伊織「ちょっと私の家まで送りなさいよ」 真(結局家まで着いていってしまった……) SS

伊織「ちょっと私の家まで送りなさいよ」 真(結局家まで着いていってしまった……) SS

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/07(月) 01:05:22.97 ID:1SqT41dE0

 

真「……」ピッ

 

伊織「むーっ! むーっ!」ジタバタ

 

真「うわっ……何それ……」

 

伊織「無言の抗議」ピッ

 

真「無言じゃなかったよ」

 

伊織「うっさいわねぇ。今いいところなんだから変えないで」

 

 

 

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/07(月) 01:08:23.54 ID:1SqT41dE0

 

真「…………」モグモグモグ

 

伊織「ねえ真、この番組つまんないわ」

 

真「えー……じゃあなんでさっき変えるなって言ったの?」

 

伊織「なんとなく、意地で」

 

真「そこをごまかさないあたり流石伊織だよね……」

 

伊織「ところで、さっきから何食べてるの?」

 

真「雪歩お手製のカップケーキ。いいでしょー♪」

 

伊織「いや寄越しなさいよ、私にも」

 

 

 

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/07(月) 01:10:59.52 ID:1SqT41dE0

 

真「何で偉そうなのさ」

 

伊織「真……ここはどこ?」

 

真「僕の家」

 

伊織「私は?」

 

真「水瀬伊織。……何? 記憶喪失?」

 

伊織「違うわよ」

 

伊織「ここはあんたの家で! 私はお客さんでしょ!」

 

伊織「もてなしなさいよ」

 

真「……あのさぁ……」

 

 

 

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/07(月) 01:14:16.03 ID:1SqT41dE0

 

真「週1で来てるからもうお客さんって感じしないよ、伊織」

 

伊織「何よ。元を辿れば、あんたが事あるごとにくだらない相談してくるせいじゃない」

 

真「そうかなぁ……」

 

伊織「王子キャラで仕事する度に私に泣きつくのやめてくれる? もうそろそろ割り切りなさいよ」モグモグモグ

 

真(あ、いつの間にカップケーキ……)

 

伊織「美味しい」モグモグモグ

 

伊織「もう男にチヤホヤされたいなら美希あたりに相談したら?」モグモグモグ

 

真「それについては何度も言ったと思うんだけどさ。美希と雪歩はアテにならないんだって」

 

 

 

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/07(月) 01:19:18.58 ID:1SqT41dE0

 

伊織「お姫様になりたいなら貴音に相談するとか」

 

真「一般的なお姫様と大分ズレがあるからちょっと……」

 

伊織「ホントめんどくさいわねー、もー……」ダラダラ

 

真「…………」

 

伊織「…………」

 

真「……あのさ」

 

伊織「…………zzZ」

 

真「おーい」

 

 

 

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/07(月) 01:24:35.59 ID:1SqT41dE0

 

真「…………」ペチペチペチペチペチペチペチペチペチ

 

伊織「……………でこを! やめなさいよ!」

 

真「無言の抗議だよ」

 

伊織「そこそこの武力行使だったわ」

 

真「友達の家来て昼寝って……」

 

伊織「このこたつがいけないのよ」モフモフモフモフ

 

伊織「いいわねぇこたつ。私も買おうかしら」

 

真「伊織の部屋にこたつは似合わないと思うけど」

 

 

 

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/07(月) 01:30:05.58 ID:1SqT41dE0

 

伊織「一応和室はあるからそこに置くわ」

 

真「そんなに気に入ったの?」

 

伊織「正直こたつのためにこの家来てるようなとこあるから」

 

真「えぇぇぇ……衝撃の事実だよ」

 

伊織「やよいの家にはこたつ無いから」

 

真「やよいの家にこたつがあったら週一で通うの?」

 

伊織「さすがにそんな迷惑なことしないわよ。私、そんな非常識な女に見える?」グデェ

 

真「見えるよ。それどころか、最近加速度的に非常識になってるよ伊織。休日の父さんみたいな寝ころび方してるし」

 

 

 

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/07(月) 01:34:47.13 ID:1SqT41dE0

 

伊織「ふわぁ…………うっうー、こたつはホントに鬼の住処ですぅ……」モゾモゾ

 

真「何今の」

 

伊織「聞かなかったことにして。眠くて今おかしいのよ、私」

 

伊織「それよりチャンネル変えて。面白い年始の特番やってないの?」

 

真「微妙なラインナップだね」ピッ ピッ

 

伊織「765プロの誰かしら出てる番組ないの?」

 

真「えーと……あっ、千早がお笑い番組の審査員として出てるよ」

 

伊織「プロデューサーバカじゃないの?」

 

 

 

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/07(月) 01:38:49.97 ID:1SqT41dE0

 

伊織「よく引き受けたわね、千早……765プロ、年始から大丈夫なの?」

 

真「あ、僕年始のみんなのスケジュール覚えてるよ。えっとね……」

 

真「春香がSASUKEに出て……」

 

伊織「セットが破壊される」

 

真「貴音が無人島生活して……」

 

伊織「島が枯れる」

 

真「あずささんが『逃走中!』に出るって」

 

伊織「黒服総動員でも捕まらない。っていうか見つからない」

 

真「まあ全部嘘なんだけど」 

 

伊織「…………でしょうね」

 

 

 

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/07(月) 01:46:21.91 ID:1SqT41dE0

 

伊織「…………」ウトウト

 

真「……話戻るんだけどさ」

 

伊織「?」

 

真「さっきのカップケーキ僕が作ったんだよね」

 

伊織「ブーッ!」

 

真「……何その反応」

 

伊織「いや……いや……あんたがお菓子作りって……」プルプル

 

真「……笑えばいいよ」

 

伊織「……いや、ごめんなさい。一生懸命作ったものを笑うなんてどうかしてたわ」

 

真「……伊織……」

 

伊織「でもやっぱり似合わないわ」プルプル

 

真「ちょっとこたつから出ようか」

 

 

 

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/07(月) 01:50:58.54 ID:1SqT41dE0

 

伊織「なんで雪歩が作ったって嘘吐いたのよ」

 

真「素直に言ったら絶対褒めてくれないと思って」

 

伊織「まあね」

 

真「そこは嘘でも否定すべきとこだよ」

 

真「……でも美味しいって言ってくれたよね」テレテレ

 

伊織「…………惜しい、って言ったのよ」

 

真「それは無理があるよ伊織」

 

 

 

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/07(月) 01:59:05.62 ID:1SqT41dE0

 

真「なんかゲームでもする?」

 

伊織「急に何?」

 

真「何かしてないと伊織寝ちゃいそうだから」

 

伊織「……いいわよ。何する?」ムクリ

 

真「対戦系は無しね。最終的に伊織が不機嫌にならなかったことないから」

 

伊織「言い方考えなさいよ」

 

真「Wiiのマリオでもやろうか」

 

伊織「マリオって一人でやるものじゃないの? よく知らないけど」

 

真「Wiiのは四人まで協力プレイができるんだよ」

 

伊織「へー」

 

 

 

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/07(月) 02:06:36.21 ID:1SqT41dE0

 

伊織「私マリオー」

 

真「あっ、1P取られた……」

 

伊織「あんたにはルイージがお似合いよ」

 

真「僕はいいからルイージに謝ってよ」

 

伊織「ステージ1は小手調べね」

 

伊織「さあガンガン進みましょう」カチカチ

 

真(けっこう上手い……)

 

 

 

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/07(月) 02:12:28.58 ID:1SqT41dE0

 

伊織「ねえ、真」

 

真「何?」

 

伊織「あの穴の上の大きいコイン、どうやって取るの?」

 

真「どっちかが犠牲になれば取れるよ」

 

真(ホントはちゃんと取り方あるけど)

 

伊織「……じゃあ行ってらっしゃい」

 

真「当然のように僕に押しつけるのやめて」

 

伊織「私は落ちるの嫌よ」

 

真「……」ヒョイ

 

伊織「!?」

 

真「行ってらっしゃーい」ポイッ

 

伊織「!?」

 

マリオ -1

 

 

 

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/07(月) 02:16:00.90 ID:1SqT41dE0

 

伊織「……何今の……ルイージがマリオを投げたように見えたんだけど」

 

真「味方を投げることもできるんだよ。踏みつけたりもできるし」

 

伊織「そう……」ヒョイ ポイッ

 

真「あ、ちょっ……!」

 

ルイージ -1

 

真「……何で投げたの……」

 

伊織「ほら、コインが」

 

真「無かったよもう」

 

 

 

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/07(月) 02:20:29.16 ID:1SqT41dE0

 

真「ここでジャンプ!」カチカチ

 

伊織「……」フミッ

 

真「あぁっ!」

 

ルイージ -1

 

伊織「危ない危ない」

 

真「…………」

 

 

 

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/07(月) 02:21:36.07 ID:1SqT41dE0

 

伊織(あ、キノコ……取りに行かないと)

 

真「……」ピローン ピローン

 

伊織「あっ」

 

真「へへっ、やーりぃ」

 

伊織「あんたもうキノコ取っても意味なかったじゃない……」

 

 

 

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/07(月) 02:24:22.52 ID:1SqT41dE0

 

伊織「ほら! 1upキノコ取ってきなさい!」ヒョイ ポイッ

 

真「落ちたら意味ないよね!?」

 

 

 

真「ここは強制スクロールのステージだからちゃんと協力しようね!」カチカチカチカチカチカチ

 

伊織「ええ、そうね」カチカチカチカチカチカチ

 

 

 

真「いけぇぇぇぇ! マリオをやれぇぇぇ!」

 

伊織「いやぁぁぁ! こっち来ないでぇぇぇ!」

 

 

 

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/07(月) 02:28:38.68 ID:1SqT41dE0

 

真「はぁ……はぁ……」

 

伊織「ぜぇ……ぜぇ……」

 

真「疲れた……」

 

伊織「協力プレイって何だったのよ……」

 

真「結局対戦ゲーになってたね」

 

伊織「新年早々何やってんのよ私たち」

 

真「全くだよ……」

 

 

 

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/07(月) 02:33:29.00 ID:1SqT41dE0

 

伊織「もう疲れたから帰るわ」

 

真「うん」

 

伊織「次やるときはあんたマリオでもいいわよ」

 

真(あ、けっこう気に入ったんだあのゲーム……)

 

伊織「ふわぁ……あー、外寒そうね……」

 

真「こたつに甘えた結果がそれだよ」ヌクヌク

 

伊織「ちょっと私の家まで送りなさいよ」

 

真「道連れは良くないと思う」

 

 

 

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/07(月) 02:39:25.67 ID:1SqT41dE0

 

真(結局家まで着いていってしまった……)

 

伊織「ご苦労様。帰っていいわよ」

 

真「はいはい姫様。じゃあね」

 

伊織「あ、そうだ真」

 

真「?」

 

伊織「あけましておめでとう」

 

真「はーい、今年もよろしく」

 

 

終わり

 

 

 

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/07(月) 02:41:10.58 ID:uy4Z+fcg0

 


伊織かわいいちゃんかわいい

 

 

 

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2013/01/07(月) 02:41:21.42 ID:opx1ThzB0

 

乙!!

関連ページ

律子「時間の問題じゃありませんよ……」 伊織「ちょっとアンタ!心配かけさせるんじゃないわよ!」
響「貴音だって自分が迷ってる時支えてくれるし、変態だけど頼りになるんだぞ!」
小鳥「おにぎりだって美希ちゃんくらいしか消費しないじゃない、いちごババロアも」SS
春香「…馬鹿らしいけど地味に大変な状況だね」 真「自分で掘った穴が深すぎて登れなくなった」
P「…数人や数十人じゃないんだ…」 PやよいみたいなDランクアイドルなんか…」
貴音(プロデューサーの使用済みすぷーんと箸と皿を頂くわたくしの計画!)
真「へへっ、ボク凄い自信ついたよ!」 真「黒井社長ありがとうございます!」
美希「領収書ってどうやってもらうんだっけ…?」 響「プロデューサーの懐がすごいことになりそうだぞ…」
P「久しぶりな気がするな……あと急に抱きつかない」 真美「気にしないの」
響「もう二度としないから、これからも、一緒に居られるかな?」
律子「そのかわり!ちゃんとプロデューサーが世話をすること!」
春香「最近、皆から無視されてるんだけど、アイドル辞めようかな・・・」
真美「……ぶ、ブラ?真美なんのことかわかんないなー」SS
あずさ「そういえばプロポーズの言葉聞いてなかったわね」 SS
響「ふっふっふ、今日はもう予定もないし、このまま自分の家に連行する!」
真「でも、物語はもうすぐハッピーエンドになります」 アイマスSS
真美「んっふっふ〜。照れてるいおりんも可愛いですな〜」
千早(真剣そうな顔で・・・、何か書きとってるのかしら?)
P「音無さんも食べますか?飯が中途半端に残ったんで余分に作ってきたんです」
春香(いつの間にか恋人どうしみたいになってて置いてけぼりです) 真美「今度こそ付き合ってよ!」
春香「ちーちゃん、諦めよう。お仕事に影響しちゃうよ?ニヤニヤw」
「貴音、とりあえず中に戻ろう?ここにいたら風邪ひいちゃうよ」 SS
春香「おはようございます、みんなのアイドル、天海春香です!」
P「真の天然さんは天然って言われるとすぐ否定するとか」
P「あずささん、仕事も楽しんでくれるから仕事を取り甲斐があるよ」
春香「はいどうぞ! 今話題のお店のクッキーなんです!」
やよい「千早さんもシートベルトしないとダメですよ。」 アイマスSS
P「いや…ちょっとお茶を飲みすぎたみたいでな…トイレにいってくるよ。雪歩一緒に行くか?」
P「……本当に、まさか律子がこんなに甘えん坊だとはなぁ」

ホーム RSS購読 サイトマップ