真「へへっ、ボク凄い自信ついたよ!」 真「黒井社長ありがとうございます!」

真「へへっ、ボク凄い自信ついたよ!」 真「黒井社長ありがとうございます!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 17:57:47.83 ID:NwCa7f7s0

 

 

都内某所

 

黒井「最近は運動不足気味だから自転車を買ってみたが…悪くないな」

 

黒井「この真っ黒なフレームはまさしくセレブだな」チリーンチリーン

 

???「うーん、困ったなぁ…」

 

黒井「む?あれは高木の所の三流アイドルか」

 

 

 

 

 

 

 

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 18:03:58.32 ID:NwCa7f7s0

 

 

黒井「ウィ」やよい「うっうー!」

 

黒井「王者になる為には孤独でなければならない」

 

黒井「ウィ」貴音「面妖な」

 

黒井「oui」伊織「de変態」

 

黒井「ウィ」あずさ「あらあら〜」

 

黒井「ウィ」千早「くっ」

 

黒井「ウィ」雪歩「穴を掘って埋まってますぅ」

 

 

 

 

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 18:07:49.54 ID:NwCa7f7s0

 

 

真「あっ!961プロの!」

 

黒井「ウィ。何かお困りの様子だが?」

 

真「それが自転車のチェーンが外れちゃって…」

 

黒井「ふむ」

 

黒井(ここで恩を売って、765プロへの妨害工作に役立てるとするか…)

 

 

 

 

 

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 18:15:39.51 ID:NwCa7f7s0

 

 

黒井「どれ貸してみろ」

 

黒井「ほう、ロードバイクか」

 

真「先日お小遣いを貯めて買ったんです!」

 

黒井「フロントギアは確か左のシフトレバーを操作して…」

 

ガチャン

 

真「はまった!」

 

 

 

 

 

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 18:19:41.27 ID:NwCa7f7s0

 

 

真「ありがとうございます、黒井社長!」

 

黒井「ウィ」

 

真「ボク、間違えてリア側を操作してたのかなぁ」

 

真「そういえばこれから黒井社長は買い物ですか?」

 

黒井「ほう、よくわかったな」

 

 

 

 

 

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 18:25:09.02 ID:NwCa7f7s0

 

 

真「真っ黒なフレームでカッコいいママチ…自転車ですね!」

 

黒井「うむ!この素晴らしさがわかるか!」

 

黒井「運動不足だからな。たまには自転車で買い物もいいと思って買ったのだ」

 

真「なるほど!」

 

 

 

 

 

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 18:31:51.46 ID:daPIPlaMo

 

ママチャリなのかよw

 

 

 

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 18:32:11.54 ID:NwCa7f7s0

 

 

黒井「夕飯の買い物があるからこれで失礼するよ」

 

真「ありがとうございました!」

 

黒井「ウィ。車には気を付けるんだな。アデュー」

 

真「はいっ!」

 

 

 

 

 

 

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 19:41:21.19 ID:NwCa7f7s0

 

 

───
──

 

都内某所 

 

冬馬「おっさん、すまねぇ!ちょっと買い物してきていいか?」

 

黒井「しょうがない奴め」

 

冬馬「わりぃな!ってあれは765の菊地じゃねえか」

 

 

 

 

 

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 19:46:50.65 ID:NwCa7f7s0

 

 

黒井「菊地真ではないか。何をしている?」

 

真「あっ!黒井社長と天ヶ崎竜馬!」

 

冬馬「天ケ瀬冬馬だ!」

 

真「えっと通りがかったらピコピコの新しいのがあったので」

 

冬馬「スルーかよ!」

 

 

 

 

 

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 19:50:46.22 ID:NwCa7f7s0

 

 

黒井「ピコピコ?ゲームの事か?」

 

真「あっ!そうです!つい家での呼び方になっちゃったなぁ」

 

冬馬「俺が買おうとしてたじゃねえか」

 

黒井「ほう、スパ○ボか」

 

 

 

 

 

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 19:55:20.80 ID:NwCa7f7s0

 

 

真「ボク、ロボットアニメが結構好きなんですよ!」

 

冬馬「菊地!お前わかってるじゃねえか!」

 

真「でも父さんが反対するからピコピコは持ってないんですよ…」

 

黒井「なるほどな」

 

 

 

 

 

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 20:01:07.09 ID:NwCa7f7s0

 

 

冬馬「それならこっそりやればいいじゃねえか」

 

真「うーん、ばれちゃいそうだしなぁ…」

 

黒井「なら携帯機で事務所の待機中や移動中にやればよかろう」

 

真「携帯機?」

 

冬馬「いい案じゃねえか!冴えてるなおっさん!」

 

黒井「セレブだからな」

 

 

 

 

 

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 20:08:38.56 ID:NwCa7f7s0

 

 

黒井「では私が前に使ってた奴をやろう」

 

真「え?いいんですか!?」

 

黒井「最近あまりやらなくなってきたのでな。気にするな」

 

真「やーりぃ!ありがとうございますっ!へへっ」

 

 

 

 

 

 

 

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 20:11:25.29 ID:NwCa7f7s0

 

 

冬馬「そういえばおっさんも結構ロボット詳しいよな」

 

黒井「まあな。セレブの嗜みだ」

 

冬馬「菊地は何が好きなんだ?」

 

真「僕はゾ○ドとか結構……」

 

───
──

 

 

 

 

 

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 20:21:01.01 ID:NwCa7f7s0

 

 

都内某所 ○Kストア

 

黒井「今日はセレブに揚げ豆腐……いや、前に作ったから揚げ出しにするか」

 

真「あっ!黒井社長!」

 

黒井「真ちゃんではないか。奇遇だな」

 

真「はいっ!こんにちは!」

 

 

 

 

 

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 20:24:33.35 ID:NwCa7f7s0

 

 

真「黒井社長も買い物ですか?」

 

黒井「ウィ。夕飯の支度だ」

 

真「ボクもそうなんです!」

 

黒井「ほう、意外だな」

 

真「むっ!ボクはこれでも料理得意なんですよ!」

 

 

 

 

 

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 20:31:16.14 ID:NwCa7f7s0

 

 

真「でも前に事務所のみんなにハンバーグ作ったんですけど、微妙な反応されちゃって…」

 

黒井「そ、そうか」

 

真「だから特訓して見返してやるんです!」

 

黒井「ハンバーグか…ふむ、丁度いいかもしれんな…」

 

真「?」

 

 

 

 

 

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 20:37:55.05 ID:NwCa7f7s0

 

 

───
──

 

後日 高槻家

 

黒井「実は皆でハンバーグを作ろうと約束していてな」

 

やよい「真さんっ!がんばりましょう!」

 

真「うん!ありがとうやよいっ!」

 

真「あっ、ボク新しいエプロン買ったんだ!ちょっと用意してくるね!」

 

 

 

 

 

 

 

 

28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 20:47:46.17 ID:NwCa7f7s0

 

 

 

 

真「きゃっぴぴぴぴぴーん!まっこまっこりーん♪」

 

 

 

長介「……」

 

かすみ「……」

 

浩太郎「……」

 

浩司「……」

 

浩三「きゃっ きゃっ」

 

黒井「……」

 

やよい「わぁ!真さんっ!かわいいですっ!」

 

 

 

 

 

29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 20:50:34.96 ID:NwCa7f7s0

 

 

真「へへっ、この前見つけたんだ!」

 

真「ピンクでフリフリできゃるるーんで可愛いでしょ!?」

 

 

 

黒井「さて皆、手は洗ったかね?」

 

「「はーい!」」

 

 

 

 

 

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 20:53:09.38 ID:NwCa7f7s0

 

 

黒井「そうだ。ちゃんと空気を抜いてな」

 

浩太郎「はーい!」

 

黒井「うむ。いい調子だ」

 

黒井「真ちゃんは少し肩の力を抜こうか…」

 

───

 

 

 

 

 

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 20:55:45.24 ID:NwCa7f7s0

 

 

「「いっただきまーす!」」

 

真「お、おいしいっ!」

 

長介「うめー!」

 

かすみ「うん!」

 

浩司「うんうん!」

 

 

 

 

 

32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 20:59:07.95 ID:NwCa7f7s0

 

 

黒井「うむ、上出来だ」

 

真「へへっ、ボク凄い自信ついたよ!」

 

やよい「やりましたねっ!真さんっ!」

 

真「ありがとうやよいっ!」

 

真「黒井社長もありがとうございます!」

 

黒井「ウィ」

 

 

 

 

 

33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 21:06:20.14 ID:NwCa7f7s0

 

 

黒井「では私はこれで失礼するよ」

 

やよい「はいっ!きをつけて下さい!」

 

真「色々ありがとうございましたっ!」

 

黒井「ウィ。ではまた逢おう。アデュー!」チリーンチリーン

 

─────
───

 

 

 

 

 

35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 21:16:37.61 ID:NwCa7f7s0

 

 

765プロ

 

P「おはようございまーすっ!」

 

 

 

???「うーむ…ピン!とも、ティン!とも来ない冴えないオーラを放っているな三流プロデューサー君」

 

 

 

 

 

 

 

36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 21:21:48.51 ID:NwCa7f7s0

 

 

P「ぐっ、相変わらず言ってくれますね黒井社長…」

 

黒井「ウィ」

 

P「それで今日も観光ですか?」

 

黒井「今度、我が961プロと石川の876プロとこの貧乏プロで合同フェスが決まってな」

 

黒井「その資料を届けにわざわざ私自ら来たのだよ、このちんちくりん」

 

 

 

 

 

37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 21:24:16.23 ID:NwCa7f7s0

 

 

P「あっ、あの企画が通ったんですか!」

 

黒井「ウィ。精々私たちの足を引っ張らないようにしてくれよ」

 

黒井「あぁ音無君、取っておきたまえ」

 

小鳥「ありがとうございます!わぁ、メロンパン!」

 

 

 

 

 

38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 21:26:23.77 ID:NwCa7f7s0

 

 

黒井「では私はこれで失礼するよ!アデュー!」

 

小鳥「お気をつけて〜!」

 

P「さて、みっちりレッスンしなきゃな!」

 

 

 

おわり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 21:26:53.91 ID:NwCa7f7s0

 

 

お目汚し失礼しました

 

 

 

 

 

40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 21:28:18.75 ID:Yqj3ZU6AO

 


アイドル達と仲良くなるたびに体の色が白くなっていきそうな黒ちゃん
今はちょうど灰色になっているイメージ

 

関連ページ

律子「時間の問題じゃありませんよ……」 伊織「ちょっとアンタ!心配かけさせるんじゃないわよ!」
響「貴音だって自分が迷ってる時支えてくれるし、変態だけど頼りになるんだぞ!」
小鳥「おにぎりだって美希ちゃんくらいしか消費しないじゃない、いちごババロアも」SS
春香「…馬鹿らしいけど地味に大変な状況だね」 真「自分で掘った穴が深すぎて登れなくなった」
P「…数人や数十人じゃないんだ…」 PやよいみたいなDランクアイドルなんか…」
伊織「ちょっと私の家まで送りなさいよ」 真(結局家まで着いていってしまった……) SS
貴音(プロデューサーの使用済みすぷーんと箸と皿を頂くわたくしの計画!)
美希「領収書ってどうやってもらうんだっけ…?」 響「プロデューサーの懐がすごいことになりそうだぞ…」
P「久しぶりな気がするな……あと急に抱きつかない」 真美「気にしないの」
響「もう二度としないから、これからも、一緒に居られるかな?」
律子「そのかわり!ちゃんとプロデューサーが世話をすること!」
春香「最近、皆から無視されてるんだけど、アイドル辞めようかな・・・」
真美「……ぶ、ブラ?真美なんのことかわかんないなー」SS
あずさ「そういえばプロポーズの言葉聞いてなかったわね」 SS
響「ふっふっふ、今日はもう予定もないし、このまま自分の家に連行する!」
真「でも、物語はもうすぐハッピーエンドになります」 アイマスSS
真美「んっふっふ〜。照れてるいおりんも可愛いですな〜」
千早(真剣そうな顔で・・・、何か書きとってるのかしら?)
P「音無さんも食べますか?飯が中途半端に残ったんで余分に作ってきたんです」
春香(いつの間にか恋人どうしみたいになってて置いてけぼりです) 真美「今度こそ付き合ってよ!」
春香「ちーちゃん、諦めよう。お仕事に影響しちゃうよ?ニヤニヤw」
「貴音、とりあえず中に戻ろう?ここにいたら風邪ひいちゃうよ」 SS
春香「おはようございます、みんなのアイドル、天海春香です!」
P「真の天然さんは天然って言われるとすぐ否定するとか」
P「あずささん、仕事も楽しんでくれるから仕事を取り甲斐があるよ」
春香「はいどうぞ! 今話題のお店のクッキーなんです!」
やよい「千早さんもシートベルトしないとダメですよ。」 アイマスSS
P「いや…ちょっとお茶を飲みすぎたみたいでな…トイレにいってくるよ。雪歩一緒に行くか?」
P「……本当に、まさか律子がこんなに甘えん坊だとはなぁ」

ホーム RSS購読 サイトマップ