P「…数人や数十人じゃないんだ…」 PやよいみたいなDランクアイドルなんか…」

P「…数人や数十人じゃないんだ…」 PやよいみたいなDランクアイドルなんか…」

1: ◆hWMDndfuJ2 2015/03/09(月) 00:33:38.14 ID:LVT/aM49O

 

 

P「……」

 

やよい「……」

 

P「…やってくれたな…」

 

やよい「……」

 

P「……」

 

やよい「……」

 

P「…どうするつもりだ…?」

 

やよい「……」

 

P「……」

 

やよい「……」

 

P「…お前のせいだぞ…やよい」

 

やよい「……」

 

P「……」

 

やよい「…ご…」

 

P「……」

 

やよい「…ごめんなさい…」

 

 

 

P「…やってくれたな、春香」 春香「…」

 

P「…やってくれたな、美希」 美希「……」

 

 

 

4: ◆hWMDndfuJ2 2015/03/09(月) 01:03:13.31 ID:LVT/aM49O

 

 

P「……」

 

やよい「……」

 

P「…テレビじゃないからって、油断したんだろう…」

 

やよい「……」

 

P「……」

 

やよい「……」

 

P「…お前はアイドルなんだ…」

 

やよい「……」

 

P「……」

 

やよい「……」

 

P「…他愛もない一言が…」

 

やよい「……」

 

P「…こういう事態を招くんだ…」

 

やよい「……」

 

P「…たとえラジオでも…」

 

やよい「……」

 

 

 

 

6: ◆hWMDndfuJ2 2015/03/09(月) 01:29:29.79 ID:LVT/aM49O

 

 

P「……」

 

やよい「……」

 

P「…確かに…」

 

やよい「……」

 

P「…悪気があったとは思えない…」

 

やよい「……」

 

P「…やよいなりに、気を使っていたんだろう…」

 

やよい「……」

 

P「……」

 

やよい「……」

 

P「…まぁ、おかげで…」

 

やよい「……」

 

P「…こういうことになったわけだが…」

 

やよい「……」

 

P「……」

 

やよい「…ごめんなさい…」

 

 

 

 

8: ◆hWMDndfuJ2 2015/03/09(月) 02:05:16.08 ID:LVT/aM49O

 

 

P「……」

 

やよい「……」

 

P「…ラジオは確かに…」

 

やよい「……」

 

P「…テレビと比べると視聴者は少ない…」

 

やよい「……」

 

P「…でもな、やよい…」

 

やよい「……」

 

P「…数人や数十人じゃないんだ…」

 

やよい「……」

 

P「…やよいみたいなSランクアイドルになれば…」

 

やよい「……」

 

P「…テレビと同じくらい、影響力があるんだ…」

 

やよい「……」

 

P「……」

 

やよい「…はい…」

 

 

 

 

14: ◆hWMDndfuJ2 2015/03/09(月) 02:44:03.47 ID:LVT/aM49O

 

 

P「……」

 

やよい「……」

 

P「…高木社長は…」

 

やよい「……」

 

P「…当分の間、帰ってこれないらしい…」

 

やよい「……」

 

P「…色々なところに、頭を下げに行ってる…」

 

やよい「……」

 

P「…これは…」

 

やよい「……」

 

P「…もはや事件だからな…」

 

やよい「……」

 

P「…ニュース番組も、朝からずっと…」

 

やよい「……」

 

P「…ずっと、このニュースばっかりだ…」

 

やよい「……」

 

 

 

 

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 03:45:48.66 ID:oE/1ZtuDO

 

天使だから許してやれよ…悪気はなかったんだし

 

 

 

18: ◆hWMDndfuJ2 2015/03/09(月) 03:52:01.22 ID:LVT/aM49O

 

 

P「……」

 

やよい「……」

 

P「…やよいももうSランクだ…」

 

やよい「……」

 

P「…収入も…」

 

やよい「……」

 

P「…俺より当然上だろう…」

 

やよい「……」

 

P「…それでも、お金の大切さは…」

 

やよい「……」

 

P「…この事務所で誰よりも…」

 

やよい「……」

 

P「…お前が分かってるはずだぞ…」

 

やよい「……」

 

P「…やよい…」

 

やよい「……」

 

 

 

 

21: ◆hWMDndfuJ2 2015/03/09(月) 05:05:39.09 ID:LVT/aM49O

 

 

P「……」

 

やよい「……」

 

P「…やよいのファンは、いい人ばっかりだよな…」

 

やよい「……」

 

P「…だからなんだろうか…」

 

やよい「……」

 

P「…こんなことになったのは…」

 

やよい「……」

 

P「…いや…」

 

やよい「……」

 

P「…ファンの人たちのせいにしちゃいけないな…」

 

やよい「……」

 

P「…元はといえば、俺と小鳥さんが…」

 

やよい「……!」

 

P「……」

 

やよい「…違います…これは私が…」

 

 

 

 

22: ◆hWMDndfuJ2 2015/03/09(月) 06:01:34.39 ID:Sqq/yH6ZO

 

 

P「……」

 

やよい「……」

 

P「…やよいの優しさ…」

 

やよい「……」

 

P「…ファンの優しさ…」

 

やよい「……」

 

P「…そして、その優しさについ甘えてしまった…」

 

やよい「……」

 

P「…俺と小鳥さん…」

 

やよい「……」

 

P「…俺たちも、悪気があったわけじゃない…」

 

やよい「……」

 

P「…そう、これは事故…」

 

やよい「……」

 

P「…事故みたいなものなんだ…」

 

やよい「……」

 

 

 

 

25: ◆hWMDndfuJ2 2015/03/09(月) 07:00:09.15 ID:Sqq/yH6ZO

 

 

P「……」

 

やよい「…でも…」

 

P「……」

 

やよい「…やっぱり1番の原因は…」

 

P「……」

 

やよい「…私…なんですよね…?」

 

P「……」

 

やよい「……」

 

P「…まぁ…」

 

やよい「……」

 

P「…確かに…」

 

やよい「……」

 

P「…あの、やよいのラジオでの発言が無ければ…」

 

やよい「……」

 

P「…こんなことには、ならなかったかもな…」

 

やよい「……うぅ」

 

 

 

 

30: ◆hWMDndfuJ2 2015/03/09(月) 08:14:03.48 ID:Sqq/yH6ZO

 

 

P「……」

 

やよい「……」

 

P「…やよい…」

 

やよい「……」

 

P「…この数字を数えてみろ…」

 

やよい「……」

 

P「……」

 

やよい「…いち…じゅう…ひゃく…せん…」

 

P「……」

 

やよい「…まん…じゅうまん…ひゃくまん…せんまん…」

 

P「……」

 

やよい「……」

 

P「……」

 

やよい「……えっと…」

 

P「…億だ」

 

やよい「…おく…」

 

 

 

 

45: ◆hWMDndfuJ2 2015/03/09(月) 14:13:57.09 ID:Sqq/yH6ZO

 

 

P「……」

 

やよい「…じゅうおく…ひゃくおく…」

 

P「……」

 

やよい「…ななひゃく…ろくじゅう…」

 

P「……」

 

やよい「…ご…おく…」

 

P「……」

 

やよい「……」

 

P「…そうだ」

 

やよい「……」

 

P「…765億だ…」

 

やよい「……」

 

P「……」

 

やよい「……」

 

P「…億って知らなかったか?」

 

やよい「…はい…」

 

 

 

 

47: ◆hWMDndfuJ2 2015/03/09(月) 15:01:14.62 ID:Sqq/yH6ZO

 

 

P「……」

 

やよい「……」

 

P「…765億円…」

 

やよい「……」

 

P「…これがどれだけの金額か、分かるか…?」

 

やよい「……」

 

P「…もやし1パック10円だとして…」

 

やよい「……」

 

P「…1人1日3パック食べるとすると…」

 

やよい「……」

 

P「…やよいの兄弟全員が、1000万年以上食べ続けられる金額だ…」

 

やよい「……」

 

P「……」

 

やよい「…私が買ってるところは、1パック6円です…」

 

P「…安いな…」

 

やよい「…はい…」

 

 

 

 

55: ◆hWMDndfuJ2 2015/03/09(月) 16:11:58.88 ID:fXbnH6L5O

 

 

P「……」

 

やよい「……」

 

P「…ジンバブエという国を知ってるか…?」

 

やよい「……」

 

P「…とっても貧乏な国だ…」

 

やよい「……」

 

P「…その国の国家予算は、およそ3億円…」

 

やよい「……」

 

P「…たとえ貧乏だと言っても…」

 

やよい「……」

 

P「…国家予算の255倍の金額だ…」

 

やよい「……」

 

P「……」

 

やよい「…こっかよ、さん…?」

 

P「…国家予算…国のお金ってことだ」

 

やよい「…こっかよさん…」

 

 

 

 

57: ◆hWMDndfuJ2 2015/03/09(月) 17:06:55.10 ID:fXbnH6L5O

 

 

P「……」

 

やよい「…なんで…」

 

P「……」

 

やよい「…こんなことになっちゃったんですか…?」

 

P「……」

 

やよい「…私の…せいですか…?」

 

P「……」

 

やよい「…ラジオで…私が…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やよい「…『事務所のホームページで、募金やってます』って言ったからなんですか…?」

 

 

 

 

63: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 17:32:47.24 ID:FBO2p13so

 

やよいPは恐ろしい

 

 

 

64: ◆hWMDndfuJ2 2015/03/09(月) 17:35:42.26 ID:U8RveWlQO

 

 

P「……」

 

やよい「……」

 

P「…あのラジオから、事務所のホームページのアクセス数が加速度的に増えて…」

 

やよい「……」

 

P「…募金額は数十分で億を超えた…」

 

やよい「……」

 

P「…小鳥さんが気付いて、慌ててホームページを閉鎖したが…」

 

やよい「……」

 

P「…募金額は…」

 

やよい「……」

 

P「…この通りだ」

 

やよい「……」

 

P「…ほぼ半日…約12時間で…」

 

やよい「……」

 

P「…765億円だ」

 

やよい「……」

 

 

 

 

73: ◆hWMDndfuJ2 2015/03/09(月) 18:04:12.70 ID:U8RveWlQO

 

 

P「…9割は慈善団体に寄付するが残りは…」

 

やよい「……」

 

P「…事務所のみんなで分けたとしよう…」

 

やよい「……」

 

P「…12人のアイドルと、律子と俺と小鳥さんと社長…」

 

やよい「……」

 

P「…16人で割っても…」

 

やよい「……」

 

P「…1人4億5千万は下らない…」

 

やよい「……」

 

P「…芸能人とはいえ…」

 

やよい「……」

 

P「…ボーナスにしては多すぎる…」

 

やよい「……」

 

P「……俺は欲しいけどな」

 

やよい「……」

 

 

 

 

76: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 18:14:20.98 ID:txtkz+kzo

 

いやいやなんで1割もらうんだよちょっと待てよ

 

 

 

81: ◆hWMDndfuJ2 2015/03/09(月) 18:51:03.16 ID:U8RveWlQO

 

 

P「……」

 

やよい「…国を建てましょう…」

 

P「…なに…?」

 

やよい「…ファンの皆さんのために…」

 

P「…国を建てると言ったってどうやって…」

 

やよい「…私に任せてください…」

 

P「……」

 

やよい「…私が…」

 

P「……」

 

やよい「…ファンの人による…」

 

P「……」

 

やよい「…ファンの人のための…」

 

P「……」

 

やよい「…ファンの人の国を…」

 

P「……」

 

やよい「…作ってみせますっ!」ウッウ?

 

 

 

 

83: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 18:56:33.26 ID:M0Glivy/0

 

住民にしてくださいお願いします

 

 

 

85: ◆hWMDndfuJ2 2015/03/09(月) 19:00:34.97 ID:U8RveWlQO

 

 

P「……」

 

やよい「……」

 

P「…そうだな…」

 

やよい「……!」

 

P「…悩んで、うじうじしてても仕方ない…」

 

やよい「……」

 

P「…やよい…」

 

やよい「…はい…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P「俺たちのアイドル活動は、まだまだこれからだ!」

 

やよい「はいっ!」

 

  ご愛読ありがとうございました!

 

    ?end?

 

 

 

89: ◆hWMDndfuJ2 2015/03/09(月) 19:22:00.33 ID:U8RveWlQO

 

 

P「……」

 

やよい「……」

 

P「…国民達が呼んでるな…」

 

やよい「…はい…」

 

P「……」

 

やよい「……」

 

P「…やよいなら大丈夫だ…」

 

やよい「…でも…」

 

P「……」

 

やよい「…私が女王なんて…」

 

P「…やよいが建てたんだ、当たり前だろう…」

 

やよい「……」

 

P「…さ、スピーチの時間だ」

 

やよい「…はいっ!」

 

 

 

「行きましょう、国王様っ!」

 

 

 

 

96: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 19:50:08.55 ID:YcE0LNYXo

 

乙。

 

 

 

97: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 19:51:34.14 ID:ESIXtKD/o

 

 

 

 

98: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 19:52:07.72 ID:7IcCOKazo

 

乙永住

関連ページ

律子「時間の問題じゃありませんよ……」 伊織「ちょっとアンタ!心配かけさせるんじゃないわよ!」
響「貴音だって自分が迷ってる時支えてくれるし、変態だけど頼りになるんだぞ!」
小鳥「おにぎりだって美希ちゃんくらいしか消費しないじゃない、いちごババロアも」SS
春香「…馬鹿らしいけど地味に大変な状況だね」 真「自分で掘った穴が深すぎて登れなくなった」
伊織「ちょっと私の家まで送りなさいよ」 真(結局家まで着いていってしまった……) SS
貴音(プロデューサーの使用済みすぷーんと箸と皿を頂くわたくしの計画!)
真「へへっ、ボク凄い自信ついたよ!」 真「黒井社長ありがとうございます!」
美希「領収書ってどうやってもらうんだっけ…?」 響「プロデューサーの懐がすごいことになりそうだぞ…」
P「久しぶりな気がするな……あと急に抱きつかない」 真美「気にしないの」
響「もう二度としないから、これからも、一緒に居られるかな?」
律子「そのかわり!ちゃんとプロデューサーが世話をすること!」
春香「最近、皆から無視されてるんだけど、アイドル辞めようかな・・・」
真美「……ぶ、ブラ?真美なんのことかわかんないなー」SS
あずさ「そういえばプロポーズの言葉聞いてなかったわね」 SS
響「ふっふっふ、今日はもう予定もないし、このまま自分の家に連行する!」
真「でも、物語はもうすぐハッピーエンドになります」 アイマスSS
真美「んっふっふ〜。照れてるいおりんも可愛いですな〜」
千早(真剣そうな顔で・・・、何か書きとってるのかしら?)
P「音無さんも食べますか?飯が中途半端に残ったんで余分に作ってきたんです」
春香(いつの間にか恋人どうしみたいになってて置いてけぼりです) 真美「今度こそ付き合ってよ!」
春香「ちーちゃん、諦めよう。お仕事に影響しちゃうよ?ニヤニヤw」
「貴音、とりあえず中に戻ろう?ここにいたら風邪ひいちゃうよ」 SS
春香「おはようございます、みんなのアイドル、天海春香です!」
P「真の天然さんは天然って言われるとすぐ否定するとか」
P「あずささん、仕事も楽しんでくれるから仕事を取り甲斐があるよ」
春香「はいどうぞ! 今話題のお店のクッキーなんです!」
やよい「千早さんもシートベルトしないとダメですよ。」 アイマスSS
P「いや…ちょっとお茶を飲みすぎたみたいでな…トイレにいってくるよ。雪歩一緒に行くか?」
P「……本当に、まさか律子がこんなに甘えん坊だとはなぁ」

ホーム RSS購読 サイトマップ