 

春香「……」

 

 

 

 

真美「予防できてないよぉ!」

 

亜美「ありゃ」

 

 

 

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/08(火) 23:21:19.98 ID:26sDmCYE0

 

亜美「てっきり兄ちゃんアレルギーかと思ったのに」

 

真美「マスクつけてても駄目だったよ」

 

亜美「こうなれば!」

 

真美「うん」

 

 

 

 

 

 

亜美「……という作戦で!」

 

真美「おー!」

 

 

 

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/08(火) 23:28:37.83 ID:26sDmCYE0

 

……

 

 

 

真美「……」

 

千早「あの、どちら様でしょうか」

 

真美「あ! ヒドいよ千早お姉ちゃん」

 

千早「……なにしてるの、真美」

 

真美「アレルギー対策!」

 

 

千早(帽子を目深にかぶってサングラスにマスク……そして軍手)

 

千早(……一体何のアレルギーなのかしら)

 

 

 

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/08(火) 23:35:24.82 ID:26sDmCYE0

 

P「うわっ!?」

 

千早「おはようございます」

 

真美(対策は完璧!)

 

P「不審者だ!」

 

真美「……!」

 

千早「違います、真美ですよ」

 

P「え?」

 

 

P「…………本当だ」

 

真美「ぅ……!」

 

真美(兄ちゃん! 顔が近いよ!)

 

 

 

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/08(火) 23:41:02.37 ID:26sDmCYE0

 

真美「また駄目だった」

 

亜美「これは重症だね」

 

真美「うあうあー! なんなのさー!」

 

真美「兄ちゃんのことを考えると……」

 

亜美「考えると?」

 

 

 

 

真美「あうぅ……」

 

亜美(かわいい)

 

 

 

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/08(火) 23:47:05.71 ID:26sDmCYE0

 

……

 

 

 

真美「兄ちゃん、いる?」

 

小鳥「残念、今は営業でいないわよ」

 

真美「よかった〜」

 

小鳥「??」

 

真美「実はね……」

 

 

 

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/08(火) 23:52:22.84 ID:26sDmCYE0

 

小鳥「つまり、プロデューサーさんといると顔が熱くなって」

 

小鳥「胸が締め付けられるようで、プロデューサーさんのことを考えただけでもドキドキするってこと?」

 

真美「うん」

 

 

 

 

小鳥「……えっとね」

 

真美「うん」

 

 

 

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/08(火) 23:57:43.98 ID:26sDmCYE0

 

小鳥「それって、恋じゃないかしら」

 

真美「えっ」

 

小鳥(むしろ何故それに気付かなかった……)

 

 

 

真美「でも、うーん……」

 

真美「兄ちゃんのことは好きだけど……それって恋、かなぁ」

 

小鳥「!?」

 

 

 

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/09(水) 00:05:43.90 ID:nZCDIiL10

 

小鳥「……事務所のみんなは好き?」

 

真美「もちろん!」

 

小鳥「プロデューサーさんは?」

 

真美「好きだよ」

 

小鳥「そ、そう……」

 

小鳥(ライクとラブの違いを教えなきゃ駄目なのかしら……?)

 

 

真美「……もしかして!」

 

小鳥「……?」

 

 

 

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/09(水) 00:13:28.91 ID:nZCDIiL10

 

真美「真美、事務所のみんなに恋してる……!?」

 

小鳥「……ええとね」

 

真美「どったの?」

 

小鳥「例えば……そうね、プロデューサーさんのことを思い浮かべて?」

 

真美「……」

 

 

 

 

真美「…………ぅ、ダメダメ!」

 

小鳥「どう?」

 

真美「もう心臓がバクハツしそうだよ」

 

 

 

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/09(水) 00:20:35.02 ID:nZCDIiL10

 

小鳥「胸はドキドキしてる?」

 

真美「うん、ライブ終わった後みたい」

 

小鳥「それが、恋なの」

 

真美「そっか……」

 

小鳥「だから、そのドキドキは大切にしないとダメよ?」

 

真美「うん」

 

 

 

小鳥(真美ちゃんの初恋……どうか実りますように)

 

真美(真美、兄ちゃんに恋してるんだ……)

 

 

 

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/09(水) 00:27:04.98 ID:nZCDIiL10

 

P「最近真美に会ってないなぁ」

 

春香「そうなんですか?」

 

P「何故だか露骨に避けられてる気がしてな」

 

千早「色々と難しい年頃ですし……」

 

P「だよなぁ」

 

 

 

真美「兄ちゃん!」

 

P「おわっ!?」

 

 

 

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/09(水) 00:30:51.85 ID:nZCDIiL10

 

P「久しぶりな気がするな……あと急に抱きつかない」

 

真美「気にしないの」

 

P「少しは気にしてくれ」

 

真美「ぶー、ケチ」

 

P「はいはい」

 

 

真美「あ、そうだ」

 

P「ん?」

 

 

 

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/09(水) 00:33:55.10 ID:nZCDIiL10

 

真美「兄ちゃん」

 

P「うん」

 

 

 

真美「大好きだかんね!」

 

P「」

 

春香(へえ〜)

 

千早(……ふむふむ)

 

 

おわり

 

 

 

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/09(水) 00:34:16.48 ID:nZCDIiL10

 

終わりっす
真美かわいい

 

 

 

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/09(水) 00:34:48.74 ID:TyoqFrYK0

 

 

 

 

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/09(水) 00:38:45.95 ID:ugewqk0p0

 

真美はかわいいからね。しかたないね。

 

 

 

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/09(水) 01:00:28.32 ID:8GGJCnTI0

 

真美は合法だな、乙

関連ページ

律子「時間の問題じゃありませんよ……」 伊織「ちょっとアンタ!心配かけさせるんじゃないわよ!」
響「貴音だって自分が迷ってる時支えてくれるし、変態だけど頼りになるんだぞ!」
小鳥「おにぎりだって美希ちゃんくらいしか消費しないじゃない、いちごババロアも」SS
春香「…馬鹿らしいけど地味に大変な状況だね」 真「自分で掘った穴が深すぎて登れなくなった」
P「…数人や数十人じゃないんだ…」 PやよいみたいなDランクアイドルなんか…」
伊織「ちょっと私の家まで送りなさいよ」 真(結局家まで着いていってしまった……) SS
貴音(プロデューサーの使用済みすぷーんと箸と皿を頂くわたくしの計画!)
真「へへっ、ボク凄い自信ついたよ!」 真「黒井社長ありがとうございます!」
美希「領収書ってどうやってもらうんだっけ…?」 響「プロデューサーの懐がすごいことになりそうだぞ…」
響「もう二度としないから、これからも、一緒に居られるかな?」
律子「そのかわり!ちゃんとプロデューサーが世話をすること!」
春香「最近、皆から無視されてるんだけど、アイドル辞めようかな・・・」
真美「……ぶ、ブラ?真美なんのことかわかんないなー」SS
あずさ「そういえばプロポーズの言葉聞いてなかったわね」 SS
響「ふっふっふ、今日はもう予定もないし、このまま自分の家に連行する!」
真「でも、物語はもうすぐハッピーエンドになります」 アイマスSS
真美「んっふっふ〜。照れてるいおりんも可愛いですな〜」
千早(真剣そうな顔で・・・、何か書きとってるのかしら?)
P「音無さんも食べますか?飯が中途半端に残ったんで余分に作ってきたんです」
春香(いつの間にか恋人どうしみたいになってて置いてけぼりです) 真美「今度こそ付き合ってよ!」
春香「ちーちゃん、諦めよう。お仕事に影響しちゃうよ?ニヤニヤw」
「貴音、とりあえず中に戻ろう?ここにいたら風邪ひいちゃうよ」 SS
春香「おはようございます、みんなのアイドル、天海春香です!」
P「真の天然さんは天然って言われるとすぐ否定するとか」
P「あずささん、仕事も楽しんでくれるから仕事を取り甲斐があるよ」
春香「はいどうぞ! 今話題のお店のクッキーなんです!」
やよい「千早さんもシートベルトしないとダメですよ。」 アイマスSS
P「いや…ちょっとお茶を飲みすぎたみたいでな…トイレにいってくるよ。雪歩一緒に行くか?」
P「……本当に、まさか律子がこんなに甘えん坊だとはなぁ」

ホーム RSS購読 サイトマップ