響「貴音だって自分が迷ってる時支えてくれるし、変態だけど頼りになるんだぞ!」

響「貴音だって自分が迷ってる時支えてくれるし、変態だけど頼りになるんだぞ!」

1: ◆.xKc9zwqNY 2015/03/09(月) 22:42:01.76 ID:hkOTZmV30

 

タイトルの通り、百合百合しいです。苦手な人はそっとじお願いします

 

 

 

2: ◆.xKc9zwqNY 2015/03/09(月) 22:42:33.21 ID:hkOTZmV30

 

雪歩「ひぇぇ、爆弾発言だよぉ」

 

貴音「く、詳しく教えて頂きたい!」フンフン

 

伊織「ふ、ふん! うちのやよいの方が凄いんだからね!」

 

 

 

3: ◆.xKc9zwqNY 2015/03/09(月) 22:43:23.09 ID:hkOTZmV30

 

千早「あら、水瀬さん。言っとくけどうちの春香は……」

 

千早「口の中でサクランボのヘタを結べるのよ」

 

伊織「っ!!??!」ガーン

 

雪歩「て、テクニシャンですぅ」

 

貴音「荒々しくもか弱い、我が家の響には出来ぬ芸当ですね……」

 

 

 

4: ◆.xKc9zwqNY 2015/03/09(月) 22:44:01.99 ID:hkOTZmV30

 

雪歩「で、でもでも! 夜に大事なのはテクニックだけじゃないんだから!」

 

貴音「良いことを言いました。言っておやりなさい、雪歩!」

 

雪歩「二人の夜に本当に大事な物……それは、情熱ですぅ!」

 

 

 

5: ◆.xKc9zwqNY 2015/03/09(月) 22:44:30.88 ID:hkOTZmV30

 

貴音「よっ、流石は百合を語らせれば小鳥嬢に並ぶと言われる雪歩! あっぱれにございます」

 

伊織「にひひ、概ね同意してあげるわ!」

 

千早「ええ、確かにそれが一番大事な事よね」

 

 

 

6: ◆.xKc9zwqNY 2015/03/09(月) 22:45:18.88 ID:hkOTZmV30

 

雪歩「うちの真ちゃんは、持ち前の体力で毎晩ガツガツと……」ホワァァン

 

伊織「ゆ、雪歩の周りがピンク色に」

 

千早「確かに、真はかなり激しそうね。そういえば、我那覇さんも結構激しそうに見えるけれど、どうなのかしら?」

 

 

 

7: ◆.xKc9zwqNY 2015/03/09(月) 22:46:03.03 ID:hkOTZmV30

 

貴音「ふふふ、貴女たちは響の魅力を解っておりませんね。響の魅力、それは昼は元気にはね回っているのに、夜には可愛い私の子猫ちゃんになる所なのです」ムフゥ

 

伊織「意味分かんないわよ」

 

貴音「気の毒に。伊織にはこの良さが分からないのですね」

 

 

 

8: ◆.xKc9zwqNY 2015/03/09(月) 22:46:32.45 ID:hkOTZmV30

 

雪歩「四条さんのとこは、響ちゃんが受けなんですね。私てっきり響ちゃんが攻めなのかと」

 

貴音「私はどちらでもいけるのですが、やはり響の可愛さを堪能するには私がゆっくり時間をかけて攻めるのが一番なのです」

 

貴音「そう、最初は衣服の上から優しく、さも偶然触れてしまったかのように愛撫するのです。そうしている内に、みるみる上気していく響の肌、恥ずかしいけれど、自分から言い出すのも意識しすぎているように見えないだろうかと気にして止めてと言えない私の可愛い響を見ているだけでもう、もう……」

 

 

 

9: ◆.xKc9zwqNY 2015/03/09(月) 22:47:07.88 ID:hkOTZmV30

 

千早「四条さんは結構サディスティックなのね……」

 

貴音「そうですね。行為に及ぶ際は、まるで響をぺっとのごとく扱っております故」

 

雪歩「ひぇぇ、流石は銀色の王女様だよぉ」

 

 

 

10: ◆.xKc9zwqNY 2015/03/09(月) 22:47:33.61 ID:hkOTZmV30

 

伊織「そう言う雪歩も、意外と夜はSだったりするんじゃないの?」ニヒヒ

 

千早「あり得るわね。萩原さんからは、そこはかとなく攻めオーラを感じるわ」

 

雪歩「そんな、私なんて……でも、ほら、真ちゃんってお姫様扱いされることに憧れてるでしょ?」

 

 

 

11: ◆.xKc9zwqNY 2015/03/09(月) 22:48:06.68 ID:hkOTZmV30

 

貴音「普段の言動からははかりしれませんが、そうでしたね」

 

伊織「言ってあげないの。あれでも本人努力してるつもりなんだから……」

 

雪歩「だから時々どうしても受けに回りたい日があるらしくて、そういう時は私の方から攻めたりするんだ」

 

 

 

12: ◆.xKc9zwqNY 2015/03/09(月) 22:53:38.25 ID:hkOTZmV30

 

雪歩「普段のカッコイイ真ちゃんと、その夜のおしとやかな真ちゃん……そのギャップがもう、たまらないんだよねぇ」グヘヘ

 

千早「萩原さんがどこかで見たことある笑い方を……」

 

貴音「まるで小鳥嬢ですね……」

 

 

 

13: ◆.xKc9zwqNY 2015/03/09(月) 22:54:10.89 ID:hkOTZmV30

 

雪歩「でも、最近ちょっとマンネリぎみなんですよね」

 

貴音「そうなのですか? 毎日お熱いように見受けられますが」

 

雪歩「なんて言うか、色々やり尽くしちゃったとこがありまして」

 

伊織「アンタ達オフが重なると一日中やってるしね。そりゃ飽きもするわよ」

 

 

 

14: ◆.xKc9zwqNY 2015/03/09(月) 22:58:34.51 ID:hkOTZmV30

 

雪歩「誤解しないで欲しいんだけど、決して真ちゃんに飽きたってワケじゃないんだよ! ただ、新しい刺激が欲しいと言うか……」

 

千早「その点は同意ね。夜の営みが充実していれば、自然パートナーとの仲も順調になるもの」

 

 

 

15: ◆.xKc9zwqNY 2015/03/09(月) 22:59:03.62 ID:hkOTZmV30

 

雪歩「それで聞きたいんだけど、みんなは普段どんなプレイやってる?」

 

千早「見て、水瀬さん。あそこに痴女がいるわ」

 

伊織「元々アンタが始めた会話じゃないの……でも、そうね。ウチはあんましアブノーマルなプレイはしてないから、参考にはならないわね」

 

 

 

16: ◆.xKc9zwqNY 2015/03/09(月) 22:59:31.75 ID:hkOTZmV30

 

貴音「そうですね。私と響も極々一般的な情事のみですね」

 

千早「例えば?」

 

貴音「そうですね。響に首輪を付けて全裸で夜の公園を散歩したり……」

 

伊織「このド変態!!」

 

貴音「なんと!?」

 

 

 

17: ◆.xKc9zwqNY 2015/03/09(月) 23:00:02.07 ID:hkOTZmV30

 

千早「やってる当人は普通だと思っていても、周りからは異常と思われることもあるものね」

 

貴音「そんな、これが異常だとは……」

 

伊織「その分だと他にも色々やってそうね」

 

 

 

18: ◆.xKc9zwqNY 2015/03/09(月) 23:00:43.80 ID:hkOTZmV30

 

貴音「冤罪です! 後は本当に極々一般的な……」

 

雪歩「例えば?」

 

貴音「例えば……響の身体に蜂蜜やくりぃむ、調味料をかけて美味しく頂いたり」

 

伊織「変態大人!!」

 

 

 

19: ◆.xKc9zwqNY 2015/03/09(月) 23:01:15.75 ID:hkOTZmV30

 

貴音「で、では! 電車の中ではぐれないようにと言いくるめて触りたい放題するのは……」

 

伊織「The変態!」

 

貴音「面妖な!?」

 

千早「それでノーマルと言い張れる四条さんを尊敬するわ」

 

雪歩「流石四条さん……参考になりますぅ」

 

 

 

20: ◆.xKc9zwqNY 2015/03/09(月) 23:02:01.98 ID:hkOTZmV30

 

伊織「アンタ今のを真相手に実践する気じゃないでしょうね」

 

雪歩「?」キョトン

 

伊織「この流れでそんだけ純粋な目が出来るとかもう尊敬の念すら覚えるわ」

 

雪歩「えへへ、私なんかが……」テレテレ

 

千早「ま、痴女うさんの痴情についてはおいといて……」

 

貴音「面妖な」

 

 

 

21: ◆.xKc9zwqNY 2015/03/09(月) 23:02:35.72 ID:hkOTZmV30

 

千早「ウチはもっぱら春香が主導権を握ってるわね」

 

伊織「あー、春香なら良くも悪くもオーソドックスそうね」

 

千早「そ、そんなことないわよ!」

 

伊織「何を張りあってんのよ……」

 

 

 

22: ◆.xKc9zwqNY 2015/03/09(月) 23:03:15.21 ID:hkOTZmV30

 

千早「春香だって、恋人繋ぎからの甘々いちゃラブとか……」

 

伊織「普通ね」

 

千早「恋愛映画を見終わって感想を話し合いながらとか」

 

雪歩「ありきたりですぅ」

 

伊織「貴音に爪の垢をぜんじて飲ませたいわね」

 

 

 

23: ◆.xKc9zwqNY 2015/03/09(月) 23:03:41.15 ID:hkOTZmV30

 

貴音「爪の垢を……なるほど、そのようなぷれいが……」

 

伊織「ないわよ!!」

 

貴音「面妖な」

 

伊織「アンタがね」

 

 

 

24: ◆.xKc9zwqNY 2015/03/09(月) 23:04:29.52 ID:hkOTZmV30

 

千早「流石水瀬さん。猥談の時もツッコミなのね」

 

雪歩「え、ツッコミ……」

 

伊織「そしてアンタは変なことを考えない!」ビシッ

 

雪歩「ぁうっ!」

 

 

 

25: ◆.xKc9zwqNY 2015/03/09(月) 23:05:12.58 ID:hkOTZmV30

 

伊織「まったく、年頃の女の子が揃ってする話じゃないわよこれ」

 

貴音「ふふ、上の口は素直じゃないですね」

 

伊織「上の口言うな!」

 

 

 

26: ◆.xKc9zwqNY 2015/03/09(月) 23:05:54.44 ID:hkOTZmV30

 

千早「でも、なんだかんだ言って嫌いじゃないんでしょう?」

 

伊織「ま、まぁ別に嫌いってわけじゃないけど……」

 

雪歩「ムッツリですぅ」

 

伊織「だーれーがムッツリですってぇ!」ムニー

 

雪歩「い、いひゃいぃ! ほめんははいぃいい!」

 

 

 

27: ◆.xKc9zwqNY 2015/03/09(月) 23:06:25.85 ID:hkOTZmV30

 

千早「まぁ、どんな内容であろうと、それを受け入れてくれるかけがえのないパートナーとならきっと、それはとても素晴らしいことよね」

 

伊織「何か綺麗に纏めた風のこと言ってるわね」ヒソヒソ

 

雪歩「無い胸張ってどや顔してますぅ」ヒソヒソ

 

貴音「真昼間から猥談をはじめた張本人とは思えませんね」ヒソヒソ

 

千早「そこ、聞こえてるわよ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

28: ◆.xKc9zwqNY 2015/03/09(月) 23:07:11.38 ID:hkOTZmV30

 

……

 

春香「っくしゅん!」

 

響「ぃっきしっ!」

 

やよい「へーちょ」

 

真「っくしょん!」

 

 

 

29: ◆.xKc9zwqNY 2015/03/09(月) 23:07:47.58 ID:hkOTZmV30

 

春香「皆そろってくしゃみするなんて、何処かで噂でもされてんのかなぁ」

 

真「まぁボクたちアイドルだし、噂されることは不思議じゃないけどね」

 

響「やよい、さっきのくしゃみもう一回!」

 

やよい「き、急に言われても出ませんよー」

 

 

 

30: ◆.xKc9zwqNY 2015/03/09(月) 23:08:19.46 ID:hkOTZmV30

 

春香「でも何でだろう……くしゃみと同時に謎の悪寒が」

 

真「春香も? 実はボクも……」ガクブル

 

響「真もか。何だろうな、この悪寒」

 

真「具体的に言うと、夜に関係ある気がする」

 

 

 

31: ◆.xKc9zwqNY 2015/03/09(月) 23:08:50.18 ID:hkOTZmV30

 

春香「夜といえばさ……」

 

ひびまこやよ「「「??」」」

 

春香「夜の千早ちゃんは……可愛いんだよ」

 

おわり

 

 

 

38: ◆.xKc9zwqNY 2015/03/10(火) 18:59:58.91 ID:DNYmT/HN0

 

おまけ(蛇足)

 

やよい「千早さんはいつも可愛いですよ?」

 

響「やよいは本当に可愛いなぁ」

 

 

 

39: ◆.xKc9zwqNY 2015/03/10(火) 19:00:38.51 ID:DNYmT/HN0

 

真「でも春香んとこは普通そうだよね」

 

響「あー、それは確かに」

 

春香「なっ、皆して普通普通って! そういう二人はどうなのさ!」

 

 

 

40: ◆.xKc9zwqNY 2015/03/10(火) 19:01:06.83 ID:DNYmT/HN0

 

響「うちは……うん」

 

真「あ、あははは」

 

春香「うん、聞いた私が悪かった」

 

 

 

41: ◆.xKc9zwqNY 2015/03/10(火) 19:01:39.19 ID:DNYmT/HN0

 

やよい「貴音さんも雪歩さんも変態ですもんねー」

 

がなはるまこ「「「うんうん……んっ!?」」」

 

やよい「そこへいくとうちの伊織ちゃんは優しいし常識的だから完璧かなーって」うっうー

 

春香「や、やよいにのろけられてるっ!?」

 

響「ちょっと大人ぶるやよいも可愛いなぁ」

 

真「響のやよいに対する無駄な器の大きさには感服させられるよ」

 

 

 

42: ◆.xKc9zwqNY 2015/03/10(火) 19:02:14.27 ID:DNYmT/HN0

 

春香「うちの千早ちゃんだって実は甘えん坊で感度よくて最高だもん!」

 

真「雪歩は、えっと……確かに変態だけど普段はボクに尽くしてくれる良い子だから!」

 

響「た、貴音だって自分が迷ってる時支えてくれるし、変態だけど頼りになるんだぞ!」

 

 

 

43: ◆.xKc9zwqNY 2015/03/10(火) 19:02:42.89 ID:DNYmT/HN0

 

春香「変態は否定しないんだね」

 

真「それは無理かな」

 

響「だって、自分はもっと普通にデートしたいのに貴音はすぐにえっちなことはじめるんだもん……」クスン

 

 

 

44: ◆.xKc9zwqNY 2015/03/10(火) 19:03:13.20 ID:DNYmT/HN0

 

真「それは多分響の受けオーラが悪い」

 

響「何でさー!」

 

春香「さっきの響ちゃんは千早ちゃん一筋の私でも襲いたくなっちゃったもん」

 

 

 

46: ◆.xKc9zwqNY 2015/03/10(火) 19:03:46.90 ID:DNYmT/HN0

 

響「うぅー、やよいぃぃ、皆がいじめるよー」

 

やよい「しかたないかなーって」

 

響「うぎゃー! まさかの敵だらけかよ!」

 

 

 

47: ◆.xKc9zwqNY 2015/03/10(火) 19:04:16.19 ID:DNYmT/HN0

 

真「でも、響の言うことも一理あるよ。ボクだって普通のデートに憧れるもん」

 

春香「え、デートしたこと無いの?」

 

真「そりゃ最初のうちはしてたさ。でも、だんだん雪歩が積極的になってきて……」

 

 

 

48: ◆.xKc9zwqNY 2015/03/10(火) 19:04:46.60 ID:DNYmT/HN0

 

響「何故か集合場所がラブホの受付になってたりな」

 

真「あー、あるある!」

 

はるやよ「「ねーよ(ですー)」」

 

おわり

 

 

 

49: ◆.xKc9zwqNY 2015/03/10(火) 19:06:22.31 ID:DNYmT/HN0

 

以上です
さっさとゲッターとこたつを完結させねば……

関連ページ

律子「時間の問題じゃありませんよ……」 伊織「ちょっとアンタ!心配かけさせるんじゃないわよ!」
小鳥「おにぎりだって美希ちゃんくらいしか消費しないじゃない、いちごババロアも」SS
春香「…馬鹿らしいけど地味に大変な状況だね」 真「自分で掘った穴が深すぎて登れなくなった」
P「…数人や数十人じゃないんだ…」 PやよいみたいなDランクアイドルなんか…」
伊織「ちょっと私の家まで送りなさいよ」 真(結局家まで着いていってしまった……) SS
貴音(プロデューサーの使用済みすぷーんと箸と皿を頂くわたくしの計画!)
真「へへっ、ボク凄い自信ついたよ!」 真「黒井社長ありがとうございます!」
美希「領収書ってどうやってもらうんだっけ…?」 響「プロデューサーの懐がすごいことになりそうだぞ…」
P「久しぶりな気がするな……あと急に抱きつかない」 真美「気にしないの」
響「もう二度としないから、これからも、一緒に居られるかな?」
律子「そのかわり!ちゃんとプロデューサーが世話をすること!」
春香「最近、皆から無視されてるんだけど、アイドル辞めようかな・・・」
真美「……ぶ、ブラ?真美なんのことかわかんないなー」SS
あずさ「そういえばプロポーズの言葉聞いてなかったわね」 SS
響「ふっふっふ、今日はもう予定もないし、このまま自分の家に連行する!」
真「でも、物語はもうすぐハッピーエンドになります」 アイマスSS
真美「んっふっふ〜。照れてるいおりんも可愛いですな〜」
千早(真剣そうな顔で・・・、何か書きとってるのかしら?)
P「音無さんも食べますか?飯が中途半端に残ったんで余分に作ってきたんです」
春香(いつの間にか恋人どうしみたいになってて置いてけぼりです) 真美「今度こそ付き合ってよ!」
春香「ちーちゃん、諦めよう。お仕事に影響しちゃうよ?ニヤニヤw」
「貴音、とりあえず中に戻ろう?ここにいたら風邪ひいちゃうよ」 SS
春香「おはようございます、みんなのアイドル、天海春香です!」
P「真の天然さんは天然って言われるとすぐ否定するとか」
P「あずささん、仕事も楽しんでくれるから仕事を取り甲斐があるよ」
春香「はいどうぞ! 今話題のお店のクッキーなんです!」
やよい「千早さんもシートベルトしないとダメですよ。」 アイマスSS
P「いや…ちょっとお茶を飲みすぎたみたいでな…トイレにいってくるよ。雪歩一緒に行くか?」
P「……本当に、まさか律子がこんなに甘えん坊だとはなぁ」

ホーム RSS購読 サイトマップ